『PUBG Mobile GLOBAL CHAMPIONSHIP2020』SuperWeekend4 Day2、5試合中4試合で中国代表がドン勝、日本代表BLUE BEESは明日次第

『PUBG Mobile GLOBAL CHAMPIONSHIP2020』SuperWeekend4 Day2、5試合中4試合で中国代表がドン勝、日本代表BLUE BEESは明日次第

昨日首位に躍り出た中国代表Four Angry Menの勢いはとどまることを知らない。Day2でも2ドン勝を獲得しDay1を超えるポイントを獲得し、2位Bigetron Red Aliensとのポイント差を56まで広げた。同じく中国代表Nova Esports-XQFも2ドン勝を獲得し、中国代表が5試合中4試合でドン勝を獲得した。
中国代表2チームが多くのポイントを獲得したことで他のチームは獲得ポイントが伸びなかった。BLUE BEESは本日も先にきっかけを作られる展開が続いた。最終日Day3で「どれだけポイントを獲得するか」より「ボーダー付近のチームよりどれだけ多くポイントを獲得するか」が大事な状況になった。

PUBG Mobile GLOBAL CHAMPIONSHIP2020

PMGC2020は11/24~12/20まで4週かけて各地域の代表24チームが競い合い、上位16チームが2021年1月トルコで開催されるFinalへ進出する。
毎週3グループ24チームでWeekdays2日間を戦い、Weekdaysの上位16チームが週末のSuperWeekendへ進出する。SuperWeekendは3日間かけて試合をしてSuperWeekendのポイントの合計上位16チームがFinalへ出場する。

SuperWeekend4へ進出した16チーム

ChinaNova Esports-XQF
ThailandRRQ Athena
NepalAbrupt Slayers
ChinaFour Angry Men
JapanBLUE BEES
IndonesiaBigetron Red Aliens
cisKoninaPower
RussiaNatus Vincere
TurkeyFutbolist
BrazilLoops Esports
IndonesiaAerowolf LIMAX
MongoliaZEUS ESPORTS
TurkeyKlas Digital Athletics
ThailandSecret Jin
South KoreaArcher Gaming
BangladeshA1 eSports

ここまでの総合結果

●が付いているチームはSuperWeekend4に出場していないチーム

順位チームドン勝数順位ポイントキルポイント合計ポイント
1ChinaFour Angry Men6261236497
2IndonesiaBigetron Red Aliens5267229496
3TurkeyKlas Digital Athletics2243219462
4BrazilLoops Esports2251185436
5ThailandRRQ Athena4212206418
6cisKoninaPower5212194406
7ThailandSecret Jin3193164357
8ThailandPOWER888 KPS●4170169339
9TurkeyFutbolist2138163301
10BrazilA7 eSports●3151148299
11NepalAbrupt Slayers2139113252
12ChinaNova Esports-XQF2139112251
13MongoliaZEUS ESPORTS113087207
14MalaysiaTeam Secret●202699205
15RussiaNatus Vincere38576161
16BangladeshA1 eSports18375158
17JapanBLUE BEES27278150
18SwedenGODSENT●16780147
19IndonesiaAerowolf LIMAX06158119
20USAExecute Esports●05064114
21DRS GAMING●0683199
22South KoreaArcher Gaming012820

試合形式

各試合のマップは以下の通り
Match 1 Erangel
Match 2 Vikendi
Match 3 Miramar
Match 4 Sanhok
Match 5 Erangel

5試合中4試合で中国代表がドン勝

SuperWeekend4 Day2はDay1に引き続きChinaFour Angry MenがMATCH1,4でドン勝を獲得し好調を維持した。同じ中国代表のChinaNova Esports-XQFもMATCH2,3でドン勝を獲得し、中国代表がいつも以上に存在感を出した。
2チームとも安置が寄っても個人技とチームの巧みな判断で切り抜けていった。特にMATCH4 SanhokでChinaFour Angry Menが見せたクロージングは圧倒的だった。

MATCH1(Erangel)

安置はGeorgopolの東が中心になる形になった。東のLipovkaとMylta Powerに降下したJapanBLUE BEESはブルーゾーンにのまれながら南側から移動していった。川を隔てた判断の難しい安置だったが、上手く戦闘に巻き込まれることなく北に寄った安置へ移動できた。
しかし移動先でcisKoninaPowerに先頭のReiji選手が落とされ、そのまま他の選手も引けずにaito’chan選手だけが生存したが、安置から外れたところを落とされた。JapanBLUE BEESは緩やかな山を登る途中で稜線から覗いたcisKoninaPowerから撃たれたことで、遮蔽物がなく引くこともできない展開だった。

安置はShooting Rangeの南に寄っていった。安置内の家屋を取っていたChinaFour Angry Menはその有利を活かして、外側から来るチームを安置内へ入れさせなかった。外側のチームはお互い削り合った上にChinaFour Angry Menのプレッシャーもあり移動ができなかった。
そしてcisKoninaPowerも待ち受けるというのを活かした有利なポジション取りで、JapanBLUE BEESを始めとした外側から来るチームを寄せ付けなかった。
一方でChinaNova Esports-XQFはcisKoninaPowerのポジションを取るような動きをしていたが、冷静に状況を見た上で北へ移動し制圧していった。北へ進路を変更する際も3人がcisKoninaPowerの方を見ている間に、1人が北へ移動して安全を確保するという動きを見せた。

赤丸Four Angry Men、緑丸KoninaPower、青丸Nova Esports-XQF3人が様子を伺う間に1人が北へ移動

最後この3チームの戦いになり安置が若干ChinaFour Angry Menに寄った。遮蔽物も少ない中でcisKoninaPowerは投擲物でChinaFour Angry Menを引かせ、そのスペースにGonzo選手が車で安置に入るような動きをした。各チームの前線を広げる戦いでChinaFour Angry MenのXinhe選手がGonzo選手に撃ち勝った。
一方でChinaFour Angry Menの33Svan選手がChinaNova Esports-XQFのorder選手を落としたことで、ChinaFour Angry Menは両チームに対してエリアを広く維持することができた。

赤丸Four Angry Men(下33Svan選手、上Xinhe選手)、緑丸KoninaPower、青丸Nova Esports-XQF

そのままChinaFour Angry Menが詰めて行き、2チームと同時に戦闘しながら1人もダウンせず、ChinaFour Angry Menがドン勝を獲得した。

MATCH1結果

順位チーム順位ポイントキルポイントント合計ポイント
1ChinaFour Angry Men151328
2Nova Esports-XQF101121
3cisKoninaPower12517
4IndonesiaAerowolf LIMAX8210
5NepalAbrupt Slayers628
6TurkeyFutbolist246
7South KoreaArcher Gaming156
8RussiaNatus Vincere156
9TurkeyKlas Digital Athletics145
10ThailandRRQ Athena145
11BangladeshA1 eSports404
12IndonesiaBigetron Red Aliens101
13ThailandSecret Jin011
14MongoliaZEUS ESPORTS011
15JapanBLUE BEES000
16Loops Esports000

MATCH2(Vikendi)

JapanBLUE BEESはMovatraに降下し、Gorokaの南西に安置が寄る中でGorokaの南の家屋を取ることができた。北側で削られて2人になったRussiaNatus Vincereが逃げてきたところを先に気づき1キルを取ることができた。RussiaNatus Vincereの位置が完全に把握できずにダウンを貰ったが、2-2でスプリットをしたことで蘇生もできた。

そして安置が大きくGorokaに寄って移動したところ、安置際で同じく移動してきたIndonesiaBigetron Red Aliensとぶつかり戦闘になった。先行して先に安置に入れたReiji選手が移動するIndonesiaBigetron Red Aliensを足止めして、その間に少し遅れて移動していた他の3人の内Lufa選手がその場に残って後方支援、aito’chan選手とDevine選手が角度を作るように移動して戦闘をした。その結果Devine選手がダブルキルをしてJapanBLUE BEESは自分たちのポジションを確保できた。

赤丸BLUE BEES、緑丸Bigetron Red Aliens

その後安置はJapanBLUE BEESのいる南からは離れた北に寄っていった。遮蔽物がなく内側にいたMongoliaZEUS ESPORTSとcisKoninaPowerにプレッシャーをかけられた。スモークを焚いて移動しようとしたがcisKoninaPowerのGonzo選手に車両を爆破され、元々ブルーゾーン内で耐久を選択したaito’chan選手が残る形になった。移動が難しい中でaito’chan選手を保険に残したことで、順位を大きく伸ばすことができた。

最後残ったのはMATCH1に続いて同じ3チームになった。ChinaNova Esports-XQFとcisKoninaPowerは外側から大きく周って安置を見て、大きく西に寄ったフェーズ4で一気に安置内の家屋や強いポジションを陣取った。対してChinaFour Angry Menはフェーズ4までは両チームと同じく外側で安置をみて、安置が寄ったタイミングから大きく西側に周ってチームのいないポジションを広く陣取った。

安置はChinaNova Esports-XQFに寄って残りの2チームは遮蔽物が少なく移動が難しい状況になった。特にcisKoninaPowerはChinaFour Angry MenのSuk選手に見られていて移動ができなかった。
ChinaNova Esports-XQFは移動の必要はなかったが、ブルーゾーン内にいた4チーム目のMongoliaZEUS ESPORTSにダウンももらい、ChinaFour Angry Menの33Svan選手がその隙に安置の中心へ移動した。

赤丸Nova Esports-XQF、黒丸ZEUS ESPORTS、緑丸Four Angry Men(左下Suk選手、真ん中33Svan選手)、青丸KoninaPower

ChinaFour Angry Menは詰めながらの戦闘でもChinaNova Esports-XQFと2対2の戦闘でダウントレードをして、中央に移動した33Svan選手とChinaNova Esports-XQFのorder選手の1対1になった。お互い位置が分かっている状態からの撃ち合いにorder選手が勝ち、ChinaNova Esports-XQFがドン勝を獲得した。

MATCH2結果

順位チーム順位ポイントキルポイントント合計ポイント
1Nova Esports-XQF15722
2MongoliaZEUS ESPORTS81321
3cisKoninaPower10818
4ChinaFour Angry Men12416
5JapanBLUE BEES639
6NepalAbrupt Slayers437
7TurkeyKlas Digital Athletics156
8ThailandRRQ Athena055
9South KoreaArcher Gaming213
10Loops Esports112
11ThailandSecret Jin112
12BangladeshA1 eSports112
13IndonesiaBigetron Red Aliens112
14TurkeyFutbolist011
15IndonesiaAerowolf LIMAX000
16RussiaNatus Vincere000

MATCH3(Miramar)

安置はLos Leonesの南西に寄り、Chumaceraに降下したJapanBLUE BEESにとっては移動距離の短い安置になった。
山上で広く展開し、近くに来たChinaFour Angry MenにもLufa選手が前線でダウンしないようにけん制して引かせられた。続いてJapanBLUE BEEに近づいてきたIndonesiaBigetron Red Aliensも引かせることができた。
途中で安置中心の家屋をReiji選手が1人で取りに行ったが、既にThailandSecret Jinがいて落とされてしまう。人数が減ったJapanBLUE BEESは自分たちのエリアを守りながら、安置から大きく外れた際は戦闘にならないように近くの状況を待ってから安置へ移動していった。

赤丸BLUE BEESは緑丸の戦闘が終わるまで待って移動、青丸移動先のAerowolf LIMAX

画像の青丸の場所でIndonesiaAerowolf LIMAXの家屋にに対して戦闘を仕掛けていった。aito’chan選手がダウンを奪いLufa選手が個人技で2人ダウンを奪い、3対4から2対1にまで持っていった。しかしaito’chan選手はダウンを返され、Lufa選手も体力がなく詰めることができず両チーム蘇生の判断をした。
IndonesiaAerowolf LIMAXはスモークを間に焚くことで進行を遅らせ3対3に戻し、JapanBLUE BEESが詰める側、IndonesiaAerowolf LIMAXは待つ側になりJapanBLUE BEESは壊滅してしまった。IndonesiaAerowolf LIMAXも体力を減らした(もしくはリロードが必要な)選手が引き、それをLufa選手がダウンしようと詰めた所を入れ替わるように別の選手が出てくる連携を見せた。

赤丸Lufa選手、緑丸戦闘後引く選手と入れ替わりで出てくる選手

終盤安置を広く制圧したのはChinaNova Esports-XQFだった。東にいたChinaNova Esports-XQFは北のcisKoninaPowerの人数が削れたタイミングでcisKoninaPowerの対処を2人に任せ、残りの2人が南まで一気に移動してクロージングをしにいった。

赤丸南をクロージングするNova Esports-XQF、黄丸進路を塞がれたチーム、緑丸Secret Jin

これでChinaNova Esports-XQFは東と南を広く制圧し、家屋を取っていたThailandSecret Jinとの戦闘になった。
お互い広く展開するChinaNova Esports-XQFとThailandSecret Jinだったが、ChinaNova Esports-XQFが車で固まるようにして南側から人数をかけて攻めていった。その判断が功を奏し中央の撃ち合いに勝ち、端っこの選手を人数をかけて落とし、最後の選手も4対1で落としていって、ChinaNova Esports-XQFがドン勝を獲得した。

赤丸Nova Esports-XQF、緑丸Secret Jin、青丸Aerowolf LIMAX

MATCH3結果

順位チーム順位ポイントキルポイントント合計ポイント
1Nova Esports-XQF15722
2ThailandSecret Jin12820
3cisKoninaPower8917
4IndonesiaAerowolf LIMAX10515
5RussiaNatus Vincere628
6TurkeyFutbolist268
7IndonesiaBigetron Red Aliens426
8South KoreaArcher Gaming145
9MongoliaZEUS ESPORTS055
10TurkeyKlas Digital Athletics044
11Loops Esports123
12JapanBLUE BEES112
13BangladeshA1 eSports112
14ChinaFour Angry Men101
15ThailandRRQ Athena011
16NepalAbrupt Slayers000

MATCH4(Sanhok)

JapanBLUE BEESはQuarryの東で安置際を陣取ることができていた。そこに南からIndonesiaBigetron Red Aliensが移動してきて戦闘になった。
JapanBLUE BEESは広く取っていたが低所になった家屋にいたaito’chan選手が車で寄るところIndonesiaBigetron Red Aliensの3人が一斉に射撃しダウンを奪う。そして3人が車を撃ち始めた瞬間IndonesiaBigetron Red AliensのRyzen選手だけが前へ移動しJapanBLUE BEESの横を取るような動きをしていた。そのRyzen選手が木の裏からカバーしようとしたReiji選手とDevine選手を一方的に撃ち、残るLufa選手も落とされ壊滅した。

赤丸Bigetron Red Aliens(3人が一斉に射撃、一番右画面外Ryzen選手)、緑丸BLUE BEES(一番右車で移動するaito’chan選手、真ん中Reiji選手とDevine選手)

安置が狭くなり安置際が移動をしてくるチームで密集するようになる。その中でChinaFour Angry Menは安置内を確保する選手と外から来るチームをクロージングする形でスプリットした。クロージング部隊はポジションとブルーゾーンの有利で何とか耐え、安置内にスプリットしていた選手もダウンするが蘇生に成功した。
ChinaFour Angry Menは下の画像の緑の丸分のチームのキルを取ってクロージングをしていった。

赤丸Four Angry Men、緑丸Four Angry Menに壊滅されたチーム(1つの丸が1チーム)

そのまま山上を維持して安置が寄ったChinaFour Angry Menが、最後安置から外れたSouth KoreaArcher Gamingを取り切り、ChinaFour Angry Menがドン勝を獲得した。

MATCH4結果

順位チーム順位ポイントキルポイントント合計ポイント
1ChinaFour Angry Men151833
2South KoreaArcher Gaming12820
3TurkeyFutbolist8614
4BangladeshA1 eSports10111
5IndonesiaBigetron Red Aliens448
6Loops Esports178
7NepalAbrupt Slayers617
8TurkeyKlas Digital Athletics145
9IndonesiaAerowolf LIMAX224
10Nova Esports-XQF134
11ThailandSecret Jin101
12ThailandRRQ Athena101
13JapanBLUE BEES000
14cisKoninaPower000
15MongoliaZEUS ESPORTS000
16RussiaNatus Vincere000

MATCH5(Erangel)

安置が本島と南の島と半分ずつ入るような中で、IndonesiaBigetron Red Aliensが早々に東の橋を渡っていった。しかしNovorepnoyeをランドマークとするTurkeyFutbolistも早い段階から橋を見ていて戦闘になった。ここはIndonesiaBigetron Red Aliensが2キルを取って橋を渡ることに成功した。

JapanBLUE BEESはFarm北の家屋を取りに東から移動していったところ、少し遅れて同じく家屋を取りに北から来たChinaFour Angry Menに外から落とされてしまう。Reiji選手は逃げることができたが序盤で3人を落とされる展開になった。Reiji選手も全体の状況を読みながらチームの少ない場所へ移動できたが、近くにいたSouth KoreaArcher Gamingに落とされてしまった。

安置は本当になり何回か西へ寄ったことで、東側にチームが密集する形になった。
その中でChinaFour Angry Menは車で一気に安置内へ移動していき、ThailandRRQ Athenaは後を追うようにして比較的安全に移動をしていった。ThailandRRQ Athenaはそのまま移動先でChinaFour Angry Menに戦闘を仕掛けて、外側から来るチームとも戦闘をした。ChinaFour Angry Menの後を追うように移動できたことで内側で待つ形が作れ南側を制圧していった。更に内側が稜線で射線を切れたことで南を制圧した後はダウンした味方を蘇生することもできた。

赤丸RRQ Athena、緑丸Four Angry Men

その後安置がThailandRRQ Athenaに寄ったことで、北からChinaNova Esports-XQFが突貫してきたが待ち受ける有利で勝ち切った。ここでも南を制圧していたことでスモークを焚いて他のチームからの突貫がなくダウンした味方を蘇生することに成功した。

赤丸RRQ Athena、緑丸Abrupt Slayers、青丸Aerowolf LIMAX

最後NepalAbrupt SlayersとIndonesiaAerowolf LIMAXが戦闘しているところを、ThailandRRQ Athenaが遠くから撃ってキルを取っていった。そのまま残ったNepalAbrupt Slayersもブルーゾーンに追われて移動するところを撃たれて、ThailandRRQ Athenaがドン勝を獲得した。

MATCH5結果

順位チーム順位ポイントキルポイントント合計ポイント
1ThailandRRQ Athena151429
2NepalAbrupt Slayers12315
3IndonesiaAerowolf LIMAX10414
4RussiaNatus Vincere8614
5Nova Esports-XQF6511
6IndonesiaBigetron Red Aliens4711
7South KoreaArcher Gaming156
8Loops Esports156
9ChinaFour Angry Men235
10TurkeyKlas Digital Athletics145
11BangladeshA1 eSports112
12JapanBLUE BEES101
13MongoliaZEUS ESPORTS011
14cisKoninaPower000
15ThailandSecret Jin000
16TurkeyFutbolist000

SuperWeekend4 Day2までの総合結果

●が付いているチームはSuperWeekend4に出場していないチーム

順位チームドン勝数順位ポイントキルポイント合計ポイント(前日比)
1ChinaFour Angry Men8306274580(+83)
2IndonesiaBigetron Red Aliens5281243524(+28)
3TurkeyKlas Digital Athletics2247240487(+25)
4ThailandRRQ Athena5229230459(+41)
5cisKoninaPower5242216458(+52)
6BrazilLoops Esports2255200455(+19)
7ThailandSecret Jin3207174381(+24)
8ThailandPOWER888 KPS●4170169339
9ChinaNova Esports-XQF4186145331(+80)
10TurkeyFutbolist2150180330(+29)
11BrazilA7 eSports●3151148299
12NepalAbrupt Slayers2167122289(+37)
13MongoliaZEUS ESPORTS1128107235(+28)
14MalaysiaTeam Secret●210699205
15RussiaNatus Vincere310089189(+28)
16BangladeshA1 eSports110079179(+21)
17JapanBLUE BEES28082162(+12)
18IndonesiaAerowolf LIMAX09171162(+43)
19SwedenGODSENT●16780147
20USAExecute Esports●05064114
21DRS GAMING●0683199
22South KoreaArcher Gaming0293160(+40)

各試合のドン勝チーム

MATCH1ドン勝:ChinaFour Angry Men
MATCH2ドン勝:ChinaNova Esports-XQF
MATCH3ドン勝:ChinaNova Esports-XQF
MATCH4ドン勝:ChinaFour Angry Men
MATCH5ドン勝:ThailandRRQ Athena

SuperWeekend4 Day2 個人MVP

個人MVPはChinaNova Esports-XQFのParaboy選手が獲得した。この日ChinaNova Esports-XQFはデイリーレポートで与ダメージ7140で1位、Paraboy選手はチームの40%近くのダメージを出し、キル数も16とこれまでのMVPと比べても多かった。対して被ダメージは少なく中遠距離でダメージを出すシーンが多かった。

情報元

【日本語配信】PUBG MOBILE GLOBAL CHAMPIONSHIP SUPER WEEKEND 4 DAY 2
https://www.youtube.com/watch?v=vvv1HQ5Tny4
PUBG MOBILE公式YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCmeeY9kzNswUpbYyJntb3Aw
Liquipedia
https://liquipedia.net/pubg/PUBG_Mobile_Global_Championship/2020/League