賞金総額3億円『PUBG MOBILE JAPAN LEAGUE』に参画する16チームオーナー候補が決定、他タイトルでも活躍するチームが多く参画

賞金総額3億円『PUBG MOBILE JAPAN LEAGUE』に参画する16チームオーナー候補が決定、他タイトルでも活躍するチームが多く参画

株式会社NTTドコモが主催する賞金総額3億円の『PUBG MOBILE JAPAN LEAGUE(PMJL)』に参画する16チームが発表された。
賞金総額3億円は国内最大規模の大会となり、他タイトルでも活躍するチームが多く候補にあがった。すでに海外選手の移籍が発表されるなど海外からの注目も高まり盛り上がりを見せている。
以前公式からは『PMJLへの道筋となるオープン大会も開催予定です。』という発表もあったので、PUBG MOBILEの実績があって参画できなかったチームや選手の動きにも注目していきたい。

PMJL概要

主催株式会社NTTドコモ
試合構成年間2フェーズ体制(合計100ラウンド)
試合形式SQUAD(1チーム4人プレイ)
スケジュール
(詳細は後日発表)
フェーズ1:2021年2月~2021年4月
フェーズ2: 2021年7月~2021年9月
賞金・賞品シーズン賞金総額3億円
世界大会出場権
その他賞金とは別に、プロ選手全員に対して年間350万円以上を保証

その他規約などの詳細は以下で参照できる。
PMJL規約(PDF)
PMJL細則(PDF)

PMJL参画チームオーナー候補

12/17に発表されたチームオーナー候補は以下、出場選手など詳細は後日発表予定。

企業名チーム名
BLUE BEES株式会社BLUE BEES
株式会社Cosmo WorldLag Gaming
株式会社CS entertainment未定
株式会社CYLOOKREJECT
株式会社DonutsDonuts USG
株式会社GamingDDeToNator
GANYMEDE株式会社JUPITER
合同会社SST-GAMESSunSister
株式会社Sun-GenceAQUOS DetonatioN Violet
株式会社XENOZSCARZ
株式会社アカツキTeam UNITE
アックスエンターテインメント株式会社AXIZ
株式会社戦国Sengoku Gaming
株式会社バーニングコアBurning Core
ブロードメディアeスポーツ株式会社CYCLOPS athlete gaming
ワールド・ハイビジョン・チャンネル株式会社未定
※チームオーナー候補の参加企業・チーム名は変更となる可能性がございます。

情報元

PUBG MOBILE JAPAN LEAGUEホームページ
https://pubg.ad.at.nttdocomo.co.jp/
PUBG MOBILE日本公式Twitter
https://twitter.com/PUBGMOBILE_JP
PUBG MOBILE JAPAN LEAGUE リーグ概要2020.11.9改訂版
https://pubg.ad.at.nttdocomo.co.jp/teamowner/download/pmjl_owners_overview.pdf