『PUBG Mobile GLOBAL CHAMPIONSHIP2020』SuperWeekend3 Day2、2チームが2連ドン勝、存在感が増すNAVIとKoninaPower

『PUBG Mobile GLOBAL CHAMPIONSHIP2020』SuperWeekend3 Day2、2チームが2連ドン勝、存在感が増すNAVIとKoninaPower

日本代表BLUE BEESと下位チームのポイント差が気になってくるSuperWeekend3のDay2、下位チームの活躍が目立つようになってきた。ここまで2週SuperWeekendへ進出できていなかったNatus Vincereが2連ドン勝を獲得し、次は段々存在感の増すKoninaPowerが2連ドン勝を獲得した。
安置が寄ったという理由だけではない2チームの独特な動きと戦闘の上手さは2連ドン勝も納得の強さだった。

PUBG Mobile GLOBAL CHAMPIONSHIP2020

PMGC2020は11/24~12/20まで4週かけて各地域の代表24チームが競い合い、上位16チームが2021年1月トルコで開催されるFinalへ進出する。
毎週3グループ24チームでWeekdays2日間を戦い、Weekdaysの上位16チームが週末のSuperWeekendへ進出する。SuperWeekendは3日間かけて試合をしてSuperWeekendのポイントの合計上位16チームがFinalへ出場する。

SuperWeekend3へ進出した16チーム

★が付いているチームはSuperWeekendに初出場のチーム

TurkeyFutbolist
TurkeyKlas Digital Athletics
NepalDRS GAMING★
cisKoninaPower
ThailandRRQ Athena
BrazilLoops Esports
IndonesiaBigetron Red Aliens
ChinaFour Angry Men
MalaysiaTeam Secret
MongoliaZEUS ESPORTS
BrazilA7 eSports
ThailandPOWER888 KPS
ThailandSecret Jin
RussiaNatus Vincere★
SwedenGODSENT
NepalAbrupt Slayers

SuperWeekend3 Day1までの総合結果

●が付いているチームはSuperWeekend3に出場していないチーム

順位チームドン勝数順位ポイントキルポイント合計ポイント
1IndonesiaBigetron Red Aliens5196169365
2ChinaFour Angry Men4190162352
3BrazilLoops Esports2183142325
4TurkeyKlas Digital Athletics1159153312
5ThailandRRQ Athena4166142308
6cisKoninaPower3147133280
7ThailandSecret Jin2143128271
8ThailandPOWER888 KPS2132127259
9BrazilA7 eSports2120116236
10ChinaNova Esports-XQF●2132103235
11TurkeyFutbolist2103125228
12NepalAbrupt Slayers28560145
13JapanBLUE BEES●27072142
14MalaysiaTeam Secret16264126
15BangladeshA1 eSports●16154115
16USAExecute Esports●05064114
17MongoliaZEUS ESPORTS0583997
18IndonesiaAerowolf LIMAX●0464187
19SwedenGODSENT0294069
20DRS GAMING0241034
21RussiaNatus Vincere0141832

試合形式

各試合のマップは以下の通り
Match 1 Erangel
Match 2 Vikendi
Match 3 Miramar
Match 4 Sanhok
Match 5 Erangel

2連ドン勝のNatus VincereとKoninaPower

RussiaNatus VincereとcisKoninaPowerがそれぞれ2連ドン勝を獲得しどの試合でも活躍していた。
RussiaNatus Vincereは序盤で大きく周って混戦を避け、中盤以降は早い判断で先回りをするように外側のチームを待ち受ける形を作っていった。
対してcisKoninaPowerは外から徐々に制圧していき有利なポジションを奪っていく立ち回りだった。それを支える前線のGonzo選手の活躍は目覚ましく本大会2度目の個人MVPを獲得した。

MATCH1(Erangel)
Day1の激戦を受けて各チーム動きを修正してくるだろうDay2で、序盤の動き出しを早くしたのはBrazilA7 eSportsだった。Rozhokに降下したBrazilA7 eSportsは1分もしない内に1人がPochinkiへ移動した。

Pochinki南の山が安置の中心になり、更に南の麦畑が安置の中心になっていった。その中でPochinki南の山のポジション争いが激しくなった。
まず戦闘をしたのはMongoliaZEUS ESPORTSとThailandRRQ Athenaだった。頂上を取っていたのはThailandRRQ Athenaで、MongoliaZEUS ESPORTSは攻めきれず戦闘が長引いて移動をした。

その後移動したMongoliaZEUS ESPORTSはMalaysiaTeam Secretと戦闘になった。MongoliaZEUS ESPORTSは山の頂上付近にICY選手1人伏せて待ち、他の選手は山下と山下の小屋を取っていた。MalaysiaTeam SecretがICY選手に気づかず他のチームを撃った瞬間ICY選手が2人をダウンし、山下の選手も合流してMalaysiaTeam Secretを3キルし山を制圧していった。
山を制圧したMongoliaZEUS ESPORTSは安置から外れたが、高所を取ったことで周りのチームと戦闘になることなく安置へ移動できた。

左赤丸伏せて待つZEUS ESPORTSのICY選手と右赤丸山下の小屋、緑丸Team Secret

一方で麦畑は遮蔽物が少なく小屋のポジション争いもあった。小屋の中を制圧したTurkeyFutbolistは外のBrazilA7 eSportsに対してグレネードを投げようとした。小屋の小窓は少し高く、普通に投げても越す位置にBrazilA7 eSportsがいた。しかしこれまでも印象的なグレネードを投げていたTurkeyFutbolistのLutz選手は、爆発までの時間を調整し空中で爆発するようにしてダメージを与えていった。

赤丸Lutz選手、緑丸A7 eSports、黄丸空中で爆発するグレネード

小屋を制圧と素晴らしいグレネードで有利だったTurkeyFutbolistだったが、遮蔽物が少なく両チームともそれぞれBrazilLoops EsportsとTurkeyKlas Digital Athleticsに壊滅された。

麦畑での戦闘が激しくなる中で南側を1つずつ移動していたのはRussiaNatus Vincereだった。安置の寄り方で南は比較的チーム数が少なかったが、慎重に1人を偵察に行かせて安全を確保しながらポジションを取り、チームがいたら丁寧に制圧していった。
南を制圧したRussiaNatus Vincereは今度は東で戦闘していたThailandPOWER888 KPSを一気にグレネードと詰めで壊滅して、そのままIndonesiaBigetron Red Aliensに対しても小屋を陣取った有利な戦闘をしていった。
IndonesiaBigetron Red Aliensは遮蔽物がない中でスモークや車で射線を切ろうとしたが、西や北のチームからも射線が通っていてIndonesiaBigetron Red Aliensも壊滅していった。

タイミングを見て広く展開し南から東にかけて制圧したRussiaNatus Vincereが遮蔽物も使え安置も寄り、最後残ったTurkeyKlas Digital Athleticsをキルしていった。
他のチームが撃ち合っている間に広く展開していってポジションを奪っていったRussiaNatus Vincereが、昨日からの好調そのままにドン勝を獲得した。

MATCH1結果

順位チーム順位ポイントキルポイントント合計ポイント
1RussiaNatus Vincere151530
2TurkeyKlas Digital Athletics12618
3MongoliaZEUS ESPORTS10515
4BrazilLoops Esports8311
5ChinaFour Angry Men4711
6IndonesiaBigetron Red Aliens628
7ThailandSecret Jin246
8POWER888 KPS145
9BrazilA7 eSports044
10cisKoninaPower123
11NepalAbrupt Slayers112
12ThailandRRQ Athena112
13TurkeyFutbolist022
14DRS GAMING101
15MalaysiaTeam Secret011
16GODSENT000

MATCH2(Vikendi)
安置が北東に寄り、これまでも第1フェーズでブルーゾーンに飲まれながら大きく周っていたRussiaNatus Vincereがこの試合でも大きく周っていった。
同じく大きく周って移動するNepalDRS GAMINGは降下地の差でRussiaNatus Vincereより先に高所を陣取り、RussiaNatus Vincereが移動するところを見ていた。NepalDRS GAMINGはより高所から情報を取ることを優先し、RussiaNatus Vincereはより内側への移動を優先していった。
安置が変わりRussiaNatus VincereはNepalDRS GAMINGを待ち受けるような形に展開し移動してきたNepalDRS GAMINGをキルしていった。

安置は更に狭まり、ChinaFour Angry MenとBrazilLoops Esportsが序盤から取っていた家屋に寄って行った。近くには安置が寄ったことで西へ広く展開していくTurkeyKlas Digital Athleticsと北から周っていたRussiaNatus Vincereがいた。

緑丸DRS GAMINGと赤丸待ち受ける形に展開するNatus Vincere、青丸安置が寄って西に展開するKlas Digital Athletics

最終盤、BrazilLoops Esportsの家屋へ安置が寄って行った。BrazilLoops Esportsは外の様子を伺い、TurkeyKlas Digital Athleticsは北へ展開しNepalDRS GAMINGを壊滅させ西側を制圧し、RussiaNatus Vincereはその間に東側から家屋へ張り付いていた。南を制圧したChinaFour Angry Menは人数が削られ1人残った33Svan選手がRussiaNatus Vincereの後ろでチャンスを狙う展開になった。

赤丸Natus Vincere、緑丸Loops Esports、青丸Klas Digital Athletics、黄丸Four Angry Men

RussiaNatus Vincereは家屋を制圧しようとBrazilLoops Esportsと戦闘をしながらも常に背後の33Svan選手を警戒していて、BrazilLoops Esportsとカバーの応酬をする中でも詰めてきた33Svan選手をキルしていった。

背後の心配がなくなってRussiaNatus VincereのMatic選手が屋根に上ってTurkeyKlas Digital Athleticsに対してもプレッシャーを与えていった。TurkeyKlas Digital Athleticsも広く展開しチャンスを伺っていたが、Matic選手の位置に気づけず広く展開していた選手が落とされてしまう。

青丸Klas Digital Athleticsが画像外の選手を撃ち、赤丸Matic選手がカバーする

Matic選手のカバーのおかげでRussiaNatus Vincereは広く展開し2チームを囲い込む形を作れた。その後もMatic選手が素晴らしいカバーをしてブルーゾーン内で回復するTurkeyKlas Digital AthleticsとBrazilLoops Esportsを壊滅させ、RussiaNatus VincereがMATCH1に続いてドン勝を獲得した。

MATCH2結果

順位チーム順位ポイントキルポイントント合計ポイント
1RussiaNatus Vincere15924
2TurkeyKlas Digital Athletics10919
3BrazilLoops Esports12315
4ChinaFour Angry Men8513
5ThailandRRQ Athena279
6BrazilA7 eSports448
7POWER888 KPS178
8DRS GAMING606
9IndonesiaBigetron Red Aliens124
10NepalAbrupt Slayers133
11cisKoninaPower113
12TurkeyFutbolist023
13MalaysiaTeam Secret101
14GODSENT000
15ThailandSecret Jin000
16MongoliaZEUS ESPORTS000

MATCH3(Miramar)
ここまで2連ドン勝のRussiaNatus Vincereはこのマッチでも第1フェーズはブルーゾーンに飲まれながら大きく周って移動していった。しかし同じタイミング同じようなルートで、ThailandSecret JinとNepalDRS GAMINGも移動していてRussiaNatus Vincereは保険として離れていた1人を残してキルされ苦しい展開になってしまった。

終盤、道路を挟んだ安置から道路の南へ安置が寄った。南で待ち受ける形になったNepalAbrupt SlayersとIndonesiaBigetron Red Aliensは戦闘をし、北にいたcisKoninaPowerは南への移動を試み、同じく北にいたTurkeyKlas Digital Athleticsは周りにチームがいて南のNepalAbrupt Slayersと撃ち合いをしていった。

赤丸移動するKoninaPower、緑丸Bigetron Red Aliensと黄丸Klas Digital Athleticsと戦闘する青丸Abrupt Slayers

cisKoninaPowerは遮蔽物がない厳しい移動だったが、待ち受けていたIndonesiaBigetron Red AliensのRyzen選手をcisKoninaPowerのGonzo選手がダウンしたこと、南のチームも戦闘中だったことで、まずはGonzo選手が南への移動を成功させた。
その後Gonzo選手はIndonesiaBigetron Red Aliensに対して1人で耐え、グレネードで更にダウンを奪ったことでIndonesiaBigetron Red Aliensは射線を通せなくなり、北に残っていたcisKoninaPowerの選手も移動に成功した。

南に渡ったcisKoninaPowerはNepalAbrupt Slayersをけん制しながらIndonesiaBigetron Red Aliensと戦闘をして壊滅していき、続けてNepalAbrupt Slayersと戦闘をして壊滅していった。
IndonesiaBigetron Red Aliensに対しては素晴らしいエイム、NepalAbrupt Slayersに対しては素晴らしいグレネードで制圧していった。

赤丸KoninaPower、緑丸Bigetron Red Aliens、青丸Abrupt Slayers

苦しい展開の中ポジションを奪っていって、高所から稜線を使える有利なポジションをとり、4人生存した状況でNepalDRS GAMINGを待ち受け、cisKoninaPowerがドン勝を獲得した。

MATCH3結果

順位チーム順位ポイントキルポイントント合計ポイント
1cisKoninaPower151328
2DRS GAMING12618
3TurkeyKlas Digital Athletics10313
4NepalAbrupt Slayers8513
5IndonesiaBigetron Red Aliens639
6TurkeyFutbolist448
7ThailandSecret Jin178
8ChinaFour Angry Men145
9MalaysiaTeam Secret224
10BrazilA7 eSports033
11GODSENT112
12POWER888 KPS022
13BrazilLoops Esports101
14MongoliaZEUS ESPORTS101
15RussiaNatus Vincere011
16ThailandRRQ Athena011

MATCH4(Sanhok)
安置が昨日のDay1 MATCH4のSanhokとほぼ同じ形になった。Day1のSanhokでドン勝を獲得したのはcisKoninaPowerで、安置の外側から移動していき道路を挟んだ安置の北側を制圧して安置が北に寄った試合だった。

昨日は早い段階から多くのチームが安置中心へ集まっていたが、本日は外側に多くチームが集まり安置中心はあいていて、cisKoninaPowerは昨日とは違い安置中心Quarryの家屋を取っていった。
下の画像は昨日と本日の同じ時間、同じ位置からの全体図。

SuperWeekend3 Day1のSanhok、青丸先に中心を取るAbrupt Slayers、赤丸外から来るKoninaPower、緑丸中心に向かって密集する他チーム
本日のSanhok、青丸Abrupt Slayers、赤丸先に中心を取るKoninaPower、緑丸外側に広がる他チーム

最終的に安置は東の窪んだ湖のエリアになった。先に安置内にいたSwedenGODSENTは周りのチームを撃っていったが、正面のTurkeyFutbolistと戦闘している間にブルーゾーン内で生存していた後ろのThailandSecret Jinにも撃たれ壊滅してしまった。
一方で少ない陸地へ移動をする必要のあったcisKoninaPowerは、近くの家屋から周りの状況を見た上で慎重に移動し、周りのチームを壊滅しながら進んでいった。

青丸GODSENTは緑丸Futbolistと黄丸Secret Jinと戦闘、赤丸KoninaPowerは冷静に制圧していった

最後残ったのは、西側を広く展開しながら移動したcisKoninaPowerの4人と東に展開しながら制圧していったTurkeyFutbolistの3人。
安置がcisKoninaPowerに寄り人数差もあったことでダウンの交換になっても、cisKoninaPowerは蘇生ができTurkeyFutbolistは確キルを取られてしまう。cisKoninaPowerのRobdiNNi選手とGonzo選手のグレネードでTurkeyFutbolist削っていき、cisKoninaPowerが連続でドン勝を獲得した。

MATCH4結果

順位チーム順位ポイントキルポイントント合計ポイント
1cisKoninaPower15823
2TurkeyFutbolist12719
3ThailandSecret Jin10616
4GODSENT8311
5IndonesiaBigetron Red Aliens639
6POWER888 KPS246
7NepalAbrupt Slayers145
8BrazilA7 eSports145
9DRS GAMING404
10BrazilLoops Esports134
11MalaysiaTeam Secret123
12RussiaNatus Vincere033
13MongoliaZEUS ESPORTS112
14ChinaFour Angry Men011
15TurkeyKlas Digital Athletics011
16ThailandRRQ Athena011

MATCH5(Erangel)
安置はMyltaを中心にした南東になった。TurkeyFutbolistが南の島から東の橋を渡ろうとしたところChinaFour Angry Menと戦闘になった。
TurkeyFutbolistは橋下に2人置いて残り2人で橋の西側に突貫して行った。しかし橋上にChinaFour Angry Menの33Svan選手が見ていて、突貫した2人は33Svan選手に1人k、突貫先にいたXinhe選手に1人ダウンされてしまった。

赤丸橋上の33Svan選手、緑丸2-2で攻めるFutbolist

その後33Svan選手も橋を降りて囲い込むようにしてTurkeyFutbolistを壊滅していった。

終盤Shelterに安置が寄り、北を外側から進行していたMalaysiaTeam Secretは南に移動することになった。しかしその進路には同じく安置から外れたものの、より安置が近くMalaysiaTeam SecretをクロージングするであろうChinaFour Angry Menがいた。

赤丸Team Secret、緑丸Four Angry Men

そこでMalaysiaTeam Secretは待ち受けられる前に戦闘を仕掛けていった。先に内側を取っていたChinaFour Angry Menとしては周りの射線もありMalaysiaTeam Secretの移動を咎めることができなかった。
地下へつながる入り口の小さな岩山をMalaysiaTeam Secretに取られ、ChinaFour Angry Menとしては有利なポジションを取られる形になった。地下への階段の2人はスモークも焚かれあまり戦闘に参加できなかった。外側にいたChinaFour Angry MenのSuk選手も広く取ろうとしたが、MalaysiaTeam SecretのuHigh選手に見られていた。

赤丸Team Secret、緑丸Four Angry Men

外側の選手をダウンしたことでuHigh選手は飛び降りて階段の2人もダブルキルしていった。
先に戦闘を仕掛け有利なポジションを取ったMalaysiaTeam Secretが3キルを獲得した。MalaysiaTeam Secretはそのまま西のIndonesiaBigetron Red Aliensも制圧して一気に安置北西側を制圧した。

他のチームも遮蔽が少ない中で削り合い人数が少なく、ヒヤッとする場面はあったが人数差と車で安置を広く取り、思い切った戦闘を判断したMalaysiaTeam Secretがドン勝を獲得した。

MATCH5結果

順位チーム順位ポイントキルポイントント合計ポイント
1MalaysiaTeam Secret151227
2NepalAbrupt Slayers10818
3DRS GAMING12517
4cisKoninaPower8816
5IndonesiaBigetron Red Aliens6410
6ChinaFour Angry Men459
7GODSENT268
8MongoliaZEUS ESPORTS134
9BrazilLoops Esports123
10ThailandRRQ Athena033
11TurkeyKlas Digital Athletics112
12RussiaNatus Vincere112
13BrazilA7 eSports022
14POWER888 KPS101
15ThailandSecret Jin000
16TurkeyFutbolist000

SuperWeekend3 Day2までの総合結果

●が付いているチームはSuperWeekend3に出場していないチーム

順位チームドン勝数順位ポイントキルポイント合計ポイント(前日比)
1IndonesiaBigetron Red Aliens5221184405(+40)
2ChinaFour Angry Men4207184391(+39)
3TurkeyKlas Digital Athletics2192173365(+53)
4BrazilLoops Esports1206153359(+34)
5cisKoninaPower2187166353(+73)
6ThailandRRQ Athena5169155324(+16)
7ThailandSecret Jin4156145301(+30)
8ThailandPOWER888 KPS2137144281(+22)
9TurkeyFutbolist2119141260(+32)
10BrazilA7 eSports2125133258(+22)
11ChinaNova Esports-XQF●2132103235
12NepalAbrupt Slayers210680186(+41)
13MalaysiaTeam Secret28181162(+36)
14JapanBLUE BEES●27072142
15MongoliaZEUS ESPORTS07148119(+22)
16BangladeshA1 eSports●16154115
17USAExecute Esports●05064114
18RussiaNatus Vincere2454792(+60)
19SwedenGODSENT0405090(+21)
20IndonesiaAerowolf LIMAX●0464187
21DRS GAMING0592180(+46)

各試合のドン勝チーム

MATCH1ドン勝:RussiaNatus Vincere
MATCH2ドン勝:RussiaNatus Vincere
MATCH3ドン勝:cisKoninaPower
MATCH4ドン勝:cisKoninaPower
MATCH5ドン勝:MalaysiaTeam Secret

SuperWeekend3 Day2 個人MVP

情報元

【日本語配信】PUBG MOBILE GLOBAL CHAMPIONSHIP SUPER WEEKEND 3 DAY 2
https://www.youtube.com/watch?v=vcaNQzKVlVk
PUBG MOBILE公式YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCmeeY9kzNswUpbYyJntb3Aw
Liquipedia
https://liquipedia.net/pubg/PUBG_Mobile_Global_Championship/2020/League