『PUBG Mobile GLOBAL CHAMPIONSHIP2020』SuperWeekend3 Day1、一変した試合展開で2強を追い上げる3位以降のチーム

『PUBG Mobile GLOBAL CHAMPIONSHIP2020』SuperWeekend3 Day1、一変した試合展開で2強を追い上げる3位以降のチーム

これまでの2週とは違いこれまで下位だったチームの活躍が目立ってきた。一方で3週目に入り各チームの戦闘が長引き安置際の混戦はより激しくなり、これまで頭1つ抜けていた2チームも伸び悩む結果になった。
ただ各チームこのままで終わることはないのでまたDay2以降どのように動きが変わっていくのか楽しみな展開にもなった。

PUBG Mobile GLOBAL CHAMPIONSHIP2020

PMGC2020は11/24~12/20まで4週かけて各地域の代表24チームが競い合い、上位16チームが2021年1月トルコで開催されるFinalへ進出する。
毎週3グループ24チームでWeekdays2日間を戦い、Weekdaysの上位16チームが週末のSuperWeekendへ進出する。SuperWeekendは3日間かけて試合をしてSuperWeekendのポイントの合計上位16チームがFinalへ出場する。

SuperWeekend3へ進出した16チーム

★が付いているチームはSuperWeekendに初出場のチーム

TurkeyFutbolist
TurkeyKlas Digital Athletics
NepalDRS GAMING★
cisKoninaPower
ThailandRRQ Athena
BrazilLoops Esports
IndonesiaBigetron Red Aliens
ChinaFour Angry Men
MalaysiaTeam Secret
MongoliaZEUS ESPORTS
BrazilA7 eSports
ThailandPOWER888 KPS
ThailandSecret Jin
RussiaNatus Vincere★
SwedenGODSENT
NepalAbrupt Slayers

SuperWeekend2までの総合結果

●が付いているチームはSuperWeekend3に出場していないチーム

順位チームドン勝数順位ポイントキルポイント合計ポイント
1IndonesiaBigetron Red Aliens5189153342
2ChinaFour Angry Men4181157338
3ThailandRRQ Athena3148122270
4BrazilLoops Esports2152117269
5TurkeyKlas Digital Athletics1132131263
6ThailandPOWER888 KPS2122117239
7ChinaNova Esports-XQF●2132103235
8ThailandSecret Jin2123112235
9cisKoninaPower2121112233
10BrazilA7 eSports210393196
11TurkeyFutbolist181101182
12JapanBLUE BEES●27072142
13BangladeshA1 eSports●16154115
14USAExecute Esports●05064114
15MalaysiaTeam Secret1414788
16IndonesiaAerowolf LIMAX●0464187
17MongoliaZEUS ESPORTS1463278
18NepalAbrupt Slayers0393069
19SwedenGODSENT0233053

試合形式

各試合のマップは以下の通り
Match 1 Erangel
Match 2 Vikendi
Match 3 Miramar
Match 4 Sanhok
Match 5 Erangel

キルが分散する激しい試合、大胆な動きで下剋上

SuperWeekendも3週目になりFinal進出に必要なポイントが何となく見えてきて、これまでのSuperWeekendで進出できない週があるチームは大量のポイントが必要になる。そういう状況もあってか各チーム積極的にキルを取りに行く場面が多く、どの試合を見てもキルポイントが分散するようになった。
また戦闘もこれまで以上に拮抗した状態が続き中々決着がつかないことも増え、これまで外側から周りのチームを退けるように移動していたIndonesiaBigetron Red Aliensも、中盤で一気に中心を取りに行く動きをしていたChinaFour Angry Menもポイントが伸び悩む展開が増えてきた。
その中で序盤から素早い移動ができたチームと大胆な動きをした下位チームの活躍が目立つようになった。

MATCH1(Erangel)
新たな16チームでのSuperWeekendが始まり、初戦の初動で現在総合2位のChinaFour Angry MenがMongoliaZEUS ESPORTSとGeorgopolの北で降下地が被り壊滅してしまった。

総合1位のIndonesiaBigetron Red Aliensも次の安置が出てからすぐに移動したが、同じタイミングで同じように移動したSwedenGODSENTと安置際で戦闘になった。
お互い1ダウンずつしたが、北のMalaysiaTeam Secretと東のThailandPOWER888 KPSも介入してきてIndonesiaBigetron Red Aliensは1人生存になった。
ThailandPOWER888 KPSは途中SwedenGODSENTに対し突貫し壊滅させたが、MalaysiaTeam Secretから射線が通っていて人数を減らしてしまった。

赤丸Bigetron Red Aliens、緑丸GODSENT、黄丸遅れて移動したPOWER888 KPS、青丸Team Secret

安置が狭まるにつれて安置際で数チームが戦闘するような展開になった。
一方で序盤に陣取っていた家屋が安置の中心になったNepalAbrupt Slayersは戦闘も移動もなく人数を残していた。
最終盤に安置の中心から少しずれたときは、周りの様子を少し伺ってから、より中心に近い家屋に移動していった。

赤丸Abrupt Slayersが安置の中心により近い家屋へ移動

安置の中心に近い家屋のため各チームからの警戒も強かったが、NepalAbrupt Slayersしっかり人数配分をして南のThailandSecret Jinには1人がグレネードで戦闘をし、北のMongoliaZEUS ESPORTSには残りの3人で射撃を加えてけん制していった。

赤丸Abrupt Slayers、緑丸Secret Jin、青丸ZEUS ESPORTS

東側で1人生存していたMalaysiaTeam Secretが北のMongoliaZEUS ESPORTSと南のThailandSecret Jinをダウンしたことも、NepalAbrupt Slayersが耐えきれた大きな要因だった。

最後残ったのは家屋を陣取っていたNepalAbrupt Slayersの3人と、序盤大きく西に周って密集してない西側を制圧したRussiaNatus Vincereの2人だっただった。
RussiaNatus Vincereは北のMongoliaZEUS ESPORTSがNepalAbrupt Slayersに距離を詰めたタイミングで、南にいたThailandSecret JinやMalaysiaTeam Secretをキルして南側を制圧していった。その後攻めあぐねていたMongoliaZEUS ESPORTSも横からキルしていった。

RussiaNatus Vincereは人数不利の中で、隙を突いて家屋に1人が張り付いた。その選手が塀を使い1対1まで持って行ったが、体力差があり撃ち合いを制し中心を意識したポジションとそこを守り切ったNepalAbrupt Slayersがドン勝を獲得した。

MATCH1結果

順位チーム順位ポイントキルポイントント合計ポイント
1RussiaNatus Vincere12921
2NepalAbrupt Slayers15520
3MongoliaZEUS ESPORTS10313
4MalaysiaTeam Secret8513
5BrazilLoops Esports11112
6TurkeyFutbolist4610
7ThailandSecret Jin628
8TurkeyKlas Digital Athletics156
9ThailandRRQ Athena145
10BrazilA7 eSports224
11POWER888 KPS134
12IndonesiaBigetron Red Aliens123
13cisKoninaPower011
14DRS GAMING000
15GODSENT000
16ChinaFour Angry Men000

MATCH2(Vikendi)
各チーム序盤はいいポジションを取りに中心へ多くのチームが集まる中、ThailandSecret JinとTurkeyKlas Digital Athleticsが戦闘になった。しかしお互い突貫するような形ではなく、家屋にいたThailandSecret Jinと岩の上にいたTurkeyKlas Digital Athleticsでグレネードを使ってけん制し合うような展開になった。
その中でThailandSecret JinのKengzo選手の体が塀から半分出た所を、TurkeyKlas Digital AthleticsのSoulless選手が撃っていくが、Kengzo選手がスナイパーのヘッドショットでダウンを奪っていく。それを機に詰めて行くThailandSecret Jinだったが、TurkeyKlas Digital Athleticsも即座に蘇生を始め他の2人も詰めるルートにグレネードを投げていた。
岩上を取り返したThailandSecret Jinに対してスモークを使って引くTurkeyKlas Digital Athleticsで一旦戦闘は終わった。TurkeyKlas Digital Athleticsは安置中心側にいたThailandRRQ Athenaに1人キルされたが引くことができた。

終盤、安置が北西に寄って南東が混戦になった。東にいたChinaFour Angry Menは南から入ってくるチームをSuk選手やHasaki選手がきっちり落とし制圧していった。しかし車両はなく安置から大きく外れていたChinaFour Angry Menは西にいたTurkeyKlas Digital Athleticsの射線が厳しく移動ができずブルーゾーン内でキルを狙いながらセルフキルを選択した。

赤丸Four Angry Menが南下して緑丸のチームをクロージング

最後残ったのは安置内の家屋を陣取り南のチームをクロージングしたThailandRRQ Athenaの4人と、ThailandSecret Jinとの戦闘の後安置の中心に近い位置に車で移動していたTurkeyKlas Digital Athleticsの2人。

赤丸RRQ Athenaが緑丸Team Secretをクロージング

TurkeyKlas Digital Athleticsもダウンを奪うが、高さも人数も有利なThailandRRQ Athenaは蘇生をして、ダウンを奪ったところを詰めて行ったThailandRRQ Athenaがドン勝を獲得した。

MATCH2結果

順位チーム順位ポイントキルポイントント合計ポイント
1ThailandRRQ Athena15924
2TurkeyKlas Digital Athletics12517
3MalaysiaTeam Secret10212
4ChinaFour Angry Men8412
5POWER888 KPS6410
6BrazilA7 eSports189
7ThailandSecret Jin448
8NepalAbrupt Slayers246
9IndonesiaBigetron Red Aliens156
10TurkeyFutbolist123
11RussiaNatus Vincere033
12GODSENT112
13cisKoninaPower022
14DRS GAMING101
15BrazilLoops Esports011
16MongoliaZEUS ESPORTS000

MATCH3(Miramar)
MATCH1,2とは違い戦闘の起こらない穏やかな序盤になった。
第3フェーズ16チームが生存しチームが密集する中で、他のチームより少し大胆に移動したのがNepalDRS GAMINGだった。1人が先に移動し安全を確保してから残りの3人が移動し、チーム数が多い中でも安置の中心に近い家屋を取っていった。

赤丸DRS GAMING

安置東側にLos Leones西の家屋が入っていたことで、その家屋郡にチームが集まる展開になった。一方で安置西側はチーム数が少なく、そこを陣取ったのはNepalAbrupt Slayersだった。
NepalAbrupt Slayersは序盤からChumacera東の高所にある教会からずっと情報を取っていた。冷静に安置の状況を見てあいた西側に入って行けた。

東にチームが集まる中、赤丸Abrupt Slayersは西側に入った

各チーム色んな場所から射線が通る中で残ったのは、西側を制圧し1-3で南と北にスプリットしたNepalAbrupt Slayersの4人、安置の中心を積極的に取っていたNepalDRS GAMINGの4人、Los Leonesからゆっくり移動し高所を取っていたcisKoninaPowerの3人。

赤丸Abrupt Slayers、緑丸DRS GAMING、青丸KoninaPower

稜線を使って北に大きく周っていたNepalAbrupt SlayersのChari選手がcisKoninaPowerを意識の外から撃ち一気に3キルして壊滅していった。

安置が倉庫を取るNepalAbrupt Slayers側に寄り、NepalDRS GAMINGはコンテナなどの遮蔽物を使いながら徐々に移動をしていく。倉庫で壁一枚の駆け引きをするがNepalAbrupt SlayersのChari選手が火炎瓶を投げられながらも1ダウンを取っていった。
安置が収縮するタイミングでNepalAbrupt SlayersのLeon選手がブルーゾーン内に走って横を取っていった。その動きで囲まれるような形になりNepalDRS GAMINGは翻弄され、この戦闘でも大きなダメージをLeon選手が出してNepalAbrupt Slayersがドン勝を獲得した。

左赤丸Leonがブルーゾーン内を走って横を取る、緑丸DRS GAMING

MATCH3結果

順位チーム順位ポイントキルポイントント合計ポイント
1NepalAbrupt Slayers151328
2DRS GAMING12517
3cisKoninaPower10515
4ThailandSecret Jin8412
5BrazilLoops Esports628
6BrazilA7 eSports415
7GODSENT055
8MongoliaZEUS ESPORTS134
9TurkeyFutbolist134
10MalaysiaTeam Secret134
11POWER888 KPS213
12IndonesiaBigetron Red Aliens123
13TurkeyKlas Digital Athletics033
14RussiaNatus Vincere022
15ChinaFour Angry Men101
16ThailandRRQ Athena000

MATCH4(Sanhok)
このマッチでもMATCH1,2のように序盤から積極的な動きをするチームが目立った。
MongoliaZEUS ESPORTSのいる集落にSwedenGODSENTが戦闘を仕掛けていった。お互いのダウンが発生したところに、MalaysiaTeam Secretも介入してきた。しかしMalaysiaTeam Secretはダウンされた後すぐに引いていき、MalaysiaTeam Secretのダウンをきっかけにまた最初の2チームの戦闘になった。そして再度MalaysiaTeam SecretがMongoliaZEUS ESPORTSのキルを回収して引かせて戦闘は一旦収まった。

Sanhokは終盤安置が寄ると移動が厳しく多くのチームが削れ、生き残っても安置内のチームに待たれる展開になることが多い。
今回も最終盤は道路を挟んだ安置から道路の北側が安置になった。南の家屋を取っていたBrazilLoops Esportsは移動が難しい展開になり、北を制圧していたcisKoninaPowerには有利な展開になった。

赤丸KoninaPower、緑丸DRS GAMING、青丸Loops Esports

その中でNepalDRS GAMINGは安置の中心にいたことで北に安置が寄っても移動ができない状況ではなかった。
NepalDRS GAMINGは序盤ブルーゾーン内でRussiaNatus Vincereとにらみ合いになり、移動が遅れたが、ひたすらに混戦になりそうな場所を避けていった。最初は安置の南側へ移動し橋を渡ったが、安置が北に寄ると渡った橋をブルーゾーンに飲まれながら戻ってまで大きく北へ周っていった。

黄丸終盤の安置、緑丸DRS GAMINGとその移動経路

結果的に安置は更にcisKoninaPowerへ寄っていったため、NepalDRS GAMINGはブルーゾーン内での耐久となったが大胆な動きで順位を伸ばしていった。
最後は北から一番外側を移動し、狭くなった安置の中で高所を広く取っていたcisKoninaPowerが安置を制圧しドン勝を獲得した。

MATCH4結果

順位チーム順位ポイントキルポイントント合計ポイント
1cisKoninaPower15924
2BrazilLoops Esports12416
3DRS GAMING10414
4TurkeyKlas Digital Athletics8412
5IndonesiaBigetron Red Aliens4711
6ThailandRRQ Athena268
7NepalAbrupt Slayers617
8TurkeyFutbolist167
9GODSENT145
10MalaysiaTeam Secret145
11ThailandSecret Jin123
12MongoliaZEUS ESPORTS101
13POWER888 KPS011
14BrazilA7 eSports000
15ChinaFour Angry Men000
16RussiaNatus Vincere000

MATCH5(Erangel)
安置の寄りが激しく、序盤北のShooting Rangeに寄った後Yasnaya北西の橋を渡ったところになった。川を挟んで大きく西へ東へ寄った安置で各チームは各フェーズごとに大きく移動する展開になった。
最終盤はNovorepnoveから移動し、Yasnaya北西の橋を渡ってすぐの家屋を取っていたTurkeyFutbolistが有利で、遮蔽もなく他のチームにとっては難しかった。車両を残していたチームも移動中を抜かれ、車しか遮蔽物がなくTurkeyFutbolistのグレネードや他からの射線が厳しい状況だった。

厳しい安置の中で終盤まで残ったチームはそれに繋がる序盤からの動きがあった。
BrazilLoops Esportsは第1フェーズの早い段階から安置の中心へ移動していた。そして安置中心を広く取ったことで移動がしやすく、各フェーズで安置が分かった瞬間に中心へ移動できるという流れができていた。
一方で大きく外側を周っていたのはRussiaNatus Vincereだった。マップ南西のPrimorskに降下したRussiaNatus Vincereはマップの端をなぞるように大きく周り、第4フェーズで大体の最終安置が見えた所で安置の中側に入って行った。

黄丸最終安置、赤丸Primorskから大きく周るNatus Vincere

RussiaNatus Vincereは川を挟んで両方に別れて位置し遠距離ながらお互いをカバーして耐えていった。

最後TurkeyFutbolistの3人に対して位置がバレてなかったBrazilLoops EsportsのFederal選手が背後から撃ったがスモークに邪魔をされ、人数有利を活かされてTurkeyFutbolistがドン勝を獲得した。

MATCH5結果

順位チーム順位ポイントキルポイントント合計ポイント
1TurkeyFutbolist15722
2BrazilA7 eSports101222
3BrazilLoops Esports12719
4NepalAbrupt Slayers8715
5TurkeyKlas Digital Athletics6511
6RussiaNatus Vincere246
7cisKoninaPower145
8ThailandSecret Jin145
9GODSENT404
10MalaysiaTeam Secret134
11DRS GAMING112
12POWER888 KPS112
13ChinaFour Angry Men011
14MongoliaZEUS ESPORTS011
15ThailandRRQ Athena011
16IndonesiaBigetron Red Aliens000

SuperWeekend3 Day1までの総合結果

●が付いているチームはSuperWeekend3に出場していないチーム

順位チームドン勝数順位ポイントキルポイント合計ポイント
1IndonesiaBigetron Red Aliens5196169365
2ChinaFour Angry Men4190162352
3BrazilLoops Esports2183142325
4TurkeyKlas Digital Athletics1159153312
5ThailandRRQ Athena4166142308
6cisKoninaPower3147133280
7ThailandSecret Jin2143128271
8ThailandPOWER888 KPS2132127259
9BrazilA7 eSports2120116236
10ChinaNova Esports-XQF●2132103235
11TurkeyFutbolist2103125228
12NepalAbrupt Slayers28560145
13JapanBLUE BEES●27072142
14MalaysiaTeam Secret16264126
15BangladeshA1 eSports●16154115
16USAExecute Esports●05064114
17MongoliaZEUS ESPORTS0583997
18IndonesiaAerowolf LIMAX●0464187
19SwedenGODSENT0294069
20DRS GAMING0241034
21RussiaNatus Vincere0141832

各試合のドン勝チーム

MATCH1ドン勝:NepalAbrupt Slayers
MATCH2ドン勝:ThailandRRQ Athena
MATCH3ドン勝:NepalAbrupt Slayers
MATCH4ドン勝:cisKoninaPower
MATCH5ドン勝:TurkeyFutbolist

SuperWeekend3 Day1 個人MVP

個人MVPはこの日2ドン勝を獲得したNepalAbrupt SlayersのChari選手が獲得した。MATCH3のMiramarでは最終盤一気に3キルし、その後もほぼ3人分のダメージを出してドン勝に大きく貢献した。
各チームにキルが分散する中で個人13キルはこれまで以上の大きな活躍と言える。

情報元

【日本語配信】PUBG MOBILE GLOBAL CHAMPIONSHIP SUPER WEEKEND 3 DAY 1
https://www.youtube.com/watch?v=ZUOhPJgABA4
PUBG MOBILE公式YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCmeeY9kzNswUpbYyJntb3Aw
Liquipedia
https://liquipedia.net/pubg/PUBG_Mobile_Global_Championship/2020/League