『PUBG Mobile GLOBAL CHAMPIONSHIP2020』Week3 Day1、正念場のBLUE BEES 8位まで10ポイント差の16位、いい形を作るも惜しい展開に

『PUBG Mobile GLOBAL CHAMPIONSHIP2020』Week3 Day1、正念場のBLUE BEES 8位まで10ポイント差の16位、いい形を作るも惜しい展開に

4週に渡る本大会も折り返しを迎えWeek3になった。JapanBLUE BEESは序中盤の移動ルートや陣形を変えながらいい形になることが増えていった。その一方でキルに繋げることに苦労しSuperWeekend進出のボーダーである16位でDay1を終えた。1か月に渡る長期間の大会で、更にFinalに進出すれば1月にも大会がある中で勝つために動きを変えているのは英断だと感じる。
IndonesiaBigetron Red AliensとChinaFour Angry Menは変わらず安定し、それぞれ1位と3位につけた。

PUBG Mobile GLOBAL CHAMPIONSHIP2020

PMGC2020は11/24~12/20まで4週かけて各地域の代表24チームが競い合い、上位16チームが2021年1月トルコで開催されるFinalへ進出する。
毎週3グループ24チームでWeekdays2日間を戦い、Weekdaysの上位16チームが週末のSuperWeekendへ進出する。SuperWeekendは3日間かけて試合をしてSuperWeekendのポイントの合計上位16チームがFinalへ出場する。

出場チーム

Group A
IndonesiaAerowolf LIMAX
POWER888 KPS
Loops Esports
DRS GAMING
GODSENT
Nova Esports-XQF
Archer Gaming
BLUE BEES

Group B
ThailandSecret Jin
NepalAbrupt Slayers
VietnamThe Unnamed
TurkeyKlas Digital Athletics
ChinaFour Angry Men
MongoliaZEUS ESPORTS
BrazilA7 eSports
cisKoninaPower

Group C
ThailandRRQ Athena
USAExecute Esports
RussiaNatus Vincere
IndonesiaBigetron Red Aliens
TurkeyFutbolist
MalaysiaTeam Secret
BangladeshA1 eSports
PhilippinesElites United Team

試合形式

Match 1: Erangel: Groups AB
Match 2: Miramar: Groups BC
Match 3: Sanhok: Groups AC
Match 4: Vikendi: Groups AB
Match 5: Erangel: Groups BC
Match 6: Miramar: Groups AC

接戦の中でも序中盤の動きで明暗が分かれたWeek3 Day1

Week3になり後半戦が始まった。各チームのポイントが数ポイントずつで並ぶ中、序中盤での安置への入り方で結果が大きく変わったように感じた。
BLUE BEESはチームが密集する場所を避けて移動して、混戦に巻き込まれる展開が減った。いい形を作ることも多かった一方で、あと1歩キルに繋がらず苦労しSuperWeekend進出のボーダーになる16位でDay1を終えた。

MATCH1(Erangel)
序盤マップ北側に寄りそうな安置になった後、最終的に安置はRozhokの南西に寄って行った。
多くのチームが北やYasnaya付近に位置取り、安置が南に寄ったことで東側が混戦になる展開になった。その中でJapanBLUE BEESは安置際を丁寧に様子を見ながら西の薄い場所へ移動できた。移動中先に安置にいたChinaFour Angry Menに1キル取られ、ChinaFour Angry Menは1人が追いかけてきて追いやられてしまう。

緑丸1人が追いかけるFour Angry Men、赤丸南から北へ追いやられるBLUE BEES

北へ追いやられたJapanBLUE BEESは水没都市へ行き、ThailandPOWER888 KPSと戦闘になった。Reiji選手の射撃やsQx選手のグレネードで2人をキルし、水没都市の安置側を制圧することができた。
安置はJapanBLUE BEES側へ寄り順位を伸ばせたが、遮蔽にできる車や稜線がなく他のチームに撃たれ5位で壊滅した。

序盤混戦にならないようなチーム数の少ない西側を、最初に陣取ったChinaFour Angry Menは、そのままJapanBLUE BEESにプレッシャーを与え広く展開し、人数を削られることもなく最終盤まで残っていた。
ChinaFour Angry Menは2-2でスプリットをしながら広く展開し続け、有利なポジションも維持し、残ったのはChinaFour Angry Menの4人、TurkeyKlas Digital Athleticsの2人、そしてThailandSecret Jinの1人がChinaFour Angry Menの背後で伏せていた。

緑丸2-2スプリットのFour Angry Menと赤丸BLUE BEES

ChinaFour Angry MenとTurkeyKlas Digital Athleticsが撃ち合い終わった瞬間、ChinaFour Angry MenのSuk選手が周りを確認しながら後ろへ飛び、ThailandSecret JinのKENGZO選手を落とした。
上の画像の時から北東のKENGZO選手は1人で身を隠しながら移動していたため、正確な位置は分かっていなかったと思うが、もしかしたら他のチームの位置などからある程度の予測はしていたかもしれない。
序盤から有利なポジションを維持し続けChinaFour Angry Menがドン勝を獲得した。

MATCH1結果

順位チーム順位ポイントキルポイントント合計ポイント
1ChinaFour Angry Men151631
2TurkeyKlas Digital Athletics101020
3ThailandSecret Jin12315
4DRS GAMING8715
5BLUE BEES639
6Loops Esports235
7POWER888 KPS404
8Archer Gaming134
9Nova Esports-XQF044
10GODSENT123
11NepalAbrupt Slayers112
12BrazilA7 eSports112
13MongoliaZEUS ESPORTS101
14IndonesiaAerowolf LIMAX011
15cisKoninaPower011
16VietnamThe Unnamed011

MATCH2(Miramar)
安置が北へ南へ寄っていく中、またChinaFour Angry Menは他のチームの動きを読んで密集しない位置へ周っていった。

赤丸薄いところへ移動するFour Angry Men①
赤丸薄いところへ移動するFour Angry Men③
赤丸薄いところへ移動するFour Angry Men②

一方、北東に多くのチームが密集する中で、IndonesiaBigetron Red Aliensは北東でも一番安置中心に近かった。多くのチームが戦闘しながら向かってくる中でダウンを奪われながらも中々キルまでは繋げさせず、キルと有利なポジションを獲得していった。

そして安置はPecado北の山へ寄って行き山下のチームには厳しい展開になった。その中でその山を陣取っていたのはBrazilA7 eSportsだった。
ChinaFour Angry Menも西側を大きく周っていったが、BrazilA7 eSportsは更に西側を周って山を取っていた。

赤丸Four Angry Menと緑丸山を取るA7 eSportsと青丸安置際で待つBigetron Red Aliens

ChinaFour Angry Menも山のBrazilA7 eSportsに戦闘を仕掛けていくが、さすがに崖になった山の不利は覆せずBrazilA7 eSportsに壊滅させられた。

北東の混戦を勝ち抜き2人残ったIndonesiaBigetron Red Aliensも山上から撃たれ壊滅した。南東で混戦を避けて耐えたNepalAbrupt Slayersも、山上のBrazilA7 eSportsの様子が分からず移動できないところを、山を下ってキルを取りにいったBrazilA7 eSportsがドン勝を獲得した。

MATCH2結果

順位チーム順位ポイントキルポイントント合計ポイント
1BrazilA7 eSports151025
2NepalAbrupt Slayers12719
3IndonesiaBigetron Red Aliens10616
4TurkeyKlas Digital Athletics6612
5ChinaFour Angry Men819
6TurkeyFutbolist459
7USAExecute Esports077
8RussiaNatus Vincere235
9MongoliaZEUS ESPORTS145
10ThailandRRQ Athena134
11MalaysiaTeam Secret134
12ThailandSecret Jin112
13cisKoninaPower101
14VietnamThe Unnamed011
15PhilippinesElites United Team011
16BangladeshA1 eSports000

MATCH3(Sanhok)
序盤の安置が西側に寄り、3つの島に別れ島から島への移動が厳しいSanhokでJapanBLUE BEESは海からの移動を選択した。

赤丸Docksから海で移動するBLUE BEES

結果的に東の島が安置になったことで移動経路が限られ、橋を渡った所でChinaNova Esports-XQFと戦闘になった。
高所に広く展開していたChinaNova Esports-XQFが有利な戦闘だったが、sQx選手がスモークの中からグレネードを投げ1キルを獲得する。

赤丸不利なポジションのBLUE BEESとグレネードでキルするsQx選手(左赤丸)

aito’chan選手も広く展開しようと移動したが、ChinaNova Esports-XQFもよく見ていて展開できなかった。JapanBLUE BEESは隠れる場所が少なくグレネードで壊滅させられた。

終盤、安置内に集落が1つ入っていてどのチームもいなかった。しかし安置際での戦闘が激しくなり、情報を取る余裕がなく集落に突貫するチームはいなかった。
その中で周りにチームがいなくて様子を見ていたThailandPOWER888 KPSが集落へ入って行く。
北西のチームはお互いのチームの足を引っ張るような展開になりブルーゾーンで壊滅していった。北側のチームはThailandPOWER888 KPSの集落に近づくことができずブルーゾーンで壊滅していった。
南のチームはThailandRRQ Athenaが安置際から1つずつ対処していき何とか生き残った。BangladeshA1 eSportsもThailandRRQ Athenaと戦闘をして耐えていたが、ThailandPOWER888 KPSは残りがこの2チームと分かった時点で詰めて行き、人数有利を押し付けてThailandPOWER888 KPSがドン勝を獲得した。

MATCH3結果

順位チーム順位ポイントキルポイントント合計ポイント
1ThailandRRQ Athena121325
2ThailandPOWER888 KPS15924
3BangladeshA1 eSports10515
4South KoreaArcher Gaming8412
5BrazilLoops Esports6410
6RussiaNatus Vincere437
7ChinaNova Esports-XQF167
8IndonesiaAerowolf LIMAX235
9MalaysiaTeam Secret123
10TurkeyFutbolist023
11NepalDRS GAMING112
12PhilippinesElites United Team101
13USAExecute Esports101
14JapanBLUE BEES011
15SwedenGODSENT000
16IndonesiaBigetron Red Aliens000

MATCH4(Vikendi)
JapanBLUE BEESは西のMovatraに降下し、Movatra東に安置が寄って行った。フェーズ4の安置が出て、Movatraも安置に入っていたがJapanBLUE BEESは南の集落へ移動していった。
移動した集落が安置から外れ安置際に移動したが、狭い安置の北西に家屋があり南西にいたJapanBLUE BEESは厳しい展開になった。
1人残ったTurkeyKlas Digital Athleticsの突貫をJapanBLUE BEESはいなして1キル獲得。しかし北西の家屋を取ったMongoliaZEUS ESPORTSに射撃され体力を削られた。
その射撃でMongoliaZEUS ESPORTSの隣にいたChinaFour Angry MenがJapanBLUE BEESの元へ突貫してきた。

赤丸BLUE BEES、緑丸Four Angry Men、青丸ZEUS ESPORTS

MongoliaZEUS ESPORTSからも撃たれていたJapanBLUE BEESは小屋に固まって体勢を立て直していて、ChinaFour Angry Menの火炎瓶に壊滅されてしまった。

MongoliaZEUS ESPORTSのいる家屋以外に遮蔽物がほとんどなく、車で遮蔽を作っていたチームも安置がMongoliaZEUS ESPORTSに寄ったことで居場所がなくなっていった。
その中でもcisKoninaPowerは荷台の中と外からグレネードだけでChinaFour Angry Menを壊滅していった。その後もcisKoninaPowerのGonzo選手が火炎瓶でThailandSecret Jinを落とすなど投擲物でキルを獲得していった。

赤丸荷台からグレネードを投げるKoninaPower、緑丸Four Angry Men

MongoliaZEUS ESPORTSが家屋からの射撃を加えながら、ChinaFour Angry Menは南東のcisKoninaPowerに、cisKoninaPowerはMongoliaZEUS ESPORTSに落とされてしまった。
South KoreaArcher GamingとNepalAbrupt Slayersもブルーゾーン内で耐えたが、MongoliaZEUS ESPORTSがドン勝を獲得した。

MATCH4結果

順位チーム順位ポイントキルポイントント合計ポイント
1cisKoninaPower81523
2MongoliaZEUS ESPORTS15722
3NepalAbrupt Slayers12214
4Archer Gaming10212
5ThailandSecret Jin6612
6ChinaFour Angry Men4610
7Nova Esports-XQF145
8BrazilA7 eSports134
9Loops Esports123
10IndonesiaAerowolf LIMAX033
11POWER888 KPS033
12DRS GAMING202
13BLUE BEES112
14TurkeyKlas Digital Athletics112
15GODSENT011
16VietnamThe Unnamed011

MATCH5(Erangel)
PMGCの実況を務めているRintoXDさんが実況の時によく南の島に安置が寄ることから一部で呼ばれる『リント安置』に今回の安置はなった。
本島南に降下したIndonesiaBigetron Red AliensやBangladeshA1 eSportsはすぐさま南の島へ移動した。第1収縮が終わるころには半分ほどのチームが南の島へ、残る半分が本島へ残る展開になった。
2つしかない橋を渡るか海を渡るかの移動が厳しい安置の中、MongoliaZEUS ESPORTSやBrazilA7 eSportsはブルーゾーンに飲まれながら移動をしていく。

終盤、安置から外れたIndonesiaBigetron Red Aliensは安置際の山にいたMalaysiaTeam Secretに攻めて行った。MalaysiaTeam Secretの後ろにはTurkeyKlas Digital Athleticsもいた。

青丸Bigetron Red Aliens、青丸Team Secret、赤丸Klas Digital Athletics

まずは有利なポジションで待っていたMalaysiaTeam Secretが、IndonesiaBigetron Red Aliensを2ダウンして有利な状況になった。しかしそこにTurkeyKlas Digital Athleticsが介入してきてMalaysiaTeam Secretと少し距離のある戦闘になった。その間にIndonesiaBigetron Red Aliensが立て直し、再度MalaysiaTeam SecretとIndonesiaBigetron Red Aliensの戦闘になり、TurkeyKlas Digital Athleticsは攻めずに様子を伺っていた。
MalaysiaTeam SecretはTurkeyKlas Digital Athleticsのプレッシャーで居場所が少なくなり、IndonesiaBigetron Red Aliensがグレネードで削り壊滅させた。
そして削れたIndonesiaBigetron Red AliensをTurkeyKlas Digital Athleticsが周り込むように攻めて壊滅させていった。

青丸Team Secretと緑丸攻めるBigetron Red Aliens、赤丸周り込むように攻めるKlas Digital Athletics

TurkeyKlas Digital Athleticsはそのまま北のcisKoninaPowerも壊滅させて北側を制圧した。
一方南側はTurkeyFutbolistがMilitary Baseの鉄塔付近を制圧していた。元々鉄塔にはMalaysiaTeam SecretがいたがMalaysiaTeam Secretは安置の中心を取るために離れ、安置が鉄塔に寄った結果、最終的な安置の有利ポジションを手放してしまった。
TurkeyFutbolistは安置の東際をクロージングしながら1つ1つ移動をしていった。そして有利なポジションに周りのチームを寄せ付けないようにプレッシャーを与え鉄塔を獲得していた。

緑丸安置中心を取りに行くTeam Secretと赤丸安置際を進むFutbolist

最後、鉄塔を陣取るTurkeyFutbolistと北側を制圧したTurkeyKlas Digital Athleticsが残ったが、鉄塔の高所から全てに射線を通せていてTurkeyFutbolistがドン勝を獲得した。

MATCH5結果

順位チーム順位ポイントキルポイントント合計ポイント
1TurkeyFutbolist151732
2TurkeyKlas Digital Athletics12820
3RussiaNatus Vincere10414
4cisKoninaPower8311
5USAExecute Esports639
6IndonesiaBigetron Red Aliens437
7NepalAbrupt Slayers134
8BrazilA7 eSports134
9BangladeshA1 eSports134
10ThailandSecret Jin044
11MalaysiaTeam Secret213
12VietnamThe Unnamed022
13ChinaFour Angry Men101
14ThailandRRQ Athena101
15MongoliaZEUS ESPORTS000
16PhilippinesElites United Team000

MATCH6(Miramar)
JapanBLUE BEESはランドマークのImpalaに降下し、安置も移動が短く待ち受ける形にしやすくなった。
JapanBLUE BEESは基本1-3もしくは1-1-2で距離を取りながら移動し、広く安置際を取っていった。また3フェーズ目の安置が出た瞬間に移動を開始し、ブルーゾーンに飲まれながら移動していたSwedenGODSENTとは戦闘にならず空いている東側に入って行けた。

これまでのJapanBLUE BEESはクロージングの意識が高く安置外のチームと戦闘し移動が遅れ、安置内のチームに撃たれるシーンがあった。
ただの予想だが、今回で言うと下の画像の状況から、赤丸BLUE BEESは緑丸GODSENTと戦闘になる。その間に青丸のチームが密集しているため先に東へ移動して、GODSENTに勝ったBLUE BEESを待ち受ける形になる。しかし今回はすぐに移動したことで西側のチームが来る前に移動でき人数を減らさず安置に入ることができたように見えた。

赤丸BLUE BEESが緑丸GODSENTと戦闘し移動が遅れたら、青丸のチームが東側で待ち受けて苦しい展開になったかもしれない

移動した先でSwedenGODSENTと戦闘になり、先に移動してsQx選手が広く展開したことで先に1キルできた。ここでの戦闘が長引き安置がSwedenGODSENT側に寄って厳しい状況になった。
移動するときにSwedenGODSENT以外からも撃たれ人数は削れたが安置には入って行けた。

JapanBLUE BEESがSwedenGODSENTと戦闘し安置へ移動していた間、安置が寄った南側ではIndonesiaBigetron Red Aliensが有利を広げるために制圧をしていっていた。
南のIndonesiaAerowolf LIMAXとBangladeshA1 eSportsの戦闘に介入し、両方のチームを壊滅させ、更に南から西へ進行しBrazilLoops Esportsまでも壊滅していった。

赤丸Bigetron Red Aliens、緑丸Aerowolf LIMAXとA1 eSports、青丸Loops Esports

最終的にはIndonesiaBigetron Red Aliensは北西を勝ち抜いたNepalDRS GAMINGも壊滅させ、戦闘をしていたJapanBLUE BEESもSwedenGODSENTも壊滅させた。
安置が寄ってIndonesiaAerowolf LIMAXに攻めた時点から11チーム中6チームを壊滅したIndonesiaBigetron Red Aliensがドン勝を獲得した。

MATCH6結果

順位チーム順位ポイントキルポイントント合計ポイント
1IndonesiaBigetron Red Aliens151631
2SwedenGODSENT12517
3MalaysiaTeam Secret6814
4JapanBLUE BEES10213
5NepalDRS GAMING8211
6BrazilLoops Esports438
7ChinaNova Esports-XQF178
8ThailandPOWER888 KPS257
9South KoreaArcher Gaming123
10ThailandRRQ Athena101
11IndonesiaAerowolf LIMAX101
12BangladeshA1 eSports100
13PhilippinesElites United Team000
14USAExecute Esports000
15TurkeyFutbolist000
16RussiaNatus Vincere000

Week3 Day1までの総合結果

順位チームドン勝数順位ポイントキルポイント合計ポイント
1IndonesiaBigetron Red Aliens1292554
2TurkeyKlas Digital Athletics0292554
3ChinaFour Angry Men1282351
4TurkeyFutbolist1192544
5NepalAbrupt Slayers0261339
6ThailandPOWER888 KPS1211738
7cisKoninaPower0171936
8BrazilA7 eSports1181735
9ThailandSecret Jin0191433
10ThailandRRQ Athena0151833
11South KoreaArcher Gaming0201131
12NepalDRS GAMING0191130
13MongoliaZEUS ESPORTS1171128
14RussiaNatus Vincere0161026
15BrazilLoops Esports0131326
16JapanBLUE BEES017825
17MalaysiaTeam Secret0101424
18ChinaNova Esports-XQF032124
19SwedenGODSENT013821
20BangladeshA1 eSports012820
21USAExecute Esports071017
22IndonesiaAerowolf LIMAX03710
23VietnamThe Unnamed0055
24PhilippinesElites United Team0112

各試合のドン勝チーム

MATCH1ドン勝:ChinaFour Angry Men
MATCH2ドン勝:BrazilA7 eSports
MATCH3ドン勝:ThailandPOWER888 KPS
MATCH4ドン勝:MongoliaZEUS ESPORTS
MATCH5ドン勝:TurkeyFutbolist
MATCH6ドン勝:IndonesiaBigetron Red Aliens

Week3 Day1 個人MVP

個人MVPはTurkeyKlas Digital AthleticsのSylass選手が獲得した。0ドン勝ながら1位タイで安定した順位とキルを残せている。チームとして混戦でも冷静に立ち回りSylass選手がきっかけを作るシーンもあった。

情報元

【日本語配信】PUBG MOBILE GLOBAL CHAMPIONSHIP WEEK 3 DAY 1
https://www.youtube.com/watch?v=1tO20y2Q37M
PUBG MOBILE公式YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCmeeY9kzNswUpbYyJntb3Aw
Liquipedia
https://liquipedia.net/pubg/PUBG_Mobile_Global_Championship/2020/League