『PUBG Mobile GLOBAL CHAMPIONSHIP2020』SuperWeekend2 Day3、苦しい中でも選択肢が増えたBLUE BEES、猛追するFour Angry Men

『PUBG Mobile GLOBAL CHAMPIONSHIP2020』SuperWeekend2 Day3、苦しい中でも選択肢が増えたBLUE BEES、猛追するFour Angry Men


Final進出を決める本シリーズも折り返しとなるこの日、日本代表JapanBLUE BEESは新しい動きを見せてくれた。序中盤で削られる苦しい展開もあったが、混戦になる安置際での選択肢が増え今後に期待が持てる内容になった。
これまで総合1位で跳びぬけていたIndonesiaBigetron Red Aliensに総合2位のChinaFour Angry MenがDay2,Day3で猛追を見せ4ポイント差の接戦になった。

PUBG Mobile GLOBAL CHAMPIONSHIP2020 SuperWeekend2 DAY1

PMGC2020は11/24~12/20まで4週かけて各地域の代表24チームが競い合い、上位16チームが2021年1月トルコで開催されるFinalへ進出する。
毎週3グループ24チームでWeekdays2日間を戦い、Weekdaysの上位16チームが週末のSuperWeekendへ進出する。SuperWeekendは3日間かけて試合をしてSuperWeekendのポイントの合計上位16チームがFinalへ出場する。

SuperWeekend2へ進出した16チーム

★が付いているチームはSuperWeekend1には進出していないチーム

ChinaFour Angry Men
IndonesiaBigetron Red Aliens
TurkeyFutbolist
SwedenGODSENT★
USAExecute Esports
ChinaNova Esports-XQF
ThailandPOWER888 KPS
ThailandSecret Jin
JapanBLUE BEES
ThailandRRQ Athena
cisKoninaPower
MongoliaZEUS ESPORTS★
BrazilA7 eSports
BangladeshA1 eSports★
TurkeyKlas Digital Athletics
BrazilLoops Esports

SuperWeekend1に進出してSuperWeekend2に進出していないチームは以下3チーム
NepalAbrupt Slayers
IndonesiaAerowolf LIMAX
MalaysiaTeam Secret

試合形式

各試合のマップは以下の通り
Match 1 Erangel
Match 2 Vikendi
Match 3 Miramar
Match 4 Sanhok
Match 5 Erangel

SuperWeekend2 Day2までの総合結果

順位チームドン勝数順位ポイントキルポイント合計ポイント
1IndonesiaBigetron Red Aliens5162137299
2ChinaFour Angry Men3150134284
3ThailandRRQ Athena2131109240
4TurkeyKlas Digital Athletics1111112223
5ThailandSecret Jin2112100212
6BrazilLoops Esports111594209
7ChinaNova Esports-XQF210988197
8cisKoninaPower110187188
9ThailandPOWER888 KPS18986175
10BrazilA7 eSports29678174
11TurkeyFutbolist16780147
12JapanBLUE BEES26268130
13USAExecute Esports0405393
14MalaysiaTeam Secret1414787
15IndonesiaAerowolf LIMAX0464187
16NepalAbrupt Slayers0393069
17BangladeshA1 eSports1372461
18MongoliaZEUS ESPORTS0262248
19SwedenGODSENT0161935

選択肢が増えた安置際の動きと苦労する序中盤

折り返しとなるSuperWeekend2 Day3。BLUE BEESは安置際の動きで移動とクロージング両方を同時にしたり、混戦を避け大きく周って安置に入って行く動きが増えた。その一方で序中盤に人数を削られることも目立ち、動きを変えて複数のことを同時に実行する中でバランスを模索しているようにも見えた。

MATCH1(Erangel)
空路が北から南へ、安置がマップ中心になり各チームが安置へ早く移動する展開になった。
JapanBLUE BEESはマップ東端のLipovkaからゆっくりと2-2に別れて移動し、先導し偵察していたaito’chan選手とsQx選手が家屋にいたcisKoninaPowerに落とされてしまった。残ったLufa選手とReiji選手も空いている場所を探していったがBrazilLoops Esportsに落とされた。

終盤、安置の中心を取っていたChinaFour Angry Menに寄り、他の10チームが安置の際でそれぞれ戦闘する状況になった。最終的に残ったのは安置北側を広く取っていたChinaFour Angry Menの4人と、安置南東を広く取っていたThailandPOWER888 KPSの4人と、西側の激戦を切り抜けたChinaNova Esports-XQFの2人。

緑丸北側Four Angry Men、赤丸南東POWER888 KPS、青丸西側Nova Esports-XQF

安置が遠くなったChinaFour Angry Menは南東ThailandPOWER888 KPSに車で突貫して行った。そこをThailandPOWER888 KPSが2ダウンを奪っていき、ChinaFour Angry Menのカバーも入った。お互いキルまで繋げたところ、ChinaNova Esports-XQFのJimmy選手がThailandPOWER888 KPSのKorpaii選手を落としていく。
その間にもChinaFour Angry MenとThailandPOWER888 KPSがダウンを奪い合い、ChinaNova Esports-XQFのParaboy選手がChinaFour Angry Menを壊滅させた。

ChinaFour Angry Menが壊滅し、ThailandPOWER888 KPSが3人生存で内2人がダウン、ChinaNova Esports-XQFが2人生存という状況になった。
ThailandPOWER888 KPSは1人の蘇生が間に合いChinaNova Esports-XQFは詰めてはいけない。ChinaNova Esports-XQFが徐々に距離を縮める間にThailandPOWER888 KPSはもう1人の蘇生も成功させ2対3になった。
丘での戦闘でお互いのチームはバッグを捨てて伏せて安置の収縮を待った。先にThailandPOWER888 KPSがChinaNova Esports-XQFを落とし、ChinaNova Esports-XQFがカバーをするもThailandPOWER888 KPSのカバーが間に合った。残り3チームになってから2チームに攻められたが耐えきって、ThailandPOWER888 KPSがドン勝を獲得した。

MATCH1結果

順位チーム順位ポイントキルポイントント合計ポイント
1ThailandPOWER888 KPS151126
2ChinaFour Angry Men10919
3ChinaNova Esports-XQF12618
4MongoliaZEUS ESPORTS8210
5SwedenGODSENT639
6BrazilLoops Esports448
7ThailandSecret Jin156
8TurkeyKlas Digital Athletics224
9cisKoninaPower134
10USAExecute Esports134
11TurkeyFutbolist044
12BrazilA7 eSports123
13BangladeshA1 eSports033
14IndonesiaBigetron Red Aliens101
15ThailandRRQ Athena011
16JapanBLUE BEES000

MATCH2(Vikendi)
安置が大きく東に寄って3分の1が海に入り、西側に降下したJapanBLUE BEESはブルーゾーンに飲まれてから安置への移動を開始した。
安置際を陣取り背後を中心に警戒をしながら、Reiji選手が1人偵察し安全なエリアを広げていった。

赤丸1-3でエリアを広げるBLUE BEES

その後安置が北に寄り南側が混戦になる中で、JapanBLUE BEESは周りの状況を見て西側から北へ大きく周っていった。

赤丸混戦を避け大きく周るBLUE BEES

混戦を避け安置内の家屋を取っていたJapanBLUE BEESだったが安置際を移動してきたTurkeyFutbolistにグレネードから起点を作られ壊滅してしまった。これまで安置に恵まれず混戦に巻き込まれ削れることが大きかったが、このマッチでは混戦を避け順位を伸ばすことができた。

終盤、北西のTurkeyFutbolistが東のThailandSecret Jinと南西のBrazilLoops Esportsに狙わている隙に、南のcisKoninaPowerがThailandSecret Jinに攻めていった。背後の警戒が薄くなっている間に囲まれるような形になりThailandSecret Jinが壊滅した。

青丸Futbolistを狙う緑丸Loops Esportsと黒丸Secret Jin、背後に周る赤丸KoninaPower

残る3チームはお互い遮蔽物や稜線を使いグレネード合戦になった。ここまでも精度の高いグレネードを決めていたTurkeyFutbolistのLutz選手とSolkay選手がBrazilLoops Esportsをグレネードで落としていった。
しかしTurkeyFutbolistは1人ダウンし体制を立て直す時間がなかった。周りの状況を見てタイミングよくTurkeyFutbolistも攻めてcisKoninaPowerがドン勝を獲得した。

青丸Futbolistのグレネードが緑丸Loops Esportsに刺さり、赤丸KoninaPowerが機を伺う

MATCH2結果

順位チーム順位ポイントキルポイントント合計ポイント
1cisKoninaPower151227
2TurkeyFutbolist121123
3BrazilLoops Esports10717
4ThailandSecret Jin8513
5IndonesiaBigetron Red Aliens639
6ThailandPOWER888 KPS156
7ChinaNova Esports-XQF235
8ThailandRRQ Athena145
9JapanBLUE BEES404
10TurkeyKlas Digital Athletics112
11USAExecute Esports112
12MongoliaZEUS ESPORTS101
13BrazilA7 eSports011
14BangladeshA1 eSports011
15SwedenGODSENT000
16ChinaFour Angry Men000

MATCH3(Miramar)
JapanBLUE BEESは周りの様子を見ながら、これまででは珍しい移動をしていった。前にいたBangladeshA1 eSportsを避けたり戦闘したりではなく、ついていくことで安全に安置内へ入ってくことができた。
その後Reiji選手が1人安置内へ移動していき、残った3人がSwedenGODSENTとBangladeshA1 eSportsが移動するところを足止めしていった。

赤丸BLUE BEESと外側で戦闘する緑丸GODSENT

JapanBLUE BEESはいい役割分担をしていい展開で安置に入って行けた。BangladeshA1 eSportsを壊滅させたSwedenGODSENTは安置内へ移動し、安置内で待つJapanBLUE BEESは射撃を加えていく。しかし稜線を使って移動されダウンは奪えずaito’chan選手とSwedenGODSENTの戦闘になった。残り3人は少し離れた距離から狙うが家屋を使った戦闘でカバーが難しい位置になった。
Reiji選手がAWMで1ダウンを奪いaito’chan選手は1対2をした。aito’chan選手は箱を使いnavy選手にダメージを与え引かせ、rolkis選手が詰めてきたところを1キルしていく。
体力が削られたaito’chan選手はnavy選手に火炎瓶でキルされたが1対2からの1キルはとても強かった。

赤丸箱奥のaito’chan選手と詰める青丸rolkis選手

Pecadoが最終安置になり各チームが家屋を取っていく。人数が少なくなったJapanBLUE BEESは、sQx選手とReiji選手が分かれて順位ポイントを伸ばす選択をした。それが功を奏し家屋が多くあり安全な場所が分からない中で6位まで順位を伸ばした。

最終盤、道路を挟んで北側は、ChinaFour Angry Menとのスモーク内の撃ち合いを制したMongoliaZEUS ESPORTSの2人が陣取った。道路を挟んで南側は、グレネードの応酬をしたBrazilLoops Esportsの4人とThailandPOWER888 KPSの2人になった。
先に家屋が安置から外れたMongoliaZEUS ESPORTSが2チームの家屋へ投擲物でダウンを狙うが決めきれず、各チームが家屋から出たところで戦闘になった。有利な安置と人数差があったBrazilLoops Esportsがドン勝を獲得した。

MATCH3結果

順位チーム順位ポイントキルポイントント合計ポイント
1ThailandPOWER888 KPS121022
2BrazilLoops Esports15318
3MongoliaZEUS ESPORTS10616
4ChinaFour Angry Men6612
5ChinaNova Esports-XQF819
6JapanBLUE BEES426
7SwedenGODSENT156
8BrazilA7 eSports156
9USAExecute Esports156
10IndonesiaBigetron Red Aliens055
11cisKoninaPower134
12TurkeyFutbolist123
13TurkeyKlas Digital Athletics202
14BangladeshA1 eSports022
15ThailandSecret Jin000
16ThailandRRQ Athena000

MATCH4(Sanhok)
JapanBLUE BEESはSanhokでもマップの端に降下し車で移動をしていった。
移動中に先導していたLufa選手が落とされ、移動後の隙を突かれてReiji選手がダウンを取られてからSwedenGODSENTと戦闘になった。小屋を囲まれるような形になりsQx選手が1ダウン取るもカバーをされてしまう。Reiji選手も遠方のChinaNova Esports-XQFにキルを取られ、残ったaito’chan選手も逃げて順位を伸ばそうと家屋に隠れたが、SwedenGODSENTがキルを取られないように固まって来てJapanBLUE BEESは壊滅してしまった。

安置がCamp Bravoに寄っていく中で、Camp Bravoの外にいたIndonesiaBigetron Red Aliensは次の安置の南に最初に進み混戦になっていた南側のチームを全て壊滅していった。

先に安置へ移動する赤丸Bigetron Red Aliens、混戦になった緑側の緑丸

IndonesiaBigetron Red Aliensはブルーゾーンに飲まれながら狙ってくるチームを丁寧に落としていき、開けた場所でも射線管理ができているのかダウンを奪われても即座に蘇生をしていった。
Camp Bravoを陣取り圧倒的に有利なThailandRRQ Athenaではなく、その横にいたTurkeyKlas Digital Athleticsのダウンを奪い順位を上げていく。しかし遮蔽物も少なく、広く展開するThailandRRQ Athenaに落とされてしまう。その後はずっとブルーゾーン内で耐久をしていたBangladeshA1 eSportsが落ちてThailandRRQ Athenaがドン勝を獲得した。

日本語公式配信にゲストで出演していたみしぇるさんがThailandRRQ Athenaの動きについて「これまでのThailandRRQ Athenaと違ってBangladeshA1 eSportsとJapanBLUE BEESが戦闘している間に南を大きく移動してましたね」とコメントしていた。
確認してみるとBangladeshA1 eSportsとJapanBLUE BEESが戦闘している間に、更に南を周って以下のようなルートで混戦を避け、その結果いち早くCamp Bravoを陣取っていた。

それに対し解説のYamatoNさんは「これまではランドマークをエリアの中心に構え、安置の中心でやり過ごしながら最後戦っていたが、安置の外側からでも結果を出してきた」とコメント、現在総合3位のThailandRRQ Athenaの強さが出たドン勝になった。

MATCH4結果

順位チーム順位ポイントキルポイントント合計ポイント
1ThailandRRQ Athena15823
2BangladeshA1 eSports121022
3IndonesiaBigetron Red Aliens10717
4TurkeyKlas Digital Athletics8917
5BrazilA7 eSports4711
6USAExecute Esports617
7BrazilLoops Esports246
8ThailandPOWER888 KPS134
9ChinaNova Esports-XQF123
10ThailandSecret Jin112
11MongoliaZEUS ESPORTS112
12TurkeyFutbolist022
13cisKoninaPower101
14JapanBLUE BEES000
15SwedenGODSENT000
16ChinaFour Angry Men000

MATCH5(Erangel)
JapanBLUE BEESはPrimorskに降下し、Reiji選手が1人移動を楽にするために、Quarryに降下した。近くにThailandPOWER888 KPSも降下し、両者一旦は移動をして離れたが、再度海側を漁りに行ったところThailandPOWER888 KPSが漁っていた家屋にReiji選手が入って行く形になりGewwy選手に落とされてしまった。

その後安置への移動中にTurkeyFutbolistと戦闘になり2キル取ったが、Lufa選手とsQx選手も落とされてしまう。残ったaito’chan選手が順位を伸ばそうと安置中心の家屋へ突貫していったが、ChinaNova Esports-XQFが既に陣取っていて壊滅した。

終盤安置はBangladeshA1 eSportsが陣取る家屋付近へ寄って行った。その家屋が西側に位置したことで、西にいたBrazilLoops Esportsは移動が難しく見えた。しかし最後まで周りの様子を見て北にいたBrazilA7 eSportsがBangladeshA1 eSportsの家屋へ突貫するのを見て、BrazilLoops Esportsは一気に安置中心へ移動していった。
一方で東側では、序盤ブルーゾーンに飲まれながらも密集していないポジションを取ったChinaFour Angry Menと、安置際を取りながら周りのチームを寄せなかったIndonesiaBigetron Red Aliensがいる。

緑丸一気に中心へ行くLoops Esports、赤丸A1 eSportsとA7 eSports、青丸Four Angry Men、黒丸Bigetron Red Aliens

BrazilA7 eSportsはBangladeshA1 eSportsが陣取る集落に突貫して行ったが、1つの家屋に集まったことで、グレネードを3つ4つと投げられ1ダウンを奪われた。それをきっかけにBangladeshA1 eSportsが詰めて行き、BrazilA7 eSportsを壊滅し有利なポジションを守った。
また家屋が安置に入ってる内にChinaFour Angry MenやTurkeyKlas Digital Athleticsに射撃を加え、安置中心のBrazilLoops Esportsをグレネードで壊滅していった。

赤丸グレネードを投げるA1 eSports、緑丸安置中心のLoops Esports

中心のBrazilLoops Esportsを壊滅させて、BangladeshA1 eSportsは北側へ車で展開しようとしたがChinaFour Angry MenのSuk選手に落とされてしまう。更にBangladeshA1 eSportsが車でカバーに来たところもChinaFour Angry MenのHasaki選手が落としていく。

BangladeshA1 eSportsに展開させず、ChinaFour Angry Menが広く展開したところ、IndonesiaBigetron Red AliensのRyzen選手がグレネードで1ダウン射撃で2ダウンを奪っていった。しかし即座にRyzen選手をBangladeshA1 eSportsのDANTE選手が落とし、DANTE選手をIndonesiaBigetron Red AliensのZuxxy選手が落としていく。

この3チームが削り合い、この時点でChinaFour Angry Menが3人生存、IndonesiaBigetron Red Aliensが2人生存、BangladeshA1 eSportsが1人生存。
そこでスモークの中にいたIndonesiaBigetron Red AliensをChinaFour Angry MenのSuk選手がグレネードでダブルキルで壊滅させた。
最後はスモークの中にいるBangladeshA1 eSportsのRxJax選手を見えない中決め撃ちして、2ダウンの苦しい中耐えて耐えてグレネードのスーパープレイからChinaFour Angry Menがドン勝を獲得した。

MATCH5結果

順位チーム順位ポイントキルポイントント合計ポイント
1BangladeshA1 eSports121426
2ChinaFour Angry Men15823
3TurkeyKlas Digital Athletics8715
4IndonesiaBigetron Red Aliens10111
5BrazilLoops Esports6511
6cisKoninaPower279
7ThailandPOWER888 KPS426
8TurkeyFutbolist123
9SwedenGODSENT033
10ChinaNova Esports-XQF033
11ThailandSecret Jin112
12USAExecute Esports112
13JapanBLUE BEES022
14BrazilA7 eSports101
15ThailandRRQ Athena101
16MongoliaZEUS ESPORTS011

SuperWeekend2 Day3までの総合結果

順位チームドン勝数順位ポイントキルポイント合計ポイント
1IndonesiaBigetron Red Aliens5189153342
2ChinaFour Angry Men4181157338
3ThailandRRQ Athena3148122270
4BrazilLoops Esports2152117269
5TurkeyKlas Digital Athletics1132131263
6ThailandPOWER888 KPS2122117239
7ChinaNova Esports-XQF2132103235
8ThailandSecret Jin2123112235
9cisKoninaPower2121112233
10BrazilA7 eSports210393196
11TurkeyFutbolist181101182
12JapanBLUE BEES27072142
13BangladeshA1 eSports16154115
14USAExecute Esports05064114
15MalaysiaTeam Secret1414788
16IndonesiaAerowolf LIMAX0464187
17MongoliaZEUS ESPORTS1463278
18NepalAbrupt Slayers0393069
19SwedenGODSENT0233053

各試合のドン勝チーム

MATCH1ドン勝:ThailandPOWER888 KPS
MATCH2ドン勝:cisKoninaPower
MATCH3ドン勝:BrazilLoops Esports
MATCH4ドン勝:ThailandRRQ Athena
MATCH5ドン勝:ChinaFour Angry Men

SuperWeekend1 Day2 個人MVP

個人MVPはBangladeshA1 eSportsのRxJaxが獲得した。MATCH5のErangelを始めとして中遠距離で火力を出し、家屋に突貫された際のグレネードでキルとダメージを稼いでいった。
BangladeshA1 eSportsはSuperWeekend2のみの出場だが多くのポイントを稼ぎ注目が大きくなった。

情報元

【日本語配信】PUBG MOBILE GLOBAL CHAMPIONSHIP SUPER WEEKEND 2 DAY 3
https://www.youtube.com/watch?v=EQtD_MbHEDY
PUBG MOBILE公式YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCmeeY9kzNswUpbYyJntb3Aw
Liquipedia
https://liquipedia.net/pubg/PUBG_Mobile_Global_Championship/2020/League