『PUBG Mobile GLOBAL CHAMPIONSHIP2020』延期されたSuperWeekend1 Day3、日本代表BLUE BEES自分たちで道を切り開き本大会3度目のドン勝

『PUBG Mobile GLOBAL CHAMPIONSHIP2020』延期されたSuperWeekend1 Day3、日本代表BLUE BEES自分たちで道を切り開き本大会3度目のドン勝

日本代表JapanBLUE BEESは不利な状況から自分たちの力で道を切り開きドン勝を獲得した。メンバー交代のあったxQs選手も堂々としたプレイを見せポイントを稼いでいった。
安置にも恵まれない試合もあったがドン勝でポイントを重ね上位とのポイントを縮めSuperWeekend2で順位が伸ばせそうな結果になった。

PUBG Mobile GLOBAL CHAMPIONSHIP2020 SuperWeekend1 DAY3

現地の機材トラブルで延期されていたSuperWeekend1 Day3が12/4に開催された。元々12/4~12/6に予定されていたSuperWeekend2は1日ずれて12/5~12/7に開催予定。
PMGC2020は11/24~12/20まで4週かけて各地域の代表24チームが競い合い、上位16チームが2021年1月トルコで開催されるFinalへ進出する。
毎週3グループ24チームでWeekdays2日間を戦い、Weekdaysの上位16チームが週末のSuperWeekendへ進出する。SuperWeekendは3日間かけて試合をしてSuperWeekendのポイントの合計上位16チームがFinalへ出場する。

SuperWeekend1へ進出した16チーム

IndonesiaAerowolf LIMAX
ThailandPOWER888 KPS
BrazilLoops Esports
ChinaNova Esports-XQF
JapanBLUE BEES
ThailandSecret Jin
NepalAbrupt Slayers
TurkeyKlas Digital Athletics
ChinaFour Angry Men
BrazilA7 eSports
cisKoninaPower
ThailandRRQ Athena
USAExecute Esports
IndonesiaBigetron Red Aliens
TurkeyFutbolist
MalaysiaTeam Secret

試合形式

各試合のマップは以下の通り
Match 1 Erangel
Match 2 Vikendi
Match 3 Miramar
Match 4 Sanhok
Match 5 Erangel

SuperWeekend1 Day2までの総合結果

ここまでのSuperWeekend1 Day1,Day2の総合結果は以下の通り

順位チームドン勝数順位ポイントキルポイント合計ポイント
1ChinaFour Angry Men16663129
2IndonesiaBigetron Red Aliens26252114
3ThailandRRQ Athena1623698
4TurkeyKlas Digital Athletics1524294
5cisKoninaPower1443781
6ChinaNova Esports-XQF1364379
7ThailandSecret Jin0393574
8BrazilA7 eSports1353772
9ThailandAerowolf LIMAX0373471
10BrazilLoops Esports0323466
11NepalAbrupt Slayers0382664
12ThailandPOWER888 KPS0292655
13JapanBLUE BEES1292554
14MalaysiaTeam Secret1212445
15USAExecute Esports0211839
16TurkeyFutbolist0172239

日本代表BLUE BEES自分たちで切り開いたドン勝

この日BLUE BEESはDevine選手の代わりにsQx選手が出場した。MATCH4までは幾度となく安置に嫌われ相手の上手いプレイにも阻まれ順位が伸ばせない試合が続いた。しかし最終戦BLUE BEESは安置に恵まれない中で安置の外と内に対して絶妙な配分でプレッシャーを与えていった。そのままいいタイミングで自分達から戦闘をしていき有利を広げてドン勝を獲得した。
本大会初出場のsQx選手も臆することなく攻めていき、チームとしてもこれまで苦しんでいた面も改善し選手のみならずサポートスタッフの助力も見えた見事なドン勝だった。

MATCH1(Erangel)
安置はやや西側に寄って東端のLipovkaに降下したJapanBLUE BEESはブルーゾーンが来るまで待って移動した。
安置に入ったところで同じようにブルーゾーンに合わせて移動していたIndonesiaAerowolf LIMAXと戦闘になった。IndonesiaAerowolf LIMAXは1-2-1の陣形で大きく離れて移動していてJapanBLUE BEESは割り込んで真ん中の2人を足止めする形で戦闘が始まった。

Lipovkaから移動する赤丸BLUE BEESと1-2-1で移動するAerowolf LIMAX

JapanBLUE BEESは1ダウンを奪ったがIndonesiaAerowolf LIMAXの蘇生が間に合い詰めた所をグレネードでダウンを奪われる。JapanBLUE BEESが蘇生をしている間は人数差がなくグレネードでも時間を稼がれIndonesiaAerowolf LIMAXの離れていた選手もカバーが間に合い再度ダウンを奪われる。
戦闘がやや長引いたことで安置内から様子を伺っていたThailandPOWER888 KPSが介入しIndonesiaAerowolf LIMAXもキルを取られてしまう。そのためIndonesiaAerowolf LIMAXも移動を開始して戦闘は収まった。

戦闘が長引きJapanBLUE BEESはブルーゾーン内を北から安置へ向かうことになった。遅れて移動していたことで他チームの情報も少なく川を挟んだ対岸からaitochanも落とされてReiji選手のみが残る苦しい展開になった。
そこからReiji選手は何とか川を泳いで安置内へ入り粘っていたが思うようにチーム数が減らず安置際をしっかり見ていたChinaFour Angry Menに落とされてしまった。

Ruinsの西側が最終安置になったことで遮蔽物が少なく全てのチームの人数が削れる展開になった。
各チームが人数を削り合う中でIndonesiaBigetron Red Aliensはダウンも奪われていたがキルまでは奪われず3人が生存していた。結果的にIndonesiaBigetron Red Aliens3人、cisKoninaPower2人、ThailandRRQ Athena2人になった。
人数有利のIndonesiaBigetron Red AliensがグレネードでThailandRRQ Athenaをダウンしたが確定キルを取りに行くところをThailandRRQ Athenaのもう1人の選手がグレネードを先に投げていてダウンを返していった。しかしIndonesiaBigetron Red Aliensは焦って蘇生せず移動したことでキルまで取られることなく蘇生に成功し、IndonesiaBigetron Red Aliens3人、cisKoninaPower2人、ThailandRRQ Athena1人になった。

左奥赤丸RRQ Athenaをキルしに行く緑丸Bigetron Red Aliensと予測してグレネードを投げる手前赤丸RRQ Athena

ThailandRRQ Athenaの選手が伏せていたcisKoninaPowerをダウンしキルまで繋げたところをIndonesiaBigetron Red Aliensが即座にThailandRRQ Athenaをキルしていく。
IndonesiaBigetron Red AliensとcisKoninaPowerの3対1になりcisKoninaPowerも1ダウン取るも人数差で押し切られIndonesiaBigetron Red Aliensがドン勝を獲得した。

MATCH1結果

順位チーム順位ポイントキルポイントント合計ポイント
1IndonesiaBigetron Red Aliens15823
2cisKoninaPower12820
3BrazilLoops Esports8715
4MalaysiaTeam Secret6713
5ThailandRRQ Athena10212
6TurkeyFutbolist257
7BrazilA7 eSports426
8ChinaFour Angry Men145
9ThailandSecret Jin145
10USAExecute Esports134
11ThailandPOWER888 KPS044
12IndonesiaAerowolf LIMAX112
13JapanBLUE BEES112
14ChinaNova Esports-XQF011
15TurkeyKlas Digital Athletics011
16NepalAbrupt Slayers000

MATCH2(Vikendi)
この試合はJapanBLUE BEESが降下したViharの北側が安置になった。
JapanBLUE BEESは早めに移動を開始して安置の中心付近を陣取ることに成功した。その後JapanBLUE BEESはReiji選手とaito’chan選手、Devine選手とsQxu選手の2-2に別れて広く周りの情報を取りながら柔軟に対応していった。

スプリットして後列のDevine選手とsQxu選手がブルーゾーン内のチームをけん制して安全を確保して、前列のReiji選手は移動の障壁になりそうな安置内のThailandRRQ Athenaの様子を伺い戦闘をしにいった。
まずaito’chan選手とsQx選手が車で突貫したがThailandRRQ Athenaも反応が早く即座に4人が集まってきた。配信には映ってないがJapanBLUE BEESの2名が同タイミングで家屋の2名にそれぞれダウンを奪われていたため、突貫中に射撃されたと考えられる。
カバーにやってきたLufa選手も岩裏で蘇生をしているところをグレネードで倒されてしまい後方に残っていたReiji選手のみが生存することになった。
1人残ったReiji選手は安置際を移動して7位まで順位を伸ばした。8位と7位では順位ポイントが変わってくるため大きな生存になった。

最後はThailandPOWER888 KPS4人とBrazilA7 eSports3人とBrazilLoops Esports2人の戦闘になった。各チームが安置内へ移動する必要がある中でまずThailandPOWER888 KPSの1人が走って移動したところをBrazilLoops Esportsが落としていく。その隙にBrazilA7 eSportsとBrazilLoops Esportsのそれぞれ1名が車を使って前を取りに行った。
各チームが後方に残っていた選手同士の撃ち合いになりThailandPOWER888 KPSのKorpaii選手がフラッシュをくらいながらもBrazilA7 eSportsを2人ダウンし、一気に有利を作り蘇生も成功させた。
ThailandPOWER888 KPSが3人生存に対し残り2チームは1人生存の状況。人数不利な中BrazilA7 eSportsは回復しているThailandPOWER888 KPSに対しグレネードを投げたが惜しくも届かずBrazilLoops Esportsに落とされてしまう。最後はブルーゾーン内のBrazilLoops Esportsを落としThailandPOWER888 KPSがドン勝を獲得した。

回復する赤丸POWER888 KPSとグレネードを投げる緑丸A7 eSports

MATCH2結果

順位チーム順位ポイントキルポイントント合計ポイント
1ThailandPOWER888 KPS151025
2BrazilLoops Esports12719
3ThailandRRQ Athena8816
4BrazilA7 eSports10313
5MalaysiaTeam Secret6511
6TurkeyFutbolist426
7USAExecute Esports146
8ChinaNova Esports-XQF134
9cisKoninaPower044
10ThailandSecret Jin123
11IndonesiaBigetron Red Aliens123
12JapanBLUE BEES202
13IndonesiaAerowolf LIMAX112
14NepalAbrupt Slayers011
15ChinaFour Angry Men000
16TurkeyKlas Digital Athletics000

MATCH3(Miramar)
序盤JapanBLUE BEESは家屋にいるIndonesiaBigetron Red Aliensに戦闘を仕掛けていく。しかしIndonesiaBigetron Red Aliensは全員が家屋にいると思わせて手前に1名が隠れていて先導していたJapanBLUE BEESのLufa選手が落とされてしまう。

突貫する緑丸BLUE BEESと手前に1人配置する赤丸Bigetron Red Aliens

その後aito’chan選手とsQx選手が続いて家屋に突貫しダウンを奪うも遠くで見ていたIndonesiaAerowolf LIMAXによってダウンを奪われてしまった。後方からカバーをしていたReiji選手も何とかキルを取ろうとしたがIndonesiaBigetron Red Aliensに詰められて落とされてしまった。

終盤ChinaNova Esports-XQFはKing選手が離れた位置から角度を付けBrazilA7 eSportsを横から射撃して動きを制限した。そこへ残っていた選手がグレネードを投げて綺麗な形でキルを奪っていった。

左側画面外から撃つ緑矢印King選手と動きを制限される赤丸A7 eSports

BrazilA7 eSportsもKing選手をキルするも蘇生中にChinaNova Esports-XQFのJimmy選手が詰めてきて落とされてしまった。

最終盤は安置が大きく東に寄った。東側はBrazilLoops Esportsが2チームに挟まれた状況でも精度の高いグレネードと人数有利を活かした人数配分で制圧していった。一方で西側にいたChinaNova Esports-XQFは遮蔽物もなく移動ができずそのまま東側を制圧していたBrazilLoops Esportsがドン勝を獲得した。

MATCH3結果

順位チーム順位ポイントキルポイントント合計ポイント
1BrazilLoops Esports15621
2TurkeyKlas Digital Athletics101121
3ChinaNova Esports-XQF12820
4ThailandSecret Jin8412
5BrazilA7 eSports6511
6MalaysiaTeam Secret4711
7IndonesiaBigetron Red Aliens167
8ThailandRRQ Athena246
9ThailandPOWER888 KPS145
10NepalAbrupt Slayers123
11ChinaFour Angry Men123
12IndonesiaAerowolf LIMAX101
13cisKoninaPower011
14JapanBLUE BEES000
15USAExecute Esports000
16TurkeyFutbolist000

MATCH4(Sanhok)
本大会で初めてSanhokの西側の島が大きく入る安置になった。
西側の島に多くのチームが移動する中でJapanBLUE BEESは国内大会でもよく陣取っていたBoot Campに移動することができた。Boot Camp内を広く取り近づいてくるチームをけん制したが安置が大きく南西に寄りBoot Campが外れてしまった。それでもBoot Campから川沿いの戦闘に加わってキルを取っていったが、更に安置が南西に寄り遮蔽物が少ないSanhokでは移動が難しく落とされてしまった。

最終盤多く人数を残せていたのは安置中心の家屋にいたIndonesiaBigetron Red Aliens3人とその外側の山上にいたBrazilA7 eSports4人だった。
安置がIndonesiaBigetron Red Aliensの家屋に寄りBrazilA7 eSportsにとっては山を下らなくてはいけない苦しい展開になった。IndonesiaBigetron Red Aliensは3つの家屋に広く展開し山上のBrazilA7 eSportsはそれぞれの選手が近い位置にいた。両チームが撃ち合いになり1ダウンを取り合ったがまとまっていたBrazilA7 eSportsが先に蘇生をした。
1人がダウン、1人が蘇生、1人が孤立となったIndonesiaBigetron Red Aliensに対しBrazilA7 eSportsが詰めて行って孤立した選手を倒していった。そのまま囲い込み投擲物でIndonesiaBigetron Red Aliensを追い詰めた。その間にBrazilA7 eSportsの1人が他のチームを壊滅させIndonesiaBigetron Red Aliensも壊滅させてBrazilA7 eSportsがドン勝を獲得した。

味方が近い赤丸A7 eSportsと幅広い緑丸Bigetron Red Aliens

MATCH4結果

順位チーム順位ポイントキルポイントント合計ポイント
1BrazilA7 eSports15419
2IndonesiaBigetron Red Aliens12416
3ThailandRRQ Athena8715
4BrazilLoops Esports10414
5IndonesiaAerowolf LIMAX6410
6TurkeyKlas Digital Athletics178
7ThailandSecret Jin167
8MalaysiaTeam Secret415
9cisKoninaPower145
10USAExecute Esports224
11JapanBLUE BEES134
12ThailandPOWER888 KPS123
13NepalAbrupt Slayers011
14ChinaFour Angry Men011
15ChinaNova Esports-XQF000
16TurkeyFutbolist000

MATCH5(Erangel)
北東から南西へマップの中心を通るような空路に対してYasnaya Polyanaの東が中心となる序盤の安置になった。安置中心が近いJapanBLUE BEESは早い段階で中心付近を位置取ることに成功したが、安置が北西北西に寄って行ったことで大きな移動をすることになった。周りのチームの動きを待ってから1つずつ移動し安置内へ入って行く。
終盤ブルーゾーン内から移動してくる南のcisKoninaPowerもクロージングし南側の安全を確保していく。その後は東側のBrazilLoops Esportsにも自分達から攻めていった。その判断の速さのおかげで山の勾配を上手く使いながら有利に戦闘ができた。その戦いに遠い高所から介入してきたIndonesiaBigetron Red Aliensに対してもLufa選手がダウンを奪ってキルまで繋げていった。そのキルのおかげでIndonesiaBigetron Red Aliensからのプレッシャーも減り北へ自分たちのエリアを広げていき一番の高所を陣取ることができた。

安置外の緑丸KoninaPowerをクロージングする赤丸BLUE BEES
東側を制圧する赤丸BLUE BEES
東のLoops Esportsに攻めていく赤丸BLUE BEES

唯一4人生存のJapanBLUE BEES、TurkeyKlas Digital Athletics3人、ThailandSecret Jin1人になった。TurkeyKlas Digital Athleticsが移動しスモークの中に車を止めたところをLufa選手が予測だけでダウンまで持っていった。Lufa選手もダウンしまうもお互いグレネードは決まらず両者蘇生が成功し、その間にTurkeyKlas Digital AthleticsがThailandSecret Jinを落としていってJapanBLUE BEESとの一騎打ちになった。
JapanBLUE BEESはポジションの有利を活かしダウンされても蘇生をし、ダウンをしたらキルまで繋げ有利を広げていった。最後は人数と体力の有利を作りTurkeyKlas Digital Athleticsを囲い込みsQx選手が決めてJapanBLUE BEESがドン勝を獲得した。

MATCH5結果

順位チーム順位ポイントキルポイントント合計ポイント
1JapanBLUE BEES15924
2TurkeyKlas Digital Athletics12719
3ThailandRRQ Athena8715
4IndonesiaBigetron Red Aliens6915
5ThailandSecret Jin10414
6ThailandPOWER888 KPS4610
7BrazilLoops Esports224
8ChinaNova Esports-XQF134
9TurkeyFutbolist134
10USAExecute Esports123
11MalaysiaTeam Secret033
12ChinaFour Angry Men022
13BrazilA7 eSports101
14cisKoninaPower101
15IndonesiaAerowolf LIMAX011
16NepalAbrupt Slayers000

SuperWeekend1 Day3までの総合結果

順位チームドン勝数順位ポイントキルポイント合計ポイント
1IndonesiaBigetron Red Aliens39781178
2ThailandRRQ Athena19864162
3TurkeyKlas Digital Athletics17568143
4ChinaFour Angry Men16872140
5BrazilLoops Esports17960139
6BrazilA7 eSports27151122
7ThailandSecret Jin06055115
8cisKoninaPower15854112
9ChinaNova Esports-XQF15058108
10ThailandPOWER888 KPS15052102
11MalaysiaTeam Secret1414788
12IndonesiaAerowolf LIMAX0464187
13JapanBLUE BEES2483886
14NepalAbrupt Slayers0393069
15USAExecute Esports0263056
16TurkeyFutbolist0243256

各試合のドン勝チーム

MATCH1ドン勝:IndonesiaBigetron Red Aliens
MATCH2ドン勝:ThailandPOWER888 KPS
MATCH3ドン勝:BrazilLoops Esports
MATCH4ドン勝:BrazilA7 eSports
MATCH5ドン勝:JapanBLUE BEES

SuperWeekend1 Day2 個人MVP

この日も好調を維持し総合1位のIndonesiaBigetron Red AliensからRyzen選手が個人MVPを獲得した。1人残された状況でも3キルを取るスーパープレイもありIndonesiaBigetron Red Aliensの層の厚さを示す結果になった。

情報元

【日本語配信】PUBG MOBILE GLOBAL CHAMPIONSHIP SUPER WEEKEND 1 DAY 3
https://www.youtube.com/watch?v=zbPZApSstMo
Liquipedia
https://liquipedia.net/pubg/PUBG_Mobile_Global_Championship/2020/League