『PUBG Mobile GLOBAL CHAMPIONSHIP2020』Week2 Day2、BLUE BEES強すぎるドン勝でSuperWeekend2へ進出

『PUBG Mobile GLOBAL CHAMPIONSHIP2020』Week2 Day2、BLUE BEES強すぎるドン勝でSuperWeekend2へ進出

日本代表JapanBLUE BEESはMATCH3Erangelで全員がスーパープレイを見せてドン勝を獲得した。Day1,Day2共に安定してポイントを稼ぎ9位でSuperWeekend2への進出を決めた。SuperWeekend1に続き2週連続でSuperWeekendへ進出し2021年1月に開催されるFinalに大きく近づいた。

1位を獲得したのはDay1で3位だったChinaFour Angry Men。卓越したポジション取りによる順位ポイントで大きく差をつけた。キル数でもDay2のキル数ランキングでトップ5に3人が入る活躍を見せた。

PUBG Mobile GLOBAL CHAMPIONSHIP2020 Week2 DAY2

PMGC2020は11/24~12/20まで4週かけて各地域の代表24チームが競い合い、上位16チームが2021年1月トルコで開催されるFinalへ進出する。
毎週3グループ24チームでWeekdays2日間を戦い、Weekdaysの上位16チームが週末のSuperWeekendへ進出する。SuperWeekendは3日間かけて試合をしてSuperWeekendのポイントの合計上位16チームがFinalへ出場する。

出場チーム

Group A
IndonesiaAerowolf LIMAX
POWER888 KPS
Loops Esports
DRS GAMING
GODSENT
Nova Esports-XQF
Archer Gaming
BLUE BEES

Group B
ThailandSecret Jin
NepalAbrupt Slayers
VietnamThe Unnamed
TurkeyKlas Digital Athletics
ChinaFour Angry Men
MongoliaZEUS ESPORTS
BrazilA7 eSports
cisKoninaPower

Group C
ThailandRRQ Athena
USAExecute Esports
RussiaNatus Vincere
IndonesiaBigetron Red Aliens
TurkeyFutbolist
MalaysiaTeam Secret
BangladeshA1 eSports
PhilippinesElites United Team

試合形式

各試合のマップと参加グループは以下の通り
Match 1: Sanhok: Groups AB
Match 2: Vikendi: Groups BC
Match 3: Erangel: Groups AC
Match 4: Miramar: Groups AB
Match 5: Sanhok: Groups BC
Match 6: Vikendi: Groups AC

BLUE BEES全員の強さが出てドン勝を獲得

本日でSuperWeekend2へ進出する上位16チームが決まる。Week1は16位のBLUE BEESが53ポイントでWeek2でも53ポイントが基準になると予想された。9位以下のチームの現在のポイントと53ポイントまでのポイントは以下の通り。

MATCH1(Sanhok)
Day2の開幕は各チームの降下が終わりSouth KoreaArcher Gamingの視点にカメラが切り変わった時にはTurkeyKlas Digital Athleticsを壊滅させていた。現在15位でボーダー付近にいるSouth KoreaArcher Gamingが積極的に戦闘を起こしていった。

フェーズ4で安置が狭くなり各チームのポジション争いが激化する。JapanBLUE BEESは安置の外側から様子を伺いながら移動しているところをLufa選手がダウンし、蘇生に成功するも次はReiji選手がダウンを奪われた。移動の難しいSanhokで安置内の家屋を取っていたChinaNova Esports-XQFとそれまでにも射撃されていたMongoliaZEUS ESPORTSのプレッシャーに移動を制限され入る隙間がなく壊滅してしまった。

移動が制限された赤丸BLUE BEES

最後は高所を取っていたBrazilLoops Esportsと隙を見て先に安置内に入っていたChinaFour Angry Menの3対3の戦闘になった。
高所を取っていたのはBrazilLoops Esportsだったが次の安置からは外れており山を下って移動する必要があった。一方でChinaFour Angry Menは低所ながら安置に入れておりBrazilLoops Esportsを待ち受ける有利な形になった。これまでも多く見られた高所で有利なポジションが安置によって不利に変わる瞬間だった。道路を挟んでおりBrazilLoops Esportsは詰めることも難しく有利の内に勝負を決めることはできなかった。
両者にらみ合いが続く中BrazilLoops Esportsが先にダウンを奪ったがブルーゾーンが迫ってきて移動をすればChinaFour Angry Menに撃たれ、待てばブルーゾーンに飲まれChinaFour Angry Menがドン勝を獲得した。

下る必要のある奥のLoops Esportsと待つ手前のFour Angry Men

MATCH1までの総合結果

MATCH2(Vikendi)
序盤、各チームが戦闘を始める中でBangladeshA1 eSportsとNepalAbrupt Slayersも戦闘になった。家屋にいたNepalAbrupt Slayersを遠距離からダウンを奪ったのをきっかけにBangladeshA1 eSportsの3人が車で即座に詰めて行った。しかし隣の家屋にいた選手に気づけずダウンを返され硬直状態になった。その後撃ち合いに発展するもお互い家屋の内へ外へ立ち回り戦闘が長引いた。
お互いの人数が減っていったところをChinaFour Angry Menが家屋を囲みグレネードを投げていった。NepalAbrupt Slayersが2階で、BangladeshA1 eSportsが1階で耐える中ChinaFour Angry Menが4人で詰めて行く。スモークを焚いて耐えようとするも両チームともChinaFour Angry Menに壊滅されてしまった。
ChinaFour Angry Menは1人キルされてしまったが2チームの戦闘に参加していき6キルを獲得していった。

最後まで家屋を取り大きな戦闘をせず4人を残したMongoliaZEUS ESPORTSと上手くスプリットをして人数配分を変えながら戦闘に勝っていき3人を残したcisKoninaPowerの一騎打ちになった。

スプリットする赤丸KoninaPower


安置がcisKoninaPower側に寄ってMongoliaZEUS ESPORTSは移動しなければいけなくなった。まずMongoliaZEUS ESPORTSのICY選手が車で先行してポジションを取りに行った。MongoliaZEUS ESPORTSの残った選手が後方からcisKoninaPowerの選手をダウンし詰めて行ったが、cisKoninaPowerがグレネードで前線のICY選手の体力を削っていたため蘇生が間に合った。その後は詰め切られる前に高所からMongoliaZEUS ESPORTSを射撃し落とし切ってcisKoninaPowerドン勝を獲得した。

蘇生をする赤丸KoninaPowerと走りで詰める緑丸ZEUS ESPORTS

MATCH3(Erangel)
序盤安置が東側に寄ったことでJapanBLUE BEESは余裕を持って移動ができた。先行していたDevine選手がThailandPOWER888 KPSに射撃を加えていく。Devine選手は削ったところを積極的に車で詰めて行く。回復をして戦闘を避けるように車で移動をするThailandPOWER888 KPSに対しaitochan選手が車の助手席から遠距離でダウンを奪う驚きのプレイを見せてくれた。更にJapanBLUE BEESは冷静に4人が揃うまで待ってから車で詰めて行き2キル目も奪っていった。

助手席からダウンを奪うaitochan選手

その後も安置内の様子を伺いながら内側へ移動していった。その中でTurkeyFutbolistとBrazilLoops Esportsが戦闘し、TurkeyFutbolistのLutz選手がまたも精度の高いグレネードでBrazilLoops Esportsを壊滅した。そこへ様子を伺っていたJapanBLUE BEEが2人残ったTurkeyFutbolistに対し攻めていった。物資を補給していて移動の遅れたLuts選手が移動したところをJapanBLUE BEES全員で車を射撃し1キルを回収していった。

JapanBLUE BEESは周りのチームに対し常に安置内側を取って有利なポジションを維持していく。終盤まで4人が生存し安置へ移動してくるチームに対してもキルポイントを重ねていった。
最後はJapanBLUE BEESが4人生存、BangladeshA1 eSportsが3人生存、ThailandPOWER888 KPSが2人生存の三つ巴になった。遮蔽物が少なくお互いの射線が通る中JapanBLUE BEESはスモークで姿を消しながら前へ進んでいく。ここでDevine選手が後方に1人残って他の2チームをけん制し、残る3人が前線を上げて先にポジションを取っていった。

後方でけん制するDevine選手と前線を上げる他3選手


お互いのチームがキルを取って取られでJapanBLUE BEES2人、BangladeshA1 eSportsが1人生存、ThailandPOWER888 KPSが1人生存で遮蔽物がなく草むらを伏せて移動していく。お互いに射線が通ることでそれぞれのチームが削られていき最後はJapanBLUE BEESのLufa選手とBangladeshA1 eSportsの6NiN3選手の1対1になった。Lufa選手は車を遮蔽にする6NiN3選手へ細かいキャラクターコントロールをしながら前進していった。6NiN3選手が撃とうとするとLufa選手は即座に撃ち返し6NiN3選手の体力を削りながら回復中に詰めて行く。それを繰り返し1回も撃ち合い負けることなく見事この試合最大のダメージとキル数でJapanBLUE BEESがドン勝を獲得した。

MATCH3までの総合結果

MATCH4(Miramar)
中盤Los Leonesが安置の中心になり多くのチームがLos Leonesの家屋を取っていく。しかしLos Leonesの北東に安置が寄り南側いたBLUE BEESは移動が難しい展開になった。

Los Leonesの北東に寄る安置と赤丸BLUE BEES

多くのチームが密集する中Lufa選手とReiji選手が落とされ残ったDevine選手とaitochan選手はブルーゾーン内で耐えることになった。その後もDevine選手がブルーゾーンでダウンし残ったaitochan選手も最後まで粘って安置へ移動したところを壊滅させられてしまった。

空路が南側に寄って安置がLos Leonesの北東に寄って事で多くのチームが南側に集まる中で序盤から大きく北側を陣取ったChinaFour Angry Menが安全に安置内を広く取っていった。

安置内を広く陣取るFour Angry Men

終盤残ったのは安置内のChinaFour Angry Menと安置外から移動するBrazilA7 eSportsとSwedenGODSENTの三つ巴になった。
ChinaFour Angry Menが2チームを同時に射撃する状況でSwedenGODSENTが車でChinaFour Angry Menの33Svan選手の元へ詰めて行った。33Svan選手も岩上からしっかりダウンを奪ったが、岩場から体を出したところをBrazilA7 eSportsに遠距離からダウンを奪われてしまった。SwedenGODSENTと戦闘していた33Svan選手がダウンしたことでChinaFour Angry Menは対応が遅れBrazilA7 eSportsはその隙に前進し有利を作っていった。更に遠い距離のグレネードでダウンを奪い3対1になりキルを取りきってBrazilA7 eSportsがドン勝を獲得した。

遠い距離でグレネードを決めるA7 eSports

MATCH4までの総合結果

MATCH5(Sanhok)
安置が北側へ寄っていき中々チームが減らず安置際の戦闘が激しくなった。その中でキルを取っていくのはまた他チームの隙間を抜けて安置内の家屋を陣取るChinaFour Angry Menと柔軟に大きく安置際を移動したIndonesiaBigetron Red Aliensになった。
ChinaFour Angry Menはブルーゾーンに追われてくるチームを最後までしっかり警戒しチーム全員で射撃を加えていった。IndonesiaBigetron Red Aliensはでブルーゾーンに追われるチームをMicroboy選手1人に任せて他3人が安置内のチームと戦闘していき密集する中でも移動をしていった。
しかしその後安置が西側西側に寄っていきUSAExecute EsportsとRussiaNatus Vincereの陣取る場所が安置になった。ChinaFour Angry MenとIndonesiaBigetron Red Aliensはどちらもブルーゾーン内のチームに粘られて移動が遅れてしまい人数を削られてしまった。今度は自分たちがブルーゾーンに追われる形となり強引に安置内へ移動したところを壊滅させられた。

安置外のチームと戦う赤丸上Bigetron Red Aliensと赤丸下Four Angry Men

安置が寄ったUSAExecute EsportsとRussiaNatus Vincereだったがその2チームの中でも東に位置したRussiaNatus Vincereが挟まれる展開になった。安置中心から北西まで広く陣取ったUSAExecute Esportsはブルーゾーンに追われたチームと戦闘をするRussiaNatus Vincereに詰めて行って壊滅をしていった。USAExecute Esportsがそのまま1人生存したTurkeyFutbolistもキルを取りドン勝を獲得した。

MATCH5までの総合結果

MATCH6(Vikendi)
MATCH5が終了した時点で残り1試合を残して総合8位のJapanBLUE BEESはSuperWeekend2への進出をほぼ確実という状況で始まった最終戦。JapanBLUE BEESは安置中心の家屋に降下してほとんど移動する必要のない安置になった。

安置中心に降下するBLUE BEES

多くのチームが安置の中心に集まる中でJapanBLUE BEESは周りのチームに射撃を加えていってダウンも奪っていく。
その後安置が西側に大きく寄っていきJapanBLUE BEESを含む多くのチームが安置から外れた。JapanBLUE BEESは焦ることなく自分達より外側のチームを待ち受けて移動してきたUSAExecute Esportsをキルしていった。
しかしブルーゾーンに合わせて移動しようとしたところ安置内にいたSouth KoreaArcher Gamingに移動を遅らされブルーゾーンによって壊滅してしまう。安置から外れて混戦になる中でこれまでと違いクロージングをしっかりすることでキルポイントを獲得していった。

最後はSwedenGODSENTとThailandPOWER888 KPSの一騎打ちになった。SwedenGODSENTは高所の小屋をとって3人生存、ThailandPOWER888 KPSは安置内へ移する必要はあるが4人生存という状況。
小屋の遮蔽物を使いながら高所で待ち受けるSwedenGODSENTが有利に見えたがThailandPOWER888 KPSは大量のスモークを残していて射線を切って移動していった。更に小屋外の壁裏に対してグレネードを投げ込みダウンを奪い、遮蔽物から体を出すとTT選手が後方からカバーをして不利を覆して3対2にしていった。

壁裏へのグレネード赤丸、スモークで移動する緑丸、後方からカバーする青丸

3対2で勝負は分からない中、勝負を決めていったのはまたもグレネードだった。壁裏の選手に対してダウンを奪っていった。3対1になり詰めて行って最終戦はThailandPOWER888 KPSがドン勝を獲得した。

勝負を決めたPOWER888 KPSのグレネード

Week2 Weekdays総合結果

SuperWeekend2へ進出する上位16チームが決まった。JapanBLUE BEESはDay2でドン勝を獲得し他の試合も安定した順位で総合9位とDay1から1つ順位を伸ばしSuperWeekend2への進出を決めた。これでSuperWeekend1に続き連続でSuperWeekendへの進出を決めており2021年1月開催のFinalへ大きく近づいた。
総合1位を獲得したのはDay1Day2共に他チームの先手を取る動きと火力を見せたChinaFour Angry Menだった。Day1で大きくリードしていたIndonesiaBigetron Red AliensとTurkeyFutbolistを抜かし順位ポイントで他と大きな差をつける結果になった。
更にDay2のキル数上位5人中3人がChinaFour Angry Menの選手という圧巻の強さを見せた。

各試合のドン勝チーム

MATCH1ドン勝:ChinaFour Angry Men
MATCH2ドン勝:cisKoninaPower
MATCH3ドン勝:JapanBLUE BEES
MATCH4ドン勝:BrazilA7 eSports
MATCH5ドン勝:USAExecute Esports
MATCH6ドン勝:ThailandPOWER888 KPS

Week2 Day2 個人MVP

Week2 Day2の個人MVPはcisKoninaPowerのGonzo選手が獲得した。Day2のキル数では1位の12キル、Day1で23位と苦しんだcisKoninaPowerがGonzo選手の活躍もあり順位を12上げ総合11位でSuperWeekend2への進出を決めた。

情報元

Liquipedia
https://liquipedia.net/pubg/PUBG_Mobile_Global_Championship/2020/League