【日韓戦DAY2】BC SWELLが1ポイント差の優勝で世界大会決定!悔しさを乗り越えてZussy選手涙のインタビュー【PMRC】

【日韓戦DAY2】BC SWELLが1ポイント差の優勝で世界大会決定!悔しさを乗り越えてZussy選手涙のインタビュー【PMRC】

世界大会1枠を懸けた日韓戦の最終日が11月14日に開催された。優勝しか世界へ行けないため上位チームへの初動からの仕掛けや序盤からの積極性が高まる展開になった。優勝争いをするBC SWELLも初動被せなど苦しい状況の中で一貫して自分たちの戦いをしていった。最後の試合まで分からない接戦の中1ポイント差でBC SWELLが優勝した。試合後のインタビューで結果を知ったリーダーZussy選手は涙を流し、一度は世界大会を逃した悔しさが報われた気持ちと世界大会への抱負を語った。

日本出場チーム(PMJL2位~9位)

  • SCARZ(SZ)
    DOGGY / (Favis) / kouMel / Mattun / Naoto
  • Sengoku Gaming(SG)
    SaltGea / がるくん / へこ / 旬の駿 / (桜もなか)
  • BC Swell(BCS)
    (BruR4) / Critical Tomato / (Felicia) / JUSTHIS / Skylar / Zussy
  • UNITE(UNI)
    p1r / Piece / (たまお) / ディーも / マーク
  • Lag Gaming(LAG)
    (Andon) / Howl / MayuC / mizuki / SILK
  • ZETA DEVISION(ZET)
    (IXA) / Kota / Nack / OmikuN / TaiZi
  • FOR7(FSV)
    Fu / Morizou / (Ripo) / (UnEeVeN) / Web / Yuraly1x
  • Donuts USG(USG)
    miya / (MurataXD) / Nuko / Sino / Techi

韓国出場チーム(PMPS2位~9位)

※PMPS1位のHIDDENが世界大会を辞退し、2位のWARRIORS ESPORTSが繰り上げになったため出場チームが変更されている

  • Team Square(TSQ)
    WHORU / Gray11 / Pado / SIG / (SAEWOO)
  • DS Gaming(DS)
    Missile / (ZZP) / SayDen / SPORTA / OS4L
  • Score(SC)
    ONBA / (Auto) / TGLTN / Suk / ONE
  • NTIS(NTS)
    (MATI) / Foxykr / Rudolf / NoEul / Santa
  • PTWKOREA(PTW)
    Pengin / Ruby / (Cruny) / VEAMS / MINU
  • W Jackpot(WJ)
    CARPE / (DS) / S / PDD / KKwak2
  • RedPepper(rP)
    JiNi / GaRoo / Chicken / NIKE / (Lupy)
  • ASA KOREA(ASA)
    Y2NMON / Dante / Keyu / Jaeho / (SIHYUN)

試合形式

Round1:[Erangel]
Round2:[Miramar]
Round3:[Sanhok]
Round4:[Miramar]
Round5:[Erangel]

配信

DAY1https://www.youtube.com/watch?v=MsEt_Kbhs30
DAY2https://www.youtube.com/watch?v=kHRcdVbQfQo

Round1:[Erangel]

空路は西から東へRuinsからYasnayaへ進み、安置はRozhokの東が中心になった。
序盤からLag Gamingが広がっているところにDS Gamingが固まって攻めLag Gamingが3キル取られたり、SCARZとW Jackpotが移動中ぶつかってSCARZが壊滅するなど日本チームとしては厳しい序盤になった。

また序盤から中央の家屋をめぐって戦闘が起き、それを聞いて他のチームも突貫してくる展開になった。

赤丸ZETA DEVISION、緑丸NTIS、黄丸Score、白丸RedPepper、青丸Sengoku Gaming

先に家屋に着いたのはZETA DEVISIONだった。そこにNTISがやってきて家屋を囲むように突貫してきた。ZETA DEVISIONは何とか耐えてグレネードでNTISを壊滅することに成功したが、そこにScoreとRedPepperが突貫してきて3チームの混戦になった。
更にSengoku Gamingは南の丘に移動して離れた位置から射撃を加えていった。ここは最後に家屋に入っていったRedPepperが家屋を奪ってSengoku Gamingの射線を切って生き残っていった。

上図中央の混戦の中でBC SWELLが南端で昨日に続き外側をカットする動きをしているのが分かる。そのままBC SWELLは南側を広く陣取った上で、中盤以降はポジションを守るのではなく先手でポジションを取っていく動きをしていった。

赤丸BC SWELL、緑丸Sengoku Gaming、黄丸PTWKOREA、白丸Team Square

BC SWELLは先手で動き南から東へ移動し丘の上から有利を作っていった。BC SWELLが移動して空いた南のポジションにはPTWKOREAが陣取り、南のDonuts USGやASA KOREAをクロージングしていった。
Sengoku Gamingは序盤でポジション取りを優先し、混戦に安全な位置から介入したことで内側を取ることができていた。更に外のTeam Squareに対ししっかりプレッシャーを与えて突貫させなかった。
その結果Team Squareは中央へ強引に移動し、PTWKOREAの射線を切れずに壊滅した。

最後BC SWELL、Sengoku Gaming、PTWKOREA、中央の小屋で潜むFOR7が残った。

赤丸BC SWELL、緑丸Sengoku Gaming、黄丸PTWKOREA、白丸FOR7

ここからは丘の高所を取ったBC SWELLが車を遮蔽にしながら一方的に撃っていきPTWKOREAを壊滅した。その間もSengoku Gamingも撃ちながらFOR7へ突貫して壊滅し、BC SWELLがドン勝を獲得した。
序盤の南端から進行し、中盤に先手でポジションを取り、ポジション有利を使って周りのチームを動かさない試合の組み立てがとても深かった。

Round1結果

順位チーム順位ポイントキルポイント総合
1位 BC Swell(BCS) 151429
2位 FOR7(FSV) 12315
3位 Sengoku Gaming(SG) 10313
4位 PTWKOREA(PTW) 8513
5位 RedPepper(rP) 6713
6位 Donuts USG(USG) 257
7位 Team Square(TSQ) 404
8位 UNITE(UNI) 134
9位 DS Gaming(DS) 134
10位 ZETA DEVISION(ZET) 044
11位 W Jackpot(WJ) 044
12位 Score(SC) 123
13位 Lag Gaming(LAG) 123
14位 ASA KOREA(ASA) 112
15位 NTIS(NTS) 022
16位 SCARZ(SZ) 000

Round2:[Miramar]

空路は南東から北へ進み、安置はLos Leonesの北が中心になった。
安置はLos Leonesに寄っていき市街地戦になりそうな展開になった。

赤丸BC SWELL、緑丸Team Square、黄丸Sengoku GamingとNTIS、白丸Score、青丸UNITE

BC SWELLはランドマークに近いことを活かし第1フェーズでLos Leones北の高所から情報を取っていった。
Team SquareはLos Leones南の家屋を取って、街の端で中央に近いポジションを取っていった。

東端ではSengoku GamingとNTISがぶつかり、NTISが先にダメージを与えていき引かす暇も与えなかった。
西端ではScoreの家屋へUNITEが突貫していき、周りの射線ももらってScoreが家屋を守っていった。

第4,5フェーズで安置が北東へ寄っていきLos Leonesが外れることになった。

赤丸DS Gaming、緑丸BC SWELL、黄丸Team Square、白丸PTWKOREA

北の山上を取っていたのはDS Gamingだった。先に山付近にいたのはBC SWELLだったが、恐らく安置が街に寄ることを考えて山上を取らない判断をした。一方で高所の強いポジションを取りに行ったDS Gamingという形になった。

BC SWELLは外のSCARZをキルして進路を変えたり、内側に入ったLag Gamingを壊滅して安置に入ろうとしたが、DS Gamingの射線が一方的に通り入ることができず壊滅した。
同じく街寄りのポジションを取っていたTeam SquareもW Jackpotとの戦闘で壊滅し、安置に入ることはできなかった。
東では外から広く展開しながら内側のNTISのポジションを奪ったPTWKOREAが陣取っていた。

しかしDS Gamingの強みでもある個々のフィジカルの強さで全方位にプレッシャーを与えて行き、BC SWELLに続いてPTWKOREAも壊滅し、W Jackpotも壊滅し、最後はRedPepperとの戦闘になった。

最後まで崖上から一方的に撃ってRedPepperのスモークロードの移動も許さずに、DS Gamingがドン勝を獲得した。

Round2結果

順位チーム順位ポイントキルポイント総合
1位 DS Gaming(DS) 151429
2位 RedPepper(rP) 12618
3位 W Jackpot(WJ) 10515
4位 PTWKOREA(PTW) 8412
5位 Team Square(TSQ) 639
6位 NTIS(NTS) 156
7位 Score(SC) 066
8位 ASA KOREA(ASA) 235
9位 BC Swell(BCS) 145
10位 Donuts USG(USG) 145
11位 FOR7(FSV) 404
12位 SCARZ(SZ) 112
13位 Lag Gaming(LAG)112
14位 UNITE(UNI)022
15位 Sengoku Gaming(SG) 011
16位 ZETA DEVISION(ZET) 000

Round3:[Sanhok]

空路は南東から北西へ進み、安置はPai Nanが中心になった。
普段最北に降下するBC SWELLは総合1位ということもあってか、降下を被せられるような展開になった。BC SWELLは冷静に降下場所を変えながらもScoreを2キルしてポイントを稼いでいった。Skylar選手が撃って注意を引いたところでCritical Tomato選手が決めきる連携を見せた。
しかしPTWKOREAも近くに降下し狙ってきており、川を跨いだスプリットからVEAMS選手の遠距離VSSが決まってBC SWELL壊滅することになった。

第3フェーズでも川で分断される安置でポジションの取りづらい展開になった。

赤丸DS Gaming、緑丸SCARZ、黄丸ZETA DEVISION、白丸Team Square

Pai Nanに降下してから中央の川沿い西側を取ったのはDS Gaming、その南にZETA DEVISION、東側を広く取ったのはSCARZ、その南にTeam Squareになった。

安置は南西の島側に寄っていった。

赤丸DS Gaming、緑丸SCARZ、黄丸UNITEとLag Gaming、白丸NTIS、青丸Donuts USG

川沿いの家屋を取っていたDS GamingはクロージングしていきSCARZを壊滅していった。東と西どちらにも寄る安置で、割合の多かった西側にポジションを取っていたDS Gamingが有利になる形だった。
北の家屋ではUNITEが待ち受け、気づいていないLag Gamingに対して確実に倒せる状況まで待ってからディーも選手が一気にキルを取っていった。安置側はDS Gamingがクロージングしていてキルを取られ、UNITEはマーク選手が安置外耐久の選択をした。

安置内はNTISが1-3のスプリットで複数の射線を作って西のRedPepperを安置に入れさせない動きをした。南東側はDonuts USGが最後まで耐えながらスモークを使って安置に入り粘っていた。

最後起伏もほとんどなく、遮蔽物もない平原に安置が寄っていった。安置内はDS Gamingが制圧し、Donuts USGのNuko選手とRedPepperのChicken選手が安置外で耐久しながらチャンスを伺っていた。

お互い20個近いの応急キットを使い耐え、安置内のDS GamingのSPORTA選手が立ち上がった瞬間両選手が射撃をして倒していった。
射撃をしたことで回復は間に合わなくなり、ほんの少しの差でRedPepperがドン勝を獲得した。

Round3結果

順位チーム順位ポイントキルポイント総合
1位 Donuts USG(USG) 12820
2位 RedPepper(rP) 15419
3位 DS Gaming(DS) 10717
4位 W Jackpot(WJ) 8816
5位 NTIS(NTS) 6410
6位 UNITE(UNI) 459
7位 PTWKOREA(PTW) 167
8位 ZETA DEVISION(ZET) 213
9位 Lag Gaming(LAG) 123
10位 Team Square(TSQ) 123
11位 SCARZ(SZ) 123
12位 BC Swell(BCS) 033
13位 FOR7(FSV) 101
14位 Sengoku Gaming(SG) 011
15位 ASA KOREA(ASA) 011
16位 Score(SC) 011

Round4:[Miramar]

空路は北から南西へ進み、安置はLa Benditaの東が中心になった。
Round3で初動被せられたことからBC SWELLはLos LeonesではなくMinas del Surへ降下地を変えていった。

またMonte Nuevoに降下したTeam SquareとDonuts USGが初動ファイトになり、Donuts USGが奇襲を仕掛ける形で2キル取り、人数差を活かして囲むようにポジションを限定していき位置を特定して欠けることなく壊滅していった。

BC SWLLは橋を渡るところをW Jackpotに検問され2キル取られた。
更にDS Gamingも安置際の移動先をNTISに待ち受けられ壊滅し、上位3チームへのプレッシャーが強く厳しい序盤になった。その中で壊滅したTeam SquareとDS Gamingに対してBC SWELLだけが2人生存で生き残ることができた。

残り2戦で序盤から戦闘が起こっていき、安置内から外までまばらな印象になった。

赤丸FOR7、緑丸Sengoku Gaming、黄丸W Jackpot、白丸BC SWELL

安置がLos Leonesが半分、南の山岳地帯が半分になった。BC SWELLとしては街に入って順位を上げるチャンスにZussy選手が安置際の家屋を取っていった。

赤丸BC SWELL、緑丸Donuts USG、黄丸FOR7、白丸RedPepper

西側はDonuts USGが初動Team Squareを壊滅し、その後もキルを取りながら周りのチームの進路を変えて、西を制圧する形になった。
南東の岩山はFOR7が頂上を取っていたが、RedPepperのグレネードを使った攻めでキルを取られて、RedPepperが岩山を陣取ることになった。

最後まで街が入って家屋にチームが密集し、BC SWELLが壊滅した。

最後岩山のRedPepper、家屋のDonuts USGとLag Gamingが残った。先にDonuts USGとLag Gamingが戦闘になり削りあい、1対1になったところをRedPepperが人数をかけてキルしていき、RedPepperがドン勝を獲得した。

Round4結果

順位チーム順位ポイントキルポイント総合
1位 RedPepper(rP) 151227
2位 Lag Gaming(LAG) 12820
3位 Donuts USG(USG) 10818
4位 ASA KOREA(ASA) 808
5位 Sengoku Gaming(SG) 268
6位 ZETA DEVISION(ZET) 617
7位 Score(SC) 167
8位 NTIS(NTS) 156
9位 PTWKOREA(PTW) 145
10位 FOR7(FSV) 404
11位 DS Gaming(DS) 044
12位 W Jackpot(WJ) 123
13位 UNITE(UNI) 033
14位 BC Swell(BCS) 101
15位 SCARZ(SZ) 011
16位 Team Square(TSQ) 000

Round5:[Erangel]

空路は南から北西に進み、安置はRozhokの北が中心になった。
この時点で総合ポイントは、RedPepper 108p、BC SWELL 104p、DS Gaming 98p、Team Square 95pという状況になった。初動からDonuts USGが最後まで1位を目指してRedPepperに被せて行き、miya選手のグレネードで1キル取る展開になった。
そこから家屋に引いたところにW Jackpotが来て、RedPepperが1キル取られることになった。
RedPepperが順位を上げるために早い判断で引いたところに、UNITEが家屋へ突貫し丁寧に詰めて行きW Jackpotを壊滅する積極さを見せた。

RedPepperは更に引いた家屋でもScoreがやってきて、RedPepperが人数差で押し切られて壊滅することになった。

どのチームも激しくポイントを取りに行く状況で、安置はYasnayaの南へ寄っていった。

赤丸BC SWELL、緑丸DS Gaming、黄丸Team Square

BC SWELLはPochinki東の山上から情報を取り、DS Gamingの動きを見て自分たちも移動するような動きをしていった。
DS GamingはBC SWELLのプレッシャーもあって中央の家屋へ入っていった。BC SWELLは安置際から展開する選択をした。Team Squareはチームが集まる中で突貫と耐えを使っていった。

BC SWELLはFOR7の介入もあって2人落として厳しい状況になったが、起伏を使って射線を切りながら耐えていった。序盤プレッシャーを与えてDS Gamingを内側に移動させたのも耐えられた要因になった。

BC SWELLが耐えたことで、UNITEが先に安置への移動を選択しDS Gamingの家屋へ突貫していった。

赤丸UNITE、緑丸BC SWELL、黄丸NTIS、白丸Team Square

UNITEはBC SWELLの近くを通ったが、BC SWELLの位置は稜線で隠れていて情報が取れなかったこと、BC SWELLの位置は安置に入っていなかったこと、ブルーゾーンの収縮が始まっていてBC SWELLと戦闘をする時間がなかったことがBC SWELLの生き残れた要因だと考える。
これはBC SWELLは序盤から情報を取りながら移動したことで情報を取らせないポジションを陣取れたこと、DS Gamingへプレッシャーを与えて戦況をある程度コントロールしたことが大きかった。

UNITEの突貫に対しFOR7も漁夫の利を狙って突貫し、DS Gamingは2チームに囲まれて壊滅した。更にNTISも狙ってFOR7が壊滅し、UNITEはマーク選手がNTISとBC SWELLをほぼ同時にキルして強さを見せた。
BC SWELLは壊滅したが、その前にJUSTHIS選手がNTISをキルして最後までポイントを稼いでいった。

この間にTeam Squareも北側の混戦に巻き込まれて壊滅した。

最後残ったのは東側からポジションを取っていたSengoku Gaming、北西の混戦を抜けたASA KOREA、南を制したUNITEになった。

赤丸Sengoku Gaming、緑丸ASA KOREA、黄丸UNITE

Sengoku Gamingが広くポジションを取り、多くのグレネードを使ってASA KOREA、UNITEを壊滅し、Sengoku Gamingがドン勝を獲得した。

Round5結果

順位チーム順位ポイントキルポイント総合
1位 Sengoku Gaming(SG) 15823
2位 UNITE(UNI) 12921
3位 ASA KOREA(ASA) 10818
4位 PTWKOREA(PTW) 8614
5位 Team Square(TSQ) 617
6位 FOR7(FSV) 167
7位 NTIS(NTS) 167
8位 SCARZ(SZ) 426
9位 BC Swell(BCS) 246
10位 Lag Gaming(LAG) 123
11位 Donuts USG(USG) 123
12位 DS Gaming(DS) 112
13位 Score(SC) 022
14位 W Jackpot(WJ) 011
15位 ZETA DEVISION(ZET) 011
16位 RedPepper(rP) 011

総合結果

わずか1ポイント差でBC SWELLが優勝し世界大会出場権を獲得した。最終試合でBC SWELLの序盤のチームとしての組み立て、最後JUSTHIS選手が目の前のNTISをすぐに撃たず順位を上げてからキルしたポイントの両方が優勝を決めた。

順位チーム順位ポイントキルポイント総合ドン勝数
1位 BC Swell(BCS) 53571101
2位 RedPepper(rP) 71381092
3位 Team Square(TSQ) 60421022
4位 DS Gaming(DS) 44561001
5位 W Jackpot(WJ) 4245870
6位 PTWKOREA(PTW) 4639850
7位 Lag Gaming(LAG) 4737841
8位 ASA KOREA(ASA) 4635811
9位 Sengoku Gaming(SG) 4035751
10位 Donuts USG(USG) 3339720
11位 ZETA DEVISION(ZET) 4228701
12位 UNITE(UNI) 3137680
13位 FOR7(FSV) 3318510
14位 NTIS(NTS) 1236480
15位 Score(SC) 925340
16位 SCARZ(SZ) 1116270

各試合のドン勝チーム

Round1[Erangel]:BC SWELL
Round2[Miramar]:DS Gaming
Round3[Sanhok]:RedPepper
Round4[Miramar]:RedPepper
Round5[Erangel]:Sengoku Gaming

情報元

【日韓戦】PUBG MOBILE RIVALS CUP: JAPAN VS KOREA Day2
https://www.youtube.com/watch?v=kHRcdVbQfQo
PUBG MOBILE JAPAN公式ツイッター
https://twitter.com/PUBGMOBILE_JP
PUBG MOBILE RIVALS CUP JAPAN VS KOREA
https://pubgmobile.jp/pubg-mobile-rivals-cup/