【PMDL DAY6】UNITEが『23キル』ドン勝、終盤すべてをキルする怒涛の勢い【PUBG MOBILE DS LEAGUE】

【PMDL DAY6】UNITEが『23キル』ドン勝、終盤すべてをキルする怒涛の勢い【PUBG MOBILE DS LEAGUE】

DS GAMING主催の日韓リーグDAY6が行われた。マッチ4のエランゲルでUNITEが23キルドン勝獲得した。序盤からグレネードの精度が高く、終盤ではすさまじいエリアコントロールとファイトの強さでは圧巻の一言に尽きる試合だった。他の試合では韓国WORRIORSとTRIDENTが2ドン勝ずつを獲得し韓国チームの活躍が目立つが、日本のチームも随所で強さを見せてくれた。
来週が最終週となり1カ月に渡るリーグに決着がつく。新しいメンバーの加わったチームの成長にも注目したい。

PUBG MOBILE DS LEAGUE(PMDL)

世界大会で7/23,24が中止になり、代わりに8/6,7に日程が追加された

日時7月毎週金曜日 土曜日 20時~6戦(7月9,10日、16,17日、30,31日、8月6日7日)
スクリム毎週水曜日 21時~4戦
配信場所韓国語配信
日本語配信
賞金1位約30万円、2位約15万円、3位約5万円

参加チーム

日本プロリーグPMJLと韓国プロリーグPMPSの各上位8チーム。韓国チームはLiquipediaの登録選手を記載。

  • REJECT(JP)
    SaRa / lapis / Duelo / (Devine) / ReijiOcO
  • SCARZ (JP)
    (DOGGY) / kouMel / Mattun / Naoto / Favis
  • SENGOKU GAMING (JP)
    SaltGea / 桜もなか / へこ / 旬の駿
  • LAG GAMING(JP)
    Andon / (SILK) / MayuC / mizuki / Howl
  • UNITE(JP)
    Piece / たまお / p1r / マーク
  • FOR 7(JP)
    (Fu) / Morizou / Ripo/ Web / UnEeVen
  • DONUTS USG(JP)
    Techi / miyaQAQ / (MurataXD) / (Nuko) / KP / SUPERMAN
  • BC SWELL(JP)
    (BruR4) / Critical Tomato / JUSTHIS / Zussy / Felicia
  • DS GAMING(KR)
    Missile/ZZP/SayDen/SPORTA
  • WARRIORS(KR)
    FAVIAN/JUNI/Forest/Ssung
  • ASA KOREA(KR)
    Y2NMON/Keyu/Dante/SHIYUN/Kagu
  • TEAM SQUARE(KR)
    WHORU/Pado/Akad/S1G/SAEWOO
  • HIDDEN(KR)
    하랑이랑/극진Svan/Msung/PATAN/극진DB69
  • TRIDENT(KR)
    SanTa/WingS/TiZ1/Cohee/빛날래
  • CHATTERS GEAR(KR)
    OGun/DNB/NOVA/m1pung/ARES
  • BARRIERS(KR)
    MINJE/DotDot/N2/Yeong

試合形式

MATCH1: Erangel
MATCH2:Sanhok
MATCH3:Miramar
MATCH4:Erangel
MATCH5:Sanhok
MATCH6:Miramar

ポイントは1キル1ポイント、順位ポイントはPMJLと同様

MATCH1(Erangel)

空路は南西から北東へ進み、安置はShooting Rangeの南が中心になった。
Devine選手の代わりにACADEMYからReijiOcO選手が入ったREJECTはGatka周辺をファームし、Ferry Pier周辺はSENGOKU GAMINGがファームしていった。

情報の取りやすい餃子山はいつも通りSCARZが取っていたがREJECTも取りに来た。一時はSENGOKU GAMINGも参戦しそうだったがRuinsまで引き、REJECTはlapis選手の1ピックからReijiOcO選手のグレネードの追い打ちでSCARZから餃子山を奪って行った。
そこから更にREJECTは次のフェーズで内側を取りに行ってUNITEと戦闘になり、lapis選手の蘇生の判断に加え、SaRa選手の時間稼ぎと囮の動きでUNITEを壊滅していった。

赤丸REJECT、緑丸ASA KOREA、黄丸SENGOKU GAMING

キルしながらエリアをコントロールしたREJECTは広く山上を陣取り安置が寄っていった。同じく安置際で広く取っていたASA KOREAは安置から外れREJECTへ攻めていった。
REJECTは広く取りながら一度は押し返して行けたが、二度目の突貫では勝負をかけてきて、SaRa選手も挟むように対応していった。ダウントレードになったがまとまっているASA KOREAが蘇生を成功しポジションを奪って行った。
東側にいたSENGOKU GAMINGもREJECT側へ詰めてきたことでREJECTは壊滅した。

REJECTとASA KOREAの状況も見ながら動いたSENGOKU GAMINGだったが、DSGAMINGに突貫され、更に終盤まで息をひそめていたFOR7の射撃もあって壊滅した。

REJECTのポジションを奪ったASA KOREAに安置は寄っていき、FOR7、TEAM SQUAREと次々と壊滅していき、ASA KOREAがドン勝を獲得した。

順位チーム順位ポイントキル数合計
1ASA KOREA151025
2DS GAMING101020
3TEAM SQUARE12214
4FOR78412
5SENGOKU GAMING6612
6WARRIOES167
7HIDDEN167
8REJECT156
9CHATTERS GEAR404
10BC SWELL224
11TRIDENT123
12BARRIERS033
13SCARZ022
14DONUTS USG101
15LAG GAMING011
16UNITE000

MATCH2(Sanhok)

空路は北西から東に進み、安置はPai Nanが中心になった。
BootcampではLAG GAMINGとDS GAMINGの初動ファイトが起こり、早い段階でLAG GAMINGが上手くまとまって壊滅していった。

Pai Nanの南東に安置は狭まり、川で分断される安置になっていった。
安置の中心の家屋はSENGOKU GAMINGが抑えていき、Camp Charlieの橋はASA KOREAが、中央の橋はSENGOKU GAMINGとCHATTERS GEARが抑えていく形になった。

赤丸SENGOKU GAMING、緑丸BC SWELL、黄丸FOR7、白丸ASA KOREA

第4フェーズ安置が大きく北に寄り南側が混戦になった。
安置が近いBC SWELLは外から来たLAG GAMINGと戦闘になり、Zussy選手のグレネードで陣形を崩して1人1人落としていった。その間に一番外側だったFOR7は、安置の内側へ移動しBC SWELLを高所で待ち受ける形を作っていった。
TEAM SQUAREの射線もあってBC SWELLは安置に入るのが難しい状況になっていった。

そこに更にSENGOKU GAMINGが漁夫の利を狙い、へこ選手のグレネードでFOR7を2人ダウンして詰めて行ったが、SENGOKU GAMINGの後追って更なる漁夫の利を狙ったASA KOREAがSENGOKU GAMINGを削り、そのままFORとBC SWELLを壊滅した。
全てのキルをASA KOREAが取って戦闘が落ち着いたと思ったら、TEAM SQUAREが詰めてきてASA KOREAを壊滅して南東の混戦を制していった。

最後人数を残していたのは、序盤北側で様子を見ていたWARRIORSとHIDDENだった。HIDDENがブルーゾーン内のBARRIERSに1人落とされたのをきっかけに、WARRIORSはHIDDENへ詰めていった。
丁寧にブルーゾーンの収縮を待って有利を確実にしてWARRIORSはHIDDENを壊滅し、残ったTEAM SQUAREもキルして、WARRIORSがドン勝を獲得した。

順位チーム順位ポイントキル数合計
1WARRIOES15924
2TEAM SQUARE12618
3HIDDEN10414
4ASA KOREA21113
5BC SWELL11011
6UNITE808
7BARRIERS617
8SENGOKU GAMING437
9LAG GAMING167
10TRIDENT145
11CHATTERS GEAR112
12FOR7112
13SCARZ022
14DONUTS USG000
15REJECT000
16DS GAMING000

MATCH3(Miramar)

空路は北西から南東へ進み、安置はHacienda del Patronが中心になった。
Power GridのUNITE対BARRIERSは、UNITEのたまお選手の2キルから始まりUNITEが勝っていった。

第3フェーズで大きく北に安置が寄り、早い段階だったため各チーム大きな戦闘になることなく、先に移動したチームを追いながら安全に移動していった。

赤丸TRIDENT、緑丸SENGOKU GAMING、黄丸REJECT、白丸上BC SWELL、下FOR7

SENGOKU GAMINGは安置への意識が高く先に倉庫を陣取り、それを追うようにREJECTは移動し攻めていった。REJECTはDuelo選手のサポートとグレネードでSENGOKU GAMINGを壊滅し、体制を立て直しながら戦っていたこともあり外側のBC SWELLやFOR7は漁夫にはいかなかった。
その次のフェーズで安置の取り合いになったREJECTとBC SWELLはSaRa選手の活躍で押していたが、中央のTRIDENTから後衛のlapis選手とDuelo選手が落とされREJECTが壊滅した。
そのすぐ後に南で見ていたFOR7がBC SWELLをキルしていった。

終盤、北側では安置内の家屋を取っていたTRIDENTが有利でLAG GAMINGをクロージングし、南側では最後まで待っていたFOR7がBC SWELL壊滅後に展開を始め西のDS GAMINGを削っていった。
DS GAMINGは安置際に1人残っていたUNITEのマーク選手の粘りもあって内側に移動できず、FOR7が取る展開になっていった。
DS GAMINGのSayDen選手の粘りでFOR7が3人で中々キルができず、その間にTRIDENTが車で詰めてきた。
TRIDENTは家屋の後衛と角度を作ってFOR7を追い詰め壊滅していき、最後DS GAMINGのSayDen選手もキルして、TRIDENTがドン勝を獲得した。

順位チーム順位ポイントキル数合計
1TRIDENT151530
2FOR710717
3DS GAMING12315
4LAG GAMING8513
5UNITE6511
6BC SWELL268
7WARRIOES426
8REJECT134
9ASA KOREA123
10SCARZ123
11TEAM SQUARE123
12HIDDEN101
13CHATTERS GEAR011
14SENGOKU GAMING011
15BARRIERS011
16DONUTS USG000

MATCH4(Erangel)

空路は東から西へRozhokを通るルートで、安置はQuarryを中心とした南西に偏るものになった。
入れるポジションも少なく早い段階で多くのチームがQuarry周りに集まった。

Ruins周辺に降下したFOR7は真っ先に安置中心へ移動していったが、後を追ってきたREJECTに1キルされポジションを奪われ、撤退した先ではUNITEの連携によって壊滅した。

REJECTは積極的にHIDDENへ戦闘をしに行き、ReijiOcO選手がグレネードを投げる直前に別チームから撃たれ咄嗟に動きながら投げたグレネードが刺さるレベルの高いプレイを見せたが、Duelo選手がHIDDENを壊滅したと同時にお土産グレネードで両チーム壊滅した。

中心争いをしていたチームがいなくなったQuarryでは、REJECTたちの状況を把握していたSCARZが高所を取り、ASA KOREAを壊滅していった。
フェーズが進み中心はPochinkiとFerry Pierの間になり、中央付近ではUNITEがCHATTERS GEARを壊滅していた。キルログでしか確認できなかったが、マーク選手とp1r選手のグレネードで一気に壊滅していた。UNITEのグレネードと言えばたまお選手だったが、他の選手のグレネードも精度が上がっているのかもしれない。

赤丸LAG GAMING、緑丸WARRIORS、黄丸BC SWELL

第4フェーズまで安置は東に寄っていった。安置の偏りもあって序盤からチームが減っており、外側にいたLAG GAMINGとBC SWELLは一気に中央を取りにいった。
北東の山上から情報を取っていたWARRIORSは東へ移動し、安置の東半分はWARRIORSだけで残りのチームは西半分に固まる展開になった。

その後安置は南西に寄ったが、WARRIORSは周りにチームがいないため丁寧に内側を攻めていき、BC SWELLの取った小屋をグレネードで有利を取ってから突貫して奪って行った。
西側では序盤グレネードで素早く戦闘を終わらせ人数を残したUNITEが家屋を取り、北側のDS GAMINGとBARRIERSを壊滅してポジションを広くしていった。

赤丸UNITE、緑丸LAG GAMING、黄丸WARRIORS、白丸上SENGOKU GAMING、下DONUTS USG

北へポジションを広げたUNITEは北東のLAG GAMINGも削っていき有利を確信して、たまお選手1人にLAG GAMINGを任せ、他の選手は南へ行ってSENGOKU GAMING、DONUTS USGと壊滅していった。
SCARZとの戦闘終わりだったSENGOKU GAMINGを狙うタイミングも完璧で、更に道中東側にいるWARRIORSに対してもダウンを奪う視野の広さだった。

ポジションを広げたUNITEがどんどん進行し、TEAM SQUAREもWARRIORSも壊滅し、UNITEが23キルドン勝を獲得した。

順位チーム順位ポイントキル数合計
1UNITE152338
2WARRIOES12618
3TEAM SQUARE10010
4DONUTS USG819
5SENGOKU GAMING459
6SCARZ268
7LAG GAMING617
8TRIDENT145
9REJECT044
10HIDDEN044
11BARRIERS123
12BC SWELL112
13ASA KOREA112
14CHATTERS GEAR022
15DS GAMING101
16FOR7000

MATCH5(Sanhok)

空路は北から南東へ進み、安置はQuarryが中心になった。
安置的にも穏やかな序盤になったが、南西の島でお互い遅めの移動をしていたUNITEとSCARZが戦闘になり、ブルーゾーン内で戦闘が長引いた。激しいトレードをUNITEが制したが、銃声を聞いたTRIDENTが待ち構え人数を減らしたUNITEも壊滅してしまった。

赤丸HIDDEN、緑丸TEAM SQUARE、黄丸SENGOKU GAMING、白丸BC SWELL

第4フェーズで安置は狭まり、安置中央の意識が高いチームが安置内の家屋を取っていった。
中でもHIDDENは第3フェーズまで安置際で見て、安置が変わった瞬間判断が早かった。BC SWELLも同じように家屋を狙っていったが、HIDDENより陣形が広く先手を取られることになった。

第5第6フェーズと安置は北西に寄り家屋は外れたが、家屋でぎりぎりまで戦況を見ていたチームが有利になった。
REJECTはブルーゾーンに合わせて南から南東へ移動し、後ろのCHATTERS GEARをキルして足止めしながら、前のFOR7を壊滅して安置に入っていった。
しかし更に前のHIDDENと戦闘している間に、最後まで戦況を見ていたSENGOKU GAMINGが後ろを取ってREJECTを壊滅し、削れたHIDDENも壊滅していった。

安置が北西に寄ったことでSENGOKU GAMINGはきつい状況になったが、旬の駿選手が粘ってTEAM SQUAREも壊滅して安置へ入った。
最後、TRIDENT2人、BC SWELLとDS GAMINGとSENGOKU GAMINGが1人ずつ残った。
UNITEを壊滅してブルーゾーンに飲まれながら北東を陣取り、斜面の上を取っていたTRIDENTが次々とキルしていき、TRIDENTがドン勝を獲得した。

順位チーム順位ポイントキル数合計
1TRIDENT15924
2SENGOKU GAMING8917
3DS GAMING12315
4TEAM SQUARE6612
5BC SWELL10111
6HIDDEN4711
7REJECT145
8UNITE055
9LAG GAMING134
10DONUTS USG134
11FOR7213
12ASA KOREA033
13WARRIOES112
14SCARZ022
15CHATTERS GEAR101
16BARRIERS011

MATCH6(Miramar)

空路は西から東へ進み、安置はLos Leonesが中心になった。
Power Gridのプライドファイトは武器差もありBARRIERSがUNITEを壊滅した。

第2フェーズでLos Leonesの南に安置が寄って家屋で戦闘が起こっていき、ASA KOREAを壊滅したREJECTも人数が減り、別の場所で家屋に突貫したHIDDENもSCARZに人数を減らされる展開になった。

赤丸BC SWELL、緑丸WARRIORS

安置は大きく南西の川沿いへ寄り、安置の中心は西の外側を進んで安置を待っていたWARRIORSが陣取り、BC SWELは東の外側を進んで安置の南東を陣取っていた。

WARRIORSとBC SWELLのポジション取りによって、東にいたLAG GAMINGは厳しい状況になりWARRIORSの山下へ避難し、同じく東にいたFOR7やDS GAMINGも足が止まり戦闘になっていった。

安置はWARRIORSの陣取る稜線の多い山に寄っていった。WARRIORSは高所から撃っていき、DS GAMING、TEAM SQUAREを落として山に近づかせなかった。
南のBC SWELLも山の高低差によって高所を取るWARRIORSのタイミングで勝負を仕掛けられ壊滅していった。

最後残ったのは、高所からWARRIORS、山に張り付いたLAG GAMING、少ない人数で順位を上げるため外から状況を見ていたDONUTS USGだった。
人数差こそなかったが高所を取っていたWARRIORSが安置から外れて不利になる前に決めきって、WARRIORSがドン勝を獲得した。

順位チーム順位ポイントキル数合計
1WARRIOES15924
2LAG GAMING12517
3TEAM SQUARE6814
4DS GAMING4913
5DONUTS USG10212
6BC SWELL8210
7BARRIERS167
8FOR7235
9HIDDEN145
10SCARZ134
11REJECT033
12ASA KOREA033
13CHATTERS GEAR112
14SENGOKU GAMING101
15TRIDENT000
16UNITE000

DAY6のみの総合結果

順位チーム順位ポイントキル数合計
1WARRIOES483381
2TEAM SQUARE472471
3TRIDENT333467
4DS GAMING392564
5UNITE293362
6LAG GAMING282149
7ASA KOREA193049
8SENGOKU GAMING232447
9BC SWELL242246
10HIDDEN172542
11FOR7231639
12DONUTS USG20626
13REJECT31922
14BARRIERS81422
15SCARZ41721
16CHATTERS GEAR7512

DAY6までの総合結果

順位チーム順位ポイントキル数合計ドン勝数
1(-)HIDDEN2282624907
2(-)WARRIORS2361784147
3(-)BC SWELL1851473323
4(-)DS GAMING1681573250
5(↑3)ASA KOREA1301562864
6(↑1)TEAM SQUARE1611242853
7(↑3)TRIDENT1411262673
8(↑3)UNITE1311302611
9(↓3)SCARZ1141422561
10(↓1)LAG GAMING154992531
11(↓3)CHATTERS GEAR1161062223
12(-)FOR7123982211
13(-)DONUTS USG116701860
14(-)BARRIERS721041760
15(↑1)SENGOKU GAMING82781600
16(↓1)REJECT60911512

ドン勝チーム

MATCH1:ASA KOREA
MATCH2:WARRIORS
MATCH3:TRIDENT
MATCH4:UNITE
MATCH5:TRIDENT
MATCH6:WARRIORS

情報元

韓国語配信
https://www.youtube.com/watch?v=Sl3moDB6FU4
日本語配信
https://www.youtube.com/watch?v=sarw14zaXCo
北極氏Twitter
https://twitter.com/hokkyoku333
Liquipedia
https://liquipedia.net/pubg/PUBG_Mobile_Pro_Series/2021/Spring