『PUBG Mobile GLOBAL CHAMPIONSHIP2020』SperWeekend1 Day1、Four Angry Menが18キルドン勝の総合1位、日本代表BLUE BEESは総合16位も世界王者に撃ち勝つスーパープレイ

『PUBG Mobile GLOBAL CHAMPIONSHIP2020』SperWeekend1 Day1、Four Angry Menが18キルドン勝の総合1位、日本代表BLUE BEESは総合16位も世界王者に撃ち勝つスーパープレイ

PUBG Mobile最大の公式大会『PUBG Mobile GLOBAL CHAMPIONSHIP2020』SuperWeekend1 Day1が11/27に開催されました

SuperWeekendのDay1、ChinaFour Angry Menが初戦でこれまでの最多キル最多ダメージとなる18キルドン勝を獲得するなど全ての試合で積極的に戦闘を起こし存在感を出し総合1位になった
日本代表BLUE BEESもWeekdays Day2から各チームの安置中心に集まる状況に苦戦する中でも世界王者IndonesiaBigetron Red Aliensと4対4の正面勝負で勝ち切るなど随所に光るプレイがあった

PUBG Mobile GLOBAL CHAMPIONSHIP2020 SuperWeekend1 DAY1

WEEK1のWeekdays2日間を終え上位16チームが進出したSuperWeekend1。このSuperWeekend 3日間×4週間のポイントの合計上位16チームが2021年1月のFinalへ進出する
つまりSuperWeekendの結果が重要なためここからが本当の勝負になる

SuperWeekend1へ進出した16チーム

IndonesiaAerowolf LIMAX
ThailandPOWER888 KPS
BrazilLoops Esports
ChinaNova Esports-XQF
JapanBLUE BEES
ThailandSecret Jin
NepalAbrupt Slayers
TurkeyKlas Digital Athletics
ChinaFour Angry Men
BrazilA7 eSports
cisKoninaPower
ThailandRRQ Athena
USAExecute Esports
IndonesiaBigetron Red Aliens
TurkeyFutbolist
MalaysiaTeam Secret

試合形式

各試合のマップは以下の通り
Match 1 Erangel
Match 2 Vikendi
Match 3 Miramar
Match 4 Sanhok
Match 5 Erangel

世界王者に撃ち勝ったBLUE BEES

Weekdaysのを勝ち抜いた上位16位が3日間をかけて競い合うSuperWeekendの初日、存在感を見せたのはWeekdaysのDay2から積極的な動きを続けたChinaFour Angry Menだった。本日個人MVPを獲得したHasaki選手を始めとして積極的に周りのチームと戦闘を起こし圧倒的なキル数と順位ポイントで2位と16ポイント差、3位と34ポイント差をつけて頭1つ抜けた総合1位を獲得した


日本代表BLUE BEESは序盤から戦闘になる展開が続き順位ポイントが伸び悩み総合16位スタートとなったが世界王者IndonesiaBigetron Red Aliensとの戦闘で勝つなど随所に各選手の判断と連携が光るシーンが見られた。
移動中や車で突貫する際に人数を削られ苦しい展開になることが多く課題が残る結果でもあったが正面からの戦闘では変わらず強さもあり明日のSuperWeekend1 Day2への課題と希望が見える結果となった

MATCH1
序盤JapanBLUE BEESはDEVINE選手、aitochan選手がBrazilA7 eSportsにダウンを取られた。やや離れた位置でダウンしたDEVINE選手を蘇生している間にBrazilA7 eSportsが囲い込むように展開しLufa選手もダウンを取られてしまう。何とかReiji選手1名が生存し順位を伸ばす展開になった

これまで調子のよかったMalaysiaTeam Secretなどが苦戦する中この日もIndonesiaBigetron Red Aliensが遠い距離でも難なくダウンを奪う強さを見せチーム10キルを超える。
しかし最終版広く有利なポジションをとったNepalAbrupt Slayers、窮屈なポジションで耐えるIndonesiaBigetron Red AliensとChinaFour Angry Menという構図になった。
そこからChinaFour Angry MenはグレネードでIndonesiaBigetron Red Aliensの人数を削り、IndonesiaBigetron Red Aliensが隙をついた遠距離射撃でNepalAbrupt Slayersの人数を削り3チームの思惑が交差した結果ChinaFour Angry Menが人数有利になりここまでの最多キル最多ダメージである18キルドン勝を獲得した

MATCH2
マップの中央を通るような空路になってWEEK1DAY2から続く安置の中心にチームが固まる展開で始まった。
序盤cisKoninaPowerとUSAExecute Esportsが戦闘をしているところに状況を見て突貫していったJapanBLUE BEES。キルを取る事には成功したが戦闘していた2チームから射撃され惜しくも落ちてしまう。
ここまで撃ち合いの強さを見せながらも車での突貫がうまくいかないシーンもあったJapanBLUE BEESのReiji選手が以下のようにツイートしており世界大会のレベルの高さがうかがえる

MATCH1から続いてIndonesiaBigetron Red Aliensが次々とキルをとり安置南側を制圧していく。そしてChinaFour Angry MenもMATCH1から積極的な姿勢を崩さずロードキルをしながら存在感を出した
MATCH1に続き最終版に残ったIndonesiaBigetron Red Aliensだったが安置の寄りに嫌われ移動するところをBrazilA7 eSportsがきっちりキルをとりドン勝を獲得した

MATCH3
この試合JapanBLUE BEESは開始直後にすぐ降下しいつもと違う動きで始まった。よく見ると降下の時点からDEVINE選手とaitochan選手の2人しかいない状況だった
最初から2人と言う苦しい中DEVINE選手がIndonesiaAerowolf LIMAXにダウンを取られるもaitochan選手の強気な姿勢のおかげで戦闘にならず蘇生に成功する。
そしてaitochan選手が運転するバイクの後部座席に乗っていたDEVINE選手が撃たれた瞬間バイクから降りて撃ち返し撃ち合いに勝つというスーパープレイを見せてくれた。さすがに2人では厳しくThailandSecret Jinに落とされたが順位も伸ばし2キルも取り苦しい中充分な結果を残した
終盤ChinaFour Angry MenとThailandRRQ Athenaがスモークを焚き合いながらお互いグレネードと決め撃ちで削りあう激しい戦闘があった。ChinaFour Angry Menはその勢いのまま高所から全てのキルを狙う貪欲さを見せたが全てのチームの標的になり落ちてしまった。最後はChinaFour Angry Menの猛攻を耐え人数有利を維持したMalaysiaTeam Secretがドン勝を獲得した

MATCH4
またJapanBLUE BEESが序盤から戦闘を起こしていく。Camp Charlieの中に入ってきたIndonesiaBigetron Red Aliensの周りを囲ってじわじわと距離を詰めて行くJapanBLUE BEES。両チームが近づく緊張感のある中で先にダウンを奪ったのはIndonesiaBigetron Red Aliens。その後確キルを取りに来たところJapanBLUE BEESもダウンを返すも起こされ3対4の不利な状況。しかし囲んでいたことが功を奏しDEVINE選手のダブルキルから2対1の状況を作り最後はReiji選手が難しい1対1を制し見事JapanBLUE BEESが世界王者IndonesiaBigetron Red Aliensを正面から撃破

BLUE BEES vs Bigetron Red Aliens


終盤は山の安置で遮蔽物の少ない中移動を強いられたチームが落とされBLUE BEESも落とされてしまった。そして高所から他のチームを待ち受ける形になったcisKoninaPowerが有利を取りTurkeyKlas Digital Athleticsがダウンを返すも有利を活かしきってcisKoninaPowerドン勝を獲得した

MATCH5
SuperWeekend1 DAY1の最終試合のMATCH5。Military BaseからSchoolまでの安置に対しJapanBLUE BEESは早めに安置中心へ移動する途中先頭を運転するReiji選手がcisKoninaPowerに落とされてしまう。3人になったものの強気に安置の中心へ進んでいくも中心には多くのチームが集まっていてTurkeyFutbolistに落とされてしまう。
最終版圧倒的に人数有利を作ったTurkeyKlas Digital Athleticsが岩裏のChinaNova Esports-XQFのparaboy選手に車で突貫。paraboy選手も1ダウンを取り耐えるも人数差で押し切られてしまう。残るIndonesiaAerowolf LIMAXも人数差で押し切られTurkeyKlas Digital Athleticsがドン勝を獲得した

SuperWeekend1 Day1総合結果

各試合のドン勝チーム

MATCH1ドン勝:ChinaFour Angry Men
MATCH2ドン勝:BrazilA7 eSports
MATCH3ドン勝:MalaysiaTeam Secret
MATCH4ドン勝:cisKoninaPower
MATCH5ドン勝:TurkeyKlas Digital Athletics

SuperWeekend1 Day1 個人MVP

SuperWeekend1 Day1では終始積極的に戦闘をして距離があってもダウンを取り切る射撃と正確なグレネードで強さを見せたChinaFour Angry MenのHasaki選手が納得の個人MVPを獲得した

情報元

Liquipedia
https://liquipedia.net/pubg/PUBG_Mobile_Global_Championship/2020/League