【PMOT GRAND FINAL】グループステージ3Aグループ突破チーム紹介【GNR,STY,ASA,TWG,4st】

【PMOT GRAND FINAL】グループステージ3Aグループ突破チーム紹介【GNR,STY,ASA,TWG,4st】

明日6月26日にPMOT GRAND FINALが開催される。強豪ひしめくグループステージ3を突破したチームを一部紹介する。チームごとの特徴を知ればGRAND FINALの見方も変わる!
GROUP STAGE3のグループごとに紹介しており、他のグループは以下で見ることができる。

GROUP STAGE3記事
Aグループココ
Bグループhttps://pubgmobilenews.jp/post-2226/
Cグループhttps://pubgmobilenews.jp/post-2209/
Dグループhttps://pubgmobilenews.jp/post-2152/

PMOT大会概要

誰でも参加可能なオープントーナメントで上位16チームがPMJL フェーズ2以降に行われるPMCLへ進出する。PMCLの上位2チームがPMJLの下位2チームと入れ替わる仕組みになっている。

大会日程

GROUP STAGE1~3とGRAND FINALで構成される。
GRAND FINALは8チーム4グループの総当たり(6通り)がそれぞれ3ラウンドずつ試合をするので合計18ラウンド行われる。
募集チーム数の関係でGROUP STAGE2,3に進出するチームが変更になった。

開催日ステージチーム数ラウンド数配信の有無
5/22(土)GROUP STAGE1無制限各グループ6ラウンド
6/5(土)GROUP STAGE2128チーム各グループ7ラウンド
6/12(土)GROUP STAGE364チーム各グループ8ラウンド
6/26(土)GRAND FINAL32チーム各グループ9ラウンド(8チーム4グループが総当たりで各3ラウンド)

GRAND FINALグループ表

GRAND FINALのグループは以下の通り。記事では『GROUP STAGE3』のグループごとに紹介しています、ご了承ください。「()」内はGROUP STAGE3のグループと順位。

グループAグループBグループCグループD
Ak(B4位)Alto Lord Purges(C4位)4st(A7位)Ater Lotus(C6位)
AnnihiLatioN(D6位)Bastard(C8位)ASA TEAM JAPAN(A3位)FENNEL(C2位)
Dの一族(A5位)Citrine(B5位)Good 8 Squad(B6位)REJECT ACADEMY(D1位)
FOR7 Youth(B8位)Foresight(D3位)Merci X four(D8位)Relaxedly(B3位)
GrimNight(A1位)IAM(A6位)PHALANX(C1位)SchwarzerLand(D5位)
Naked(D2位)K4(D7位)SBI e-Sports(C5位)Team Assemble(B7位)
SUSANOO GAMING8(C3位)Sirius CoLLISIoN(B1位)SEALs(D4位)THE WAVE gaming(A4位)
れもね~ど(C7位)STYLE(A2位)T.F.project(B2位)Versus Zenith(A8位)

GROUP STAGE3 Aグループ突破チーム

GrimNight(GRN)

・LIFE
・NastyUR
・さとぅり
・RmiQ
・KAME26

チームの連携や押さえたポジションを起点とした制圧や情報戦に重きに置いたスタンダードなチームスタイルでGROUP STAGE3のAグループをトップ通過した。
ポジショニング後、全員でローテーションしながら多方面に射線を引き、常に情報を身を持って回す事により強く意識付けされたポジション意識と、ヘイト管理を巧みに使ったスイッチングが非常に上手くスタンダードながら一枚岩では無いプレイスタイルが特色。

GROUP STAGE3の5戦目Miramarで全員でのローテーションと多方面への射線を見ることができた。
画像の1枚目で安置際の高所から情報を取って北の戦闘に漁夫をしにいった。このとき1人を後方に残すことでポジションを広くとることができている。
その後4人で集まって逆に元居た場所へ3人で情報を取りに行き、画像の2枚目で今度は2-2でポジションを取って情報を取っている。
そして2-2で射線を複数つくり移動してきたASEをキルした。戦闘になっても挟む形を作っている。

漁夫に行きながら広く展開
動きながらポジショニング
複数射線でクロージング

STYLE(STY)

・バケモン
・烈
・範馬
・Dari
・ひゅうが

STAGE3でも揺るがない超攻撃的なムーブで突破しさらに勢いに拍車がかかる。
PMOT出場チームきってのキルに傾いたスタイルでバケモン選手、烈選手、範馬選手、ひゅうが選手全員が接近戦から遠距離戦まで幅広い範囲で爆発的な火力を出せる。決して常にエイムでゴリ押しというわけではなく、確実に有利を取って近接に持ち込むまではキチンと粘る慎重さも持ち合わせている。近接戦においても万が一敵にクラッチプレイをされない細かで緻密な連携を持ち合わせている。
ファイトの持ち込みから制圧まで完璧にこなすスペシャリスト集団。

ASA TEAM JAPAN(ASA)

・lassi
・kasago
・PatoYuta
・Magxxx
・Amber

GROUP STAGE3Aグループの配信回でひたすら見せ場を作ったASA TEAM JAPAN。
このチームもポジショニングに対して非常に高い意識と拘りを持つチームだが、トップ通過のGrimNightのスイッチングとは違い、彼らの持ち味はフォーカスの合わせ方だ。
1戦目のSanhokでも4戦目Miramarでも、自分たちがポジショニングしている位置から、後続に対して必ず半分以上のメンバーが一斉に火力を集中させる。
各々が率先して支持を飛ばし、一番危険度の高い支持に対して火力を集中させる事によって足止めから制圧につなげていく。一度取った強いポジションを確固としたものとしていくスタイルはASA TEAM JAPANの強さを体現している。
有利を手放さないASA TEAM JAPANがGRAND FINALにどんな影響をもたらすのかがとても楽しみである。

THE WAVE gaming(TWG)

・Renge
・ningyo
・shunka
・advance


広く横並びな波状展開の得意を得意とし、その広範囲の情報でマップをコントロールしていく。反面、ファイトのタイミングでは集団になって突破を目指す。個々の生存を重視する場合には各々が散った状態で耐久するなど、状況に応じた変幻自在なムーブが目立つ。
GROUP STAGE3では取れるポジションを取ってから広く展開して情報を取り、変幻自在のファイトスタイルを生かし生存ポイントよりキルポイントで勝ち上がっていった。

4st(4st)

・Lupa
・いんきゃ
・ゆきまる
・にしだァ
・リサ選手

スプリットに重きを置きリスクを最低限に減らたムーブで終盤まで生存を目指すチーム。
スプリットをして、他チームを押し返していく前のめりなスプリットの取り方ではなく、極めて生存重視、最終盤までの人数確保に重きを置いてムーブを進めていく。
外周沿いからのスプリットで着々と歩を進めるスタイルが目立つが、中盤行き詰まった時には車両で1:1:2で中央を貪欲に狙っていく姿も見られる。セーフティなムーブと温存の戦法で優位ポジションを確保し高順位の生存ポイントと溢れたキルポイントを狙っていく。
GROUP STAGE2の5戦目で見せたいんきゃ選手の3枚抜きのようなキルポテンシャルも持ち合わせている。GRAND FINALでもドン勝を見せてくれるか楽しみなチームだ。

他グループの記事

GROUP STAGE3記事
Aグループココ
Bグループhttps://pubgmobilenews.jp/post-2226/
Cグループhttps://pubgmobilenews.jp/post-2209/
Dグループhttps://pubgmobilenews.jp/post-2152/

情報元

PMOT グループステージ特設サイト
https://pmot.j-cg.com/bracket/ffap/7
【PMOT SEASON1】GROUP STAGE 3
https://www.youtube.com/watch?v=4sTcm16DjvQ
PMJL公式Twitter
https://twitter.com/PMJL_official
PMJL公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCF3_KdAet7Ijy-QLxu8-waA