【PMOT GRAND FINAL】グループステージ3Dグループ突破チーム紹介【RCA,NAK,FOS,SLS,SCL,MX4】

【PMOT GRAND FINAL】グループステージ3Dグループ突破チーム紹介【RCA,NAK,FOS,SLS,SCL,MX4】

明日6月26日にPMOT GRAND FINALが開催される。強豪ひしめくグループステージ3を突破したチームを一部紹介する。チームごとの特徴を知ればGRAND FINALの見方も変わる!
GROUP STAGE3のグループごとに紹介しており、他のグループは以下で見ることができる。

GROUP STAGE3記事
Aグループhttps://pubgmobilenews.jp/post-2168/
Bグループhttps://pubgmobilenews.jp/post-2226/
Cグループhttps://pubgmobilenews.jp/post-2209/
Dグループココ

PMOT大会概要

誰でも参加可能なオープントーナメントで上位16チームがPMJL フェーズ2以降に行われるPMCLへ進出する。PMCLの上位2チームがPMJLの下位2チームと入れ替わる仕組みになっている。

大会日程

GROUP STAGE1~3とGRAND FINALで構成される。
GRAND FINALは8チーム4グループの総当たり(6通り)がそれぞれ3ラウンドずつ試合をするので合計18ラウンド行われる。
募集チーム数の関係でGROUP STAGE2,3に進出するチームが変更になった。

開催日ステージチーム数ラウンド数配信の有無
5/22(土)GROUP STAGE1無制限各グループ6ラウンド
6/5(土)GROUP STAGE2128チーム各グループ7ラウンド
6/12(土)GROUP STAGE364チーム各グループ8ラウンド
6/26(土)GRAND FINAL32チーム各グループ9ラウンド(8チーム4グループが総当たりで各3ラウンド)

GRAND FINALグループ表

GRAND FINALのグループは以下の通り。記事では『GROUP STAGE3』のグループごとに紹介しています、ご了承ください。「()」内はGROUP STAGE3のグループと順位。

グループAグループBグループCグループD
Ak(B4位)Alto Lord Purges(C4位)4st(A7位)Ater Lotus(C6位)
AnnihiLatioN(D6位)Bastard(C8位)ASA TEAM JAPAN(A3位)FENNEL(C2位)
Dの一族(A5位)Citrine(B5位)Good 8 Squad(B6位)REJECT ACADEMY(D1位)
FOR7 Youth(B8位)Foresight(D3位)Merci X four(D8位)Relaxedly(B3位)
GrimNight(A1位)IAM(A6位)PHALANX(C1位)SchwarzerLand(D5位)
Naked(D2位)K4(D7位)SBI e-Sports(C5位)Team Assemble(B7位)
SUSANOO GAMING8(C3位)Sirius CoLLISIoN(B1位)SEALs(D4位)THE WAVE gaming(A4位)
れもね~ど(C7位)STYLE(A2位)T.F.project(B2位)Versus Zenith(A8位)

GROUP STAGE3 Dグループ突破チーム

REJECT ACADEMY(RCA)

・Nanokuni
・ReijiOcO
・Nagon
・Lufa

2位のNakedに60ポイント差をつけて、Dグループを1位で通過した超新星チーム。
彼らの強みは「個人能力の高さ」「連携力」を含むチーム全体の「総合力」で非の打ち所がない。世界大会経験者のLufa選手、Reiji選手に劣らないキル数をNagon選手、Nanokuni選手も叩き出しており、個々の強みを掛け合わせたのがREJECT ACADEMYである。STAGE3のキル数は総合1位の84キルと凄まじい破壊力に加え、各選手が取る情報量が多く、多くの選択肢を残した上で最善の選択を取るため、抜群の安定感も兼ね備えている。
目指すはPMCL参入のその先、PMJL。世界までのリベンジは止まらない。

Naked(NAK)

・Nukoppe
・Labo
・MIGIKATA
・Kikurage
・AO

GROUP STAGEを1位、3位、2位と順調に突破し、STAGE3では2回のドン勝を獲得している。
注目すべきは「チャンスを見逃さないムーブ」である。例としてGS3のRound8をご覧頂きたい。この安置が決定した時点で一気に西へ回って、敵のいないであろう麦畑を通り、敵をすり抜けて安置の中央まで進んで行った(水色ライン)。

そして次の安置が決まると青色、紫色ラインのようにポジションを変えて行った。結果的にRSV、RCAと立て続けに突貫をされてしまい順位は振るわなかったが、安置内へのアプローチがとてもスムーズであった。
GRAND FINALでも、いつの間にかNakedが安置中央にいるなんてことがあるかもしれない。

Foresight(FOS)

・Satou
・ぱるたん
・Aruto
・HoLiy
・Puyo

元Revolution PhoeniXとしてPMJL Season0に出場していたPuyo選手、ぱるたん選手が所属しているチーム。
STAGE3では苦戦を強いられて6試合で34ポイントとボーダーから離れていた。しかし、最後の2戦で50ポイントを獲得してGRAND FINAL出場。
ピンチにも負けず、落ち着いたプレイングを土壇場でも発揮できるのがこのチームの強みである。中でもぱるたん選手は、PMJL Season0で「ぱるたんの大冒険」とも呼ばれる、序盤から1人で生き延びてドン勝したこともある。GRAND FINALでも、不死鳥の意思を継いでドン勝への希望を手繰り寄せられるか。

SEALs(SLS)

・おみやت
・ソウ
・弱い子
・EQUÜs
・おいたん

GROUP STAGE2のHグループを1位で通過し、おいたん選手はSTAGE2内で総合2位となる、キル数27キルを獲得している圧倒的エースである。しかし、チームの戦い方はいたって冷静。

STAGE3のRound4では、東側から北へ移動し敵のいない位置を潜り抜け、画像の通り、安置中央のこの家屋をポジショニングすることができた。複数のチームから突貫されてしまうが全て殲滅し、誰一人欠けることなくドン勝した。
ソウ選手、弱い子選手は安置内の家屋で南東の敵をクロージングしており、自分たちが有利なポジションで戦う&北の家屋の味方からカバーをしてもらえるように戦っている。更に恐ろしいのは、山上にいるALNの射線も使って周囲の敵を減らさせ、自分たちのポジションを守り切ったことである。敵をも使っていく「冷静な立ち回り」が彼らの強さである。

SchwarzerLand(SCL)

・坊やてつ
・なりた
・Botty
・Signal
・NicoRai

古豪ScL、堅実なプレイングでついにGRAND FINALへ進出。

STAGE3のRound4で見せたこのポジショニング。水色ラインのように広く展開し、敵の「情報」を多く集めた。その後、青ラインに進んで、RSVとにらみ合いになった。しかし、事前に情報を取れていることから、安置変更後に北上してすぐ倉庫にポジションを移すことができた。
また、他の安置が大きく外れても、大きく回って情報を取りながら安置入りするムーブも組み立てられ、堅実かつ判断の早いポジショニングが彼らの強みである。

Merci X four(MX4)

・ぱぴ’ٮ’
・PokoREV
・社長٭ت7
・む〜み〜

GRAND FINALへ3人スクワッドで駒を進めた異例のチーム。
普段は撃ち合いが強いため、そのファイト力を活かした立ち回りが多い。3人スクワッドとなったGROUP STAGE1以降は、ポジショニングを早め早めに行い、人数不利を返せる戦い方を試行錯誤しているように見える。最下位からの巻き返しにより、ボーダーから1点差でGRAND FINALへの出場となったが、最後まで諦めない精神力でその1点を掴んだ。前人未踏の3人スクワッドでGRAND FINAL出場に期待がかかる。

他グループの記事

GROUP STAGE3記事
Aグループhttps://pubgmobilenews.jp/post-2168/
Bグループhttps://pubgmobilenews.jp/post-2226/
Cグループhttps://pubgmobilenews.jp/post-2209/
Dグループココ

情報元

PMOT グループステージ特設サイト
https://pmot.j-cg.com/bracket/ffap/7
【PMOT SEASON1】GROUP STAGE 3
https://www.youtube.com/watch?v=4sTcm16DjvQ
PMJL公式Twitter
https://twitter.com/PMJL_official
PMJL公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCF3_KdAet7Ijy-QLxu8-waA