【PMIS日韓戦 DAY1】PMJLチームを始め日本の5チームが奮闘、日韓の違いに苦戦するも明日に期待

【PMIS日韓戦 DAY1】PMJLチームを始め日本の5チームが奮闘、日韓の違いに苦戦するも明日に期待

日韓のプロチームによる招待制の大会『PUBG-M INTERNATIONAL SERIES KRJP』のDAY1が開催された。試合数こそ少ないが、日本からはLag GamingやUNITEなどPMJLで活躍しているチームにPMOTを勝ち進むSUSANOO GAMING8、韓国からはプロリーグの優勝チームDS GAMINGを始めトップクラスが参加している。
韓国チームが多く、試合のテンポや動きが引っ張られ日本チームが苦戦する中、特にSUSANOO GAMING8が存在感を見せてくれた。明日DAY2で日本チームがどのように修正してくるか楽しみだ。

概要

PUBG MOBILE INTERNATIONAL SERIES(PMIS)という7DIRECTION ESPORTS主催の大会。6/13,14の2日間開催され、韓国チーム11チーム、日本チーム5チームの日韓のプロチームが競い合う。
賞金総額500 USD。

参加チーム

韓国チーム

  • WARRIOR ESPORTS
  • DS GAMING
  • HIDDEN
  • SCORE
  • TEAM SQUARE
  • TRIDENT
  • OVERPROOF
  • SAVAGE
  • JUSTIS
  • UNBLANCE
  • VERONICA 7

日本チーム

  • SUSANOO GAMING 8
  • LAG GAMING
  • BC SWEEL
  • UNITE
  • DONUT USG
    ※Sengoku Gamingは諸事情により棄権

MATCH1(Erangel)

韓国チーム12チーム、日本チーム5チームの計17チーム。中盤の戦闘では韓国チームの息つく暇もなく展開される戦闘のスピードに翻弄されLag gamingやBC SWELLが壊滅した。

SUSANOO GAMING8は2つの窪みにスプリットしながら幅広くポジション取りをし、投擲物の投げ合いでも正確なグレネードでキルをして、その後も窪みのポジションに入らせないようにプレッシャーをかけていた。
終盤まで残ったが、安置から外れて移動しようと窪みの片側に集まったところを挟まれ壊滅した。

最終盤の戦闘では伏せの状態から精度の高いグレネードで射角を作っていた選手をダウンして、その分広く展開したTRIDENTがドン勝を獲得した。

順位チーム名順位ポイントキルポイント合計ポイント
1TEAM SQUARE121426
2TRIDENT151025
3VERONICA 710717
4SUSANOO GAMING 88513
5WARRIOR ESPORTS6612
6HIDDEN1910
7JUSTIS415
8UNITE044
9DS GAMING044
10UNBLANCE123
11SAVAGE123
12DONUT USG202
13LAG GAMING112
14OVERPROOF101
15BC SWEEL011
16SCORE000
17RvLx000

MATCH2(Miramar)

降下直後UNITEとDonuts USGが戦闘になり削りあい、別の場所ではBC SWELLとSUSANOO GAMING8が戦闘になる展開になった。
第3フェーズでUNITEとDonuts USGがにらみ合うPecadoが中心になり、Lag Gamingも移動してきてPMJLチームの中心への意識が垣間見えた。
Lag Gamingは移動中に2人落とされており、安置が変わった瞬間次の中央の家屋へ移動して、早い判断でいいポジションを取ることができた。しかし韓国プロリーグで優勝したDS GAMINGに突貫され人数差で壊滅した。

第5,6フェーズになると安置の反対側でも射線が通れば即座にダウンを奪われる、一瞬も気の抜けない複雑な戦闘になっていった。
最後残ったのは韓国プロリーグの1,2位のDS GAMINGとWARRIAR ESPORTSになった。安置はWARRIAR ESPORTSに寄ったが稜線がなく、スモークもグレネードも使い切ったところをDS GAMINGがキルしていき、DS GAMINGがドン勝を獲得した。

順位チーム名順位ポイントキルポイント合計ポイント
1DS GAMING151227
2WARRIOR ESPORTS12618
3SCORE10717
4TEAM SQUARE8210
5TRIDENT4610
6VERONICA 72810
7JUSTIS628
8UNITE167
9HIDDEN123
10DONUT USG033
11LAG GAMING112
12UNBLANCE112
13OVERPROOF022
14SUSANOO GAMING 8022
15SAVAGE101
16BC SWEEL000
17RvLx000

MATCH3(Erangel)

降下直後PochinkiでUNITEが惜しくも壊滅するスタートになった。
第3フェーズでMyltaが安置の中心になると一気にMyltaへチームが集まった。その中でもDonuts USGはMyltaの南側の家屋全体を囲むように広く陣取り、BC SWELLはMyltaの北の家屋に集まってポジションを取っていった。

Donuts USGは状況の変化に対応して陣形を狭めていったが、DS GAMINGの選手に近距離戦闘で3タテを決められてしまい壊滅した。

安置からMyltaが外れ、安置の寄りに左右されにくい遅い移動を選択していたSUSANOO GAMING8は空いているポジションに入ることができた。他のチームの移動に対しても即座に反応して、囲い込むような陣形を作って自分たちのポジションが狭くなることを防いでいた。

最後SUSANOO GAMING8が3人、Lag Gamingが4人、HIDDENが4人になった。SUSANOO GAMING8は事前の動きで東側を広く展開し、HIDDENがSUSANOO GAMING8とLag Gamingの両方と戦闘する形になった。
HIDDENが高所取っていたことで低所にいたLag Gamingを壊滅したが、その間にSUSANOO GAMING8が高所を取り返して3対2の有利な状況になり、岩裏のHIDDENを囲むように詰めていった。
HIDDENが1人1人撃ち勝っていき、SUSANOO GAMING8のMACKEN選手との1対1になった。岩上から詰めて撃ち勝ったHIDDENがドン勝を獲得した。

順位チーム名順位ポイントキルポイント合計ポイント
1HIDDEN151631
2SUSANOO GAMING 812719
3LAG GAMING10818
4VERONICA 78311
5TEAM SQUARE617
6JUSTIS437
7TRIDENT257
8OVERPROOF055
9BC SWEEL134
10SCORE044
11DONUT USG123
12DS GAMING123
13UNBLANCE112
14WARRIOR ESPORTS101
15SAVAGE011
16UNITE011

DAY1総合結果

順位チーム名順位ポイントキルポイント総合ポイント
1HIDDEN172744
2TEAM SQUARE261743
3TRIDENT212142
4VERONICA 7201838
5SUSANOO GAMING 8201434
6DS GAMING151833
7WARRIOR ESPORTS191231
8LAG GAMING121022
9SCORE101121
10JUSTIS14620
11UNITE11112
12OVERPROOF178
13DONUT USG358
14UNBLANCE336
15BC SWEEL145
16SAVAGE235

情報元

6.13- PMIS日韓戦 【神視点実況】 5分遅延あり
https://www.mildom.com/playback/12848872/12848872-c32toutaks9883sejolg
※日本語配信では本配信とは別視点で日本チーム中心に映している
{ENGLISH} | 7DIRECTION | PUBG-M INTERNATIONAL SERIES KR 🇰🇷 / JP 🇯🇵 | DAY – 1
https://www.youtube.com/watch?v=BC9QOaVHwhM
7direction_esports instagram
https://www.instagram.com/7direction_esports/