【PMOT GROPE STAGE3】GS2を終えGS3注目チームを大紹介!さらに混乱を極める32チームの狭き門の超えるのはどこだ…。【PUBG MOBILE OPEN TOURNAMENT】

【PMOT GROPE STAGE3】GS2を終えGS3注目チームを大紹介!さらに混乱を極める32チームの狭き門の超えるのはどこだ…。【PUBG MOBILE OPEN TOURNAMENT】

PMOT大会概要

誰でも参加可能なオープントーナメントで上位16チームがPMJL フェーズ2以降に行われるPMCLへ進出する。PMCLの上位2チームがPMJLの下位2チームと入れ替わる仕組みになっている。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 全体図-1024x670.png
X-MOMENT「PUBG MOBILE OPEN TOURNAMENT SEASON1」より引用
https://x-moment.docomo.ne.jp/pubg/pmot/

大会日程

GROUP STAGE1~3とGRAND FINALで構成される。
GRAND FINALは8チーム4グループの総当たり(6通り)がそれぞれ3ラウンドずつ試合をするので合計18ラウンド行われる。
募集チーム数の関係でGROUP STAGE2,3に進出するチームが変更になった。またMitchel氏による交渉によりGROUP STAGEの配信も一部グループ行われることが発表された。

開催日ステージチーム数ラウンド数配信の有無
5/22(土)GROUP STAGE1無制限各グループ6ラウンド
6/5(土)GROUP STAGE2128チーム各グループ7ラウンド
6/12(土)GROUP STAGE364チーム各グループ8ラウンド
6/26(土)GRAND FINAL32チーム各グループ9ラウンド(8チーム4グループが総当たりで各3ラウンド)

GROUP STAGE3

GROUP STAGE3はA~Dまでの4グループあり、水曜日に公式サイトでグループ表が発表された。

グループ表はPMOT公式サイトで確認することができる。https://pmot.j-cg.com/bracket/ffap/7

GROUP STAGE3 注目チーム紹介

GROUP A

STLYE

・バケモン
・ひゅうが
・範馬
・Dari
・烈

 全員が全員ファイトスタイルに傾きSTAGE2のキルポイントが全チーム中トップを収めた爆絶火力チーム。オールレンジ幅広く見える所は全て射程圏内ともしかねない交戦範囲の広さと、それでいて全ての範囲を制することができる圧倒的な火力を持ち合わせ、圧倒的な爆発力で他を寄せ付けずCL進出を目指す。

GrimNight

・LIFE
・NastyUR
・さとぅり
・RmiQ
・KAME26

 GS2ドン勝無しながらひたすら安定して2桁ptを出し続けNasty選手がチームを引っ張り大健闘、全体順位4位タイでGS2を通過した。咄嗟の局面でも崩れずチームとして役割を貫徹することができ、個人の能力も高いレベルでバランスの取れたチーム。安定志向なわけではなく、今一つ足りないものがあった故の0ドンであり、かみ合った時のチームレベルの高さに期待。

GROUP B

MAKING THE ROAD

・Canele
・Raid
・黒桃
・神楽

 チームエースの黒桃選手を主軸に置いた突破力を武器とするが戦術面やムーブはとても慎重に組まれ、タイミングを見計らった詰め引きの判断やファイトのタイミングの計り方が秀逸。またエースに頼り切りではなく、黒桃選手が取りきる形が多いため、一丸となっての戦闘で優位に立つ場面が多い。駆け引きと突破力を武器にCL進出を目指す。

Ak

・Fumin
・えけえむ
・オルメン
・Mero

 荒野行動から部門を移してやってきた刺客たち。オーソドックスなムーブに持ち前の対面撃ち合いの強さ、対人数戦の対応力など、ファイトに関してとても刺さるテンポの速い独自のスタイルを持ち圧倒する。ムーブの差異があったにもかかわらず短期間で順応し、公式大会でも大活躍。全員が全員キルポテンシャルの塊。

Relaxedly

・Chappy
・Hondy
・OsaMoRai
・NATSU
・Chiuuu

 中後半背後からひょんと現れたかと思うと一帯を轢き倒し我が物とする制圧、突破、ポジショニング。必要な全てに対する能力値が各々とても高く、メタが中央に対して意識が高いのに対し自分たちが扱うムーブが気難しいものでもしっかり決め切って薙ぎ倒して行く稀有なチーム。

FOR7 Youth

・Rush
・Yagi
・HRM
・WhiteRay

 万能万全で多種多様なムーブや戦術を惜しみなく奮う。そして彼らの最大の強みはポジションに対する意欲と駆け引き。なんといってもポジショニング力に長けている、中後半に疲弊しているチームに対して絶妙なタイミングで押し込んで必ず抑え込み、そこから周りに不利を押し付けていく。自在な立ち回りで周りを圧倒しキルと生存を両立してく超絶万能チーム。

GROUP C

PHALANX

・Silfey
・H172y
・ZeRoTxT
・SharuTxT
・Apfel

 チームの密な連携と集団戦の強さは体を表すごとくまさに「ファランクス」。中央意識の高さとポジションの堅さ、そのポジションを生かした次への繋げ方で完璧にチームとしての完成度が成り立っている。堅実で高い連携力と緻密に編まれた連携の練度の高さが特徴で手堅く残りドン勝をさらっていく。

FENNEL

たーふぇ
・Rabichan
・ExilianSM
・あきかん
・hodonokuN

 長期間スマホでプレイし名を馳せたあきかん選手やRabichan選手。Sunsisterから籍を移したたーふぇ選手、BBからのExilianSM選手など。個々のパフォーマンスは勿論のこと、チームとして臨機応変さ、対応力と動きの柔軟性、それぞれが幅広い役割をこなし非常に柔軟なチームが組み上がった。

SUSANOO GAMING8

・SANMA〆
・Shimon
・HyoN
・MugiL4te
・MACKEN

 多彩なムーブと粘り強く堅実に伸ばすタフなチーム。世界大会出場経験のあるShimon選手やPMJLの一線で活躍したSANMA選手など、豊富な経験や知識が土台となり数ある戦術を応用的に使いこなす。さらにMACKEN選手やNyoN選手など万能なプレイヤーも揃えたため、さらに広い選択肢が取れるようになった。

EcLaiR

・へちま
・けんぽむ
・ApisQvQ
・Beri
・Mazima

 大会歴の長い経験豊富なBeri選手、へちま選手、けんぽむ選手に加えトライアウトを経てApisQvQ選手とMazima選手が新加入、公式大会下の確かな実績と経験を持つチームの安定した連携や戦術、さらに新戦力がもたらす新しいスタイルとともに再び古豪EcLaiRが頂きを目指す。

Reignite Enamor

・Zień
・Àiueosu
・Amechaso
・Y4my
・XIN

 近年知名度を伸ばしてきたプロチームReigniteがPUBG MOBILEに参戦、PMJCファイナリストのAiueosu選手に加え大会の有力選手の一人として元REJECTのY4my選手が在籍、各々の十分に揃え持ったポテンシャルとそれぞれの個性や織りなされるムーブを武器に戦う要注目なチーム。

GROUP D

REJECT ACADEMY

・Nanokuni
・Reiji
・Nagon
・Lufa

 国内最強のRejectのAcademyチームRCA。屈指のマンパワーを誇るLufa選手に加え、前回大会のPMJCでBBを優勝へ導き世界を経験したスーパーブレインReiji選手が移籍しチームを引っ張る超新星チーム。さらにNagon選手やRCに加入していたNanokuni選手を擁し期待と注目度No.1のチームとなった。GROUP STAGE1では6戦中5ドン勝という驚異の戦績を残し実力を示す形となった。

SchwarzerLand

・坊やてつ
・なりた
・Botty
・Signal
・NicoRai

 過去PMJCファイナルで3位に終わり、あと一歩世界に届かなかった古豪ScL。長年チームを支えてきたBotty選手や坊やてつ選手が核となりチームを引っ張り、さらにScL移籍後チームに再合流を果たしたSignal選手、そしてなりた選手を新たにチームに加え堅実でスタンダードな動きをもとに再び公式大会の頂の舞台を目指す。

終わりに

GROUP STAGE3の結果は公式サイトで確認できる

GROUP STAGEはどの大会でも必ず混迷を極める、必ず突破してくるだろうと予想されていたENTER FORCE.36やCOLORSもGROUP STAGE2で驚きの敗退、残念な結果となった。また、上位チームのポイントもだんだんと団子状に固まり始め、益々の混戦が予想されるGROUP STAGE3。試合の模様は6/12(土)PMJL公式YouTubeチャンネルで配信される。

情報元

PMOT大会特設サイト【https://pmot.j-cg.com/bracket/ffap/7

PMJL公式YouTubeチャンネル【https://www.youtube.com/channel/UCF3_KdAet7Ijy-QLxu8-waA