【PMJL S1 DAY1】遂に最大最高のリーグ開幕、予想を超えるREJECTの活躍『PUBG MOBILE JAPAN LEAGUE SEASON 1』

【PMJL S1 DAY1】遂に最大最高のリーグ開幕、予想を超えるREJECTの活躍『PUBG MOBILE JAPAN LEAGUE SEASON 1』

賞金総額3億円、PUBG MOBILE最大のプロリーグ『PUBG MOBILE JAPAN LEAGUE SEASON 1』が2月13日に開幕した。DAY1は4試合行われ、優勝候補筆頭とも言われるREJECTが2連ドン勝を含む圧倒的なポイントで総合1位に躍り出た。PLAYER OF THE DAYはREJECTのSaRa選手が獲得した。
シーズン総合優勝に向けても、DAY毎の賞金にとってもREJECTがいいスタートをきった。
記事の最初は大会の概要などを記載しているため、試合結果は目次で跳んでいただければ幸いです。

PUBG MOBILE JAPAN LEAGUE SEASON 1

リーグ名PUBG MOBILE JAPAN LEAGUE SEASON 1(略称:PMJL S1)
リーグ運営主催:NTTドコモ
チーム数16チーム(1チーム5名以上、7名まで登録可能)
試合構成年間2Phase制
年間試合数:100試合
試合形式:SQUAD(1チーム4人プレイで16チームが同時に対戦)
スケジュールPhase1:2021年2月13日~5月1日
Phase2:2021年7月~9月(予定)
世界大会への出場条件上期の世界大会:Phase1の優勝チームが出場(予定)
下期の世界大会:年間SEASON総合優勝チームが出場(予定)
賞金等SEASON賞金総額:3億円
その他:賞金とは別に、選手全員に対して年間350万円以上を保証

Day毎の賞金

順位1日賞金
PLAYER OF THE DAY10万円
1位200万円
2位100万円
3位80万円
4位50万円
5位40万円
6位30万円
7位20万円
8位15万円
9位10万円
10位8万円
11位6万円
12位4万円
13位2万円
14位1.5万円
15位1万円
16位1万円

出場チーム

『()』がついている選手はその日リザーブの選手

  • AQUOS DetonatioN Violet(ADV)
    (AstrazZ) / E/ Moka / R41N / S4nkaRea
  • AXIZ(AXZ)
    Amore / Gizzard / (Hanbee) / Ivu / MiNeRv
  • BC Swell(BCS)
    BruR4 / Critical Tomato / (Felicia) / (JUSTHIS) / Skylar / (Tefutefu) / Zussy
  • BLUE BEES(BB)
    aitochan / (maboOcO) / ozisan / sQxOcO / XèRo
  • CYCLOPS athlete gaming(CAG)
    (Aibo) / chanU / CieL / (Kimari–Ronzo) / PsC / 4ever
  • DeToNator(DTN)
    (Daichan) / KaJu / okachan / SHIGE / 18
  • Donuts USG(USG)
    (maakun) / miyaQAQ / MurataXD / Nuko / Sino
  • FOR7(FSV)
    Fu / Morizou / (Ripo) / (UnEeVeN) / Web / Yuraly1x
  • JUPITER(JUP)
    Kota / (Nack) / OmikuN / TaiZi / YasuREV
  • Lag Gaming(LAG)
    Andon / Howl / MayuC / mizuki / (SILK)
  • REJECT(RC)
    (CrazyGoRi) / Devine / Duelo / lapis / (Matyo) / SaRa
  • SCARZ(SZ)
    DOGGY / (Favis) / kouMel / Mattun / Naoto
  • Sengoku Gaming(SG)
    SaltGea / がるくん / へこ / 旬の駿 / (桜もなか)
  • SunSister(SST)
    (Fumiya07) / (Kazuuu) / Massan / Momo / Rerei / TASUYAN
  • UNITE(UNI)
    (Muko) / Piece / たまお / ディーも / マーク
  • 原宿STREET GAMERS(HSG)
    (Kers) / mmtarö / Shiroron / TABI / Tatsu / (りもこん)

大会ルール

各試合のポイントは以下の通りです

順位ポイント
1キル1ポイント
1位15ポイント
2位12ポイント
3位10ポイント
4位8ポイント
5位6ポイント
6位4ポイント
7位2ポイント
8-12位1ポイント
13-16位0ポイント

試合形式

Round1:[Sanhok]
Round2:[Miramar]
Round3:[Erangel]
Round4:[Erangel]

序盤、中盤の動きがドン勝のカギ

4試合とも序盤、中盤の動きが最後まで響くような展開になった。その中でも総合1位を獲得したREJECTは、移動距離が長くても敵の間を縫うように抜け、連携と意思疎通で混戦も生き残り、キル数も十分だった。
またドン勝こそなかったが、序中盤でのリスクを考えた位置取りや動きで順位ポイントを稼いだSunSisterも、3位と高順位のスタートになった。

Round1[Sanhok]

初戦となったSanhokは安置が西の島になった。
LAGとSSTの降下地がスクリムから争っていたというBootCampで被った。長いにらみ合いの中で、西からADVの射線も通りお互い攻めあぐねていた。沈黙を破ったのはLAG_mizuki選手のスナイパー一閃、SST_Massan選手のダウンを奪いLAGが一気に詰めていった。
1人1人削っていってBootCampをLAGが制し、SSTはRerei選手が1人順位を上げるために撤退した。しっかり撤退する道を確保できているのはSSTの視野の広さのなせる技だ。
その傍らBBとSZがブルーゾーン内で戦闘し、なんと最初に壊滅したのは前回覇者のBBになった。SZが待ち受ける形で上手く先手をとった展開だった。

川を渡らなければいけない安置の寄りで、先に西の島へ渡ったチームが着実に後から来るチームを攻撃していった。

西の島に寄ったときは、情報も取れて一方的に撃てる岩山が大きなポイントになる。しかし高所の岩山は降りるのは難しく、如何に強いポジションにいる内に他のチームを壊滅できるかがカギとなる。
そこを陣取っていたのはUNIだったが、DTNに後ろを取られてダウンをされてしまう。その隙にRCが岩山の下に張り付いた。岩山からは撃たれず、射線も限定できる。

赤丸REJECT、緑丸UNITE(2人ダウン)

そこからは安置が狭まり、RCが常に安置の内側へ移動し高所を取って移動するチームを壊滅していく。
そのままRCだけが4人生存で圧倒的な強さを見せて、初戦はREJECTが11キルドン勝を獲得した。

Round1結果

順位チーム順位ポイントキルポイント総合
1位REJECT(RC)151126
2位AXIZ(AXZ)12719
3位Donuts USG(USG)8614
4位SunSister(SST)10111
5位UNITE(UNI)628
6位FOR7(FSV)167
7位AQUOS DetonatioN Violet(ADV)426
8位DeToNator(DTN)156
9位Sengoku Gaming(SG)156
10位SCARZ(SZ)033
11位Lag Gaming(LAG)033
12位JUPITER(JUP)202
13位原宿STREET GAMERS(HSG)112
14位CYCLOPS athlete gaming(CAG)101
15位BC Swell(BCS)000
16位BLUE BEES(BB)000

Round2[Miramar]

空路が東から西へLos Leones上を通るものになった。南に偏り降下地が限られ、SSTはRound1に続いてほかのチームと被ってしまう。
そしてマップ中央に位置するPecadoでは、前々の大会から続くDTNとJUP伝統のプライドファイトになった。
Pecadoは固まって攻めるJUPと広く展開するDTNになり、人数差を活かしてJUPが先にキルを取るか、DTNは前線のDTN_Shige選手が耐えて味方の射線で囲い込むかの勝負になった。DTN_Shige選手が耐えきってPecadoはDTNが制する形になった。

安置が南へ東へ大きく収縮する中で、3チーム4チームによるポジション争いが各地で起こっていく。その中でまたRCが実力を見せていく。
家屋でADVとLAGと戦闘になるが、各選手のポジション取りとカバーで4人生存で生き残る。その後も混戦を切り抜け3人生存で最終局面を迎える。
家屋の戦闘だけでなくその周りのチームの射線も計算した上で動き切り抜けたことが、後のRC_SaRa選手のインタビューから伺えた。

混戦を抜けて最後残ったのはRC3人、UNI2人、BB2人、ADV1人だった。

赤丸REJECT_SaRa選手視点、緑丸UNITE、黄丸BLUE BEES

安置は西側のBBとUNIに寄り、RCはSaRa選手、lapis選手を後方のカバーに置いて他の選手たちが少しずつ安置へ移動をしていく。ADV_Moka選手はRCの後ろを付いていくように隠れながら移動していった。
RCは連携の取れた動きで、UNIに撃たせず、BBからは稜線で撃たれず移動していった。そしてRC_SaRa選手がきっちりとADV_Moka選手に気づいてキルしていった。
RCは3人という人数でも他3チーム5人の動きをけん制し安置に入り、移動するところをキルしていった。
完成度の高い連携を見せてREJECTが2連続ドン勝を獲得した。

Round2結果

順位チーム順位ポイントキルポイント総合
1位REJECT(RC)151429
2位UNITE(UNI)10616
3位BLUE BEES(BB)12315
4位原宿STREET GAMERS(HSG)6713
5位SunSister(SST)4610
6位AQUOS DetonatioN Violet(ADV)819
7位CYCLOPS athlete gaming(CAG)235
8位Donuts USG(USG)145
9位DeToNator(DTN)044
10位BC Swell(BCS)123
11位FOR7(FSV)123
12位Lag Gaming(LAG)112
13位Sengoku Gaming(SG)101
14位AXIZ(AXZ)011
15位SCARZ(SZ)011
16位JUPITER(JUP)000

Round3[Erangel]

Erangelは南西から北西にマップ中央を通る空路、北西のRuinsが中心になるような安置になった。
各チーム削られることなく安定した序盤になった。安置がShooting Rangeの南に寄る中で、内側からクロージングするチームと強いポジションを求めて戦闘を仕掛けるチームの戦いになった。

その中で勝負の分かれ目となったのは、丘上を陣取るSGに対して突貫したRCの戦闘。
お互いスモークを展開しながら1ダウンずつとった。しかしRCとは逆の射線もありSG_旬の駿選手が落とされてしまう。
RCが人数有利になったが、そこからSG_がるくん選手がダウンを取ってはスモークに隠れ、SG_SaltGea選手はRCのスモークが展開しきる寸前でダウンを奪ってからスモークに隠れて攻めさせなかった。
この2人の活躍によって紙一重でRCを壊滅した。

黒線稜線、赤丸Sengoku Gaming、緑丸REJECT、黄矢印ADVの射線

その後安置から外れたSGだったが、強いポジションだったSZが他のチームと戦闘になるのを待ってから戦闘を仕掛けていった。ここでもスモークを使って詰めていき、SG_SaltGea選手とSG_へこ選手が連携して岩裏のSZを壊滅していった。

最後はCAG_4ever選手がLAGの3人をグレネード1つで壊滅するスーパープレイも出た。そしてSGに対してもCAG_4ever選手のグレネードで壊滅すると思われたが、ギリギリのところで全滅は避けられた。
SGも木の裏で耐えていたCAG_4ever選手に対して、精度の高い火炎瓶であぶりだして、Sengoku Gamingがドン勝を獲得した。

Round3結果

順位チーム順位ポイントキルポイント総合
1位Sengoku Gaming(SG)151328
2位CYCLOPS athlete gaming(CAG)12416
3位BC Swell(BCS)10515
4位SCARZ(SZ)41014
5位Lag Gaming(LAG)8210
6位BLUE BEES(BB)628
7位AQUOS DetonatioN Violet(ADV)246
8位JUPITER(JUP)145
9位FOR7(FSV)044
10位REJECT(RC)123
11位DeToNator(DTN)112
12位Donuts USG(USG)022
13位SunSister(SST)101
14位AXIZ(AXZ)201
15位UNITE(UNI)011
16位原宿STREET GAMERS(HSG)000

Round4[Erangel]

空路は降下しやすいものになったが、安置が南西Ferry Pierの西が中心になる半分が海の安置になった。
寄った安置では移動中の戦闘が起こりやすい。安置が南西に寄り混戦を避けるためにAXZは大きく西へ周っていった。しかし先に移動していたSZが待ち受けており、AXZは2-2に分断されキルを奪われてしまった。
SZはAXZが残り2人なことも分かっており、AXZを追うようにして安全に安置へ入っていった。

更にSZは大きく周ってきたHSGにも強いポジションを明け渡さず西側を制圧し、Quarry南の山から全体を見渡すような位置を陣取った。
道路を挟んで南ではRCがJUPと戦闘になり、RCが囲むように攻めRC_SaRa選手が3キルを奪う活躍で制していった。しかしそのRCにもSZの遠距離からの射撃で削られてしまう。

一方混戦となった北側は一足先に安置の内側を陣取っていたLAGが外からくるチームをクロージングし、次の安置へ移動を開始した。
しかしLAGが移動で人数が減っている隙にUNIが攻めてLAGを壊滅していった。
更にUNIが攻めたタイミングでSSTが安置への移動をして有利なポジションを陣取っていく。
しかしSST4人に対して1人残っていたFSV_Yuraly選手が耐えに耐え、その隙にSZがSSTを囲い込むように展開し攻めていく。

赤丸LAGがクロージング後移動、緑丸UNIが攻める、黄丸SZが移動、青丸SZが囲むように移動、画像下部ピンク丸1人残ったFSV

最後までブルーゾーンに追われるSSTに対して、囲んで攻める攻めないの駆け引きをするSZとドン勝を諦めないSSTの戦闘になった。そして中盤に陣取った強いポジションを守り、各チームの動きを見て広く展開したSCARZがドン勝を獲得した。

Round4結果

順位チーム順位ポイントキルポイント総合
1位SCARZ(SZ)151429
2位SunSister(SST)12315
3位FOR7(FSV)10212
4位UNITE(UNI)8311
5位REJECT(RC)6410
6位Lag Gaming(LAG)2810
7位BC Swell(BCS)178
8位AQUOS DetonatioN Violet(ADV)415
9位JUPITER(JUP)145
10位BLUE BEES(BB)134
11位DeToNator(DTN)112
12位Donuts USG(USG)022
13位AXIZ(AXZ)101
14位原宿STREET GAMERS(HSG)000
15位Sengoku Gaming(SG)000
16位CYCLOPS athlete gaming(CAG)000

Day1総合結果

なお選手側の方でラウンド中に回線が切れ試合中に復帰できなかった場合は、ルールに則りその選手がその試合で獲得していたキルポイントを0として扱う。
Round2のADV_E選手のキルポイント1が0へ変更、Round4のCAGも同様の処置でキルポイント1が0へ変更されている。

順位チーム順位ポイントキルポイント総合
1位REJECT(RC)373168
2位SCARZ(SZ)192847
3位SunSister(SST)271037
4位UNITE(UNI)241236
5位Sengoku Gaming(SG)171835
6位BLUE BEES(BB)19827
7位FOR7(FSV)121426
8位BC Swell(BCS)121426
9位AQUOS DetonatioN Violet(ADV)18725
10位Lag Gaming(LAG)111425
11位Donuts USG(USG)91423
12位CYCLOPS athlete gaming(CAG)15722
13位AXIZ(AXZ)14822
14位原宿STREET GAMERS(HSG)7815
15位DeToNator(DTN)31114
16位JUPITER(JUP)4812

Day1:PLAYER OF THE DAY

Day1の個人MVPは総合1位REJECTのオーダーとしての2連ドンに加えて、キルでもかなりの貢献をしたSaRa選手が獲得した。

各試合のドン勝チーム

Round1[Sanhok]:REJECT
Round2[Miramar]:REJECT
Round3[Erangel]:Sengoku Gaming
Round4[Erangel]:SCARZ

情報元

【PMJL SEASON1】Phase1 Day1
https://www.youtube.com/watch?v=Ophw1vBV13c
X-MOMENT 公式HP
https://x-moment.docomo.ne.jp/pubg/pmjl/
PUBG MOBILE JAPAN LEAGUE 公式ツイッター
https://twitter.com/PMJL_official
X-MOMENT【公式】ツイッター
https://twitter.com/XMOMENT_esports