【PMJLチーム紹介】BLUE BEES、日本の青い蜂 国内3連覇へ

【PMJLチーム紹介】BLUE BEES、日本の青い蜂 国内3連覇へ

国内最大のPUBG MOBILEリーグ『PUBG MOBILE JAPAN LEAGUE SEASON 1』が2月13日(土)に開幕する。
NTTドコモが主催し、賞金総額は国内最大級の3億円、通年を通しての運営や賞金とは別に選手への給与350万円以上を保証などその規模が話題になっている。

BLUE BEESとは

2018年に設立され2020年株式会社になった。
PC版PUBGでは2019年のPJS Season2にて総合優勝。PUBG MOBILEでは先日のPMJL Season0で総合優勝し、世界大会へ出場。
そしてValorant部門はXrossCup優勝とチームとして波に乗っている。

世界大会を経験をしたaitochan選手、sQxOcO選手、そして今回マネージャーから選手になったmaboOcO選手に加え、ozisan選手、XèRo選手を新たな戦力として迎え入れNew BLUE BEESとしてPMJL Season1に挑む。

『全員俺に倒されろ』aitochan選手

生年月日2002/9/20
ポジションオールラウンダー
実績S2クルーチャレンジKRJP TPP決勝進出
S3クルーチャレンジKRJP TPP 4位
PMJL Season0 優勝
Red bull M.E.O Season3優勝
PMGC Season0 17位など
YouTubehttps://youtube.com/channel/UCK93sToW2bgPuB6VJAszgOQ

BLUE BEESをずっと守り、戦い続けた設立初期メンバー最後の一人。

aitochan選手は世界大会であまり使われない『DBS』を好んで使い、彼の代名詞になる程の活躍をした。それを見たタイ代表RRQ Athenaの司令塔G9選手がDBSを使うようになり、同チームのD2E選手はその様子をaitoG9(aitochan+G9)と言い出す程だった。
更にはタイの視聴者や世界大会キャスターのDave氏もaitochanのファンになり、その名を世界にとどろかせた。

世界からも注目される選手兼リーダーとして国内大会3連覇を目指し、新体制のBLUE BEESを牽引する。
世界大会のハイライトを見れば、世界も驚くプレイに期待が高まる。

『BLUE BEESの大黒柱』sQxOcO選手

生年月日18歳
ポジションオーダー
実績PMJL Season0 優勝
スマホ王決定戦 優勝
PMGC Season0 17位など
YouTubehttps://youtube.com/channel/UCiunmxr_xbcQmb8UKG43Pbg

PMJL Season0の優勝にも大きく貢献し、世界大会でも要所要所できっかけを作りドン勝へ導いた。
年齢制限のため出場できないReiji選手が脱退し、オーダーを引き継ぐ形になった。最近ではaitochan選手と2人で前線を張ることが多かったが、オーダーになりどういう形になるのか注目だ。

韓国代表とのTDM対決の様子が動画でアップされており、撃ち合いの強さは間違いなくブルドーザーの一員。加えて試合中にメンバーを人一倍褒めるなど『ムードメーカー』でもある。

また、aitochan選手に起床の様子を撮影され可愛らしい寝姿が見られる。

『世界へ紡ぐ サポートから選手へ』maboOcO選手

生年月日2002/8/1
ポジションサポート
実績BlueBeeマネージャー
YouTubehttps://youtube.com/channel/UCaDExbsx7RWFeE2alzOcelg
Mildomhttps://www.mildom.com/10391470

BLUE BEESを影で支えてきたマネージャー、普段は『くろまく』氏として名が通っている。
Twitterでは『今回もマネージャーとしてサポートに回ることが多いと思いますが』と謙虚なツイートをしていたが、オーナーからは『決してリザーブではなく、レギュラー兼アナリストを目指してください。』と背中を押されている。

これまでもマネージャーとして支えながら一流の選手たちとプレイもしており、18歳と若く、aitochan選手に1対1で勝つこともあるほど選手としても実力者である。

試合前のホテルの様子がaitochan選手によってアップされており、maboOcO選手推しが更に増えるであろう。

『敵を刺す 新しい毒針』ozisan選手

生年月日1998/9/22
ポジションアタッカー
実績
Mildomhttps://www.mildom.com/11122810

PMJL Season1優勝を目指してBLUE BEESに加入。
強豪チームが参加したユーザー主催大会「ぽちCUP」では、強豪を抑え1位、更にモストキル賞も獲得している。
プロチームが多く参加するスクリムでも、上位を取ることも珍しくなくozisan選手はキルランキングの常連とも言えるアタッカーである。元々スマホ端末でプレイしており、PMJL Season1での活躍に注目が集まる。

生配信の企画にて38キル5200ダメージ越えを達成し、その『撃ち合い』の能力の高さはずば抜けており、KDは驚きの10以上。
名前は『おじさん』だが22歳という若さでまだまだ現役である。また『おじさん』という名前は気に入っており、ゲーム内ではクラン『おっさんずラブ』を設立、おじさんに相当なこだわりを見せている

『眠れる猛者が盤面を掌握する』XèRo選手

生年月日2001/2/28
ポジションサポート
実績
YouTubehttps://youtube.com/channel/UCcknrvdmPGNKOAJLef7oChw

今大会の『ダークホース』枠。
過去の情報を深く追うことができなかったが、プロ選手との交流は多い。
人脈もさることながら実力もあり、撃ち合いだけに特価しているのではなく『フィールド』を使うことが上手い。

このハイライトでも少しの稜線や障害物の使い方が巧みで、撃ちあいの駆け引きも細かく行い被弾は少なく一方的に撃つことが多い。1対多数でも、体力が少なくても勝つ可能性が高く、どんな状況でも最後の最後までXèRo選手から目を離してはいけない。
このような『フィールド』を上手く使い、PMJL Season1では超攻撃型BLUE BEESの門番として立ちはだかる。

また髪色も色んな色で悩み、髪型も『センターパート』か『マッシュ』かアンケートを実施している。PMJL Season1では髪型がどういう変化をしていくかにも注目だ。

まとめ

BLUE BEESは『PMJL Season0』、『Red Bull M.E.O. Season 3』で連覇しており、『PMJL Season1』で3連覇を目指す。世界大会からメンバーは大きく変わったが、そのプレッシャーをはねのけ新生BLUE BEESの生み出すドラマに期待が集まる。

青い蜂というのは実在しており、滅多に見ることができない希少種であることから『幸せを呼ぶ青い蜂』とも呼ばれている。日本の青い蜂が華麗に舞い、敵を刺し、幸せのドン勝を呼び込むか要注目。

情報元

X-MOMENT公式HP
https://x-moment.docomo.ne.jp/
各選手ツイッター
aitochan選手 https://twitter.com/aitopubgm
sQxOcO選手 https://twitter.com/sqadlx
maboOcO選手 https://twitter.com/96mkpubg
ozisan選手 https://twitter.com/slzozisan
XèRo選手 https://twitter.com/_0___x_x___