『PUBG Mobile GLOBAL CHAMPIONSHIP2020 Finals』Day4、最終日最終戦まで接戦の優勝争い、優勝はNova Esports

『PUBG Mobile GLOBAL CHAMPIONSHIP2020 Finals』Day4、最終日最終戦まで接戦の優勝争い、優勝はNova Esports

最終日、上位3チームはそれぞれドン勝を取り一歩も譲らず、最終戦までどのチームが優勝するか分からない接戦になった。その中で最終戦まで安定した活躍で差を広げNV-XQFが優勝、2位はFour Angry Men、3位はZEUS ESPORTSとなった。個人MVPはFour Angry MenのSuk選手が獲得した。個人賞で最長キルが463メートルなのは驚いた。
予選からわずか5週間で137試合という過密スケジュールを完遂した選手、チームや運営関係者の方々にも心より感謝の意を表したい。

PUBG Mobile GLOBAL CHAMPIONSHIP2020 Finals

2020年12月に24チームで行われた予選の上位16チームが、2021年1月21日~24日ドバイで行われるFinalsに出場する。
22日、23日がそれぞれ現地の機材トラブルで延期となったため1月25日,26日も試合が行われることになった。

Finalsへ進出した16チーム

ChinaFour Angry Men
IndonesiaBigetron Red Aliens
ThailandRRQ Athena
cisKoninaPower
TurkeyKlas Digital Athletics
ThailandSecret Jin
TurkeyFutbolist
ChinaNV-XQF
ThailandPower888 KPS
NepalAbrupt Slayers
BrazilAlpha7 E-sports
MongoliaZEUS ESPORTS
RussiaNatus Vincere
IndonesiaAerowolf LIMAX
MalaysiaTeam Secret
BangladeshA1 eSports

試合形式

Day1で回線に不調があったためDay2は1日7戦、Day3,4は1日8戦に変更された
各試合のマップは以下の通り
Match 22 Erangel
Match 23 Miramar
Match 24 Vikendi
Match 25 Erangel
Match 26 Sanhok
Match 27 Erangel
Match 28 Miramar
Match 29 Erangel

上位3チームの1歩も引かない激しい優勝争い

1か月以上の長期間開催されたPMGC2020も最終日、Four Angry MenとZEUS ESPORTSとNV-XQFの優勝争いが激しくなった。3チームそれぞれがドン勝を獲得し、最終戦でも14ポイント差で最後まで分からなかった。
最終戦ではZEUS ESPORTSの優勝しか見ていない魂のこもった動き、最後の最後まで全力で闘ったFour Angry Men、そして最後までその強さを見せたNV-XQFに胸が熱くなった。
最後はDay2から中盤以降の積極的な安置移動で安定してポイントを伸ばしたNV-XQFが優勝した。

MATCH22(Erangel)

最終日の1試合目、優勝争いをするMongoliaZEUS ESPORTSのICY選手が一番最初に落とされるスタートになった。
安置はFarmあたりが中心になり東に寄った。その中でShelterの北でMongoliaZEUS ESPORTSに対してChinaFour Angry Menが詰めていっての戦闘になった。人数有利を活かしたいChinaFour Angry Menだったが、遠くからBangladeshA1 eSportsの横やりが入りにらみ合いに留まった。

この序盤で足止めをくらったMongoliaZEUS ESPORTSは安置がShelterの南側に寄ったときの移動で戦闘に巻き込まれ13位で壊滅した。ただ5キルは回収しポイントを稼いだ。
同じく足止めをくらったChinaFour Angry Menも移動が遅れ内側に入ることができず壊滅してしまった。

赤丸移動が遅れたZEUS ESPORTSとFour Angry Men、緑丸安置に入ってるチーム、黄丸MyltaのNV-XQF

Shelter南の道路に最終安置が寄っていく中で残ったのは、安置の動きに素早く反応しMyltaの家屋を取っていたChinaNV-XQFの4人、混戦の南西を制したIndonesiaBigetron Red Aliensの3人、周りが戦闘している隙に安置内側の八角へ移動したIndonesiaAerowolf LIMAXの3人だった。

赤丸NV-XQF、緑丸ブルーゾーンに追われるBigetron Red Aliens、黄丸Aerowolf LIMAX

まずブルーゾーンに追われるChinaNV-XQFとIndonesiaBigetron Red Aliensの戦闘になった。ChinaNV-XQFが待ち受ける状況で、IndonesiaBigetron Red Aliensがスモークで射線を切っていても決め撃ちを4人でしてChinaNV-XQFがキルを取っていく。
最後残ったZuxxy選手もブルーゾーン内から機会を伺って撃ったが、ChinaNV-XQFのJimmy選手の素早いカバーでダウンを奪うことはできなかった。

ChinaNV-XQFとIndonesiaAerowolf LIMAXの3対2だったが、先にポジション取れていたIndonesiaAerowolf LIMAXのSpaov選手がグレネードでOrder選手を飛ばして2対2、更にSpaov選手が詰めて撃ち勝ち、IndonesiaAerowolf LIMAXがドン勝を獲得した。

MATCH22までの総合結果

MATCH23(Miramar)

今度はChinaNV-XQFのJimmy選手が一番最初に落とされるスタートになった。
ChinaNV-XQFとしては移動を遅らされ、移動中にも戦闘になり人数こそ削られなかったが時間を使わされた。

安置がLos Leonesになり、そしてLos Leonesの南へ寄り、更には北西へ寄ったことで北東に降下したChinaFour Angry Menにとっては追い風になった。
そこで外から来るMongoliaZEUS ESPORTSがChinaFour Angry Menと戦闘になった。ChinaFour Angry Menは内側に入らせず、家屋に固まったところを投擲物でダメージを与え移動をさせずにMongoliaZEUS ESPORTSは壊滅した。

赤丸Four Angry Men、緑丸ZEUS ESPORTS、黄丸NV-XQF

ChinaNV-XQFは移動が遅れて南東外側に位置し、安置が北西に寄ったことで移動が難しいように見えた。しかしChinaNV-XQFは他のチームをかいくぐって内側に入り、最後まで他のチームの標的にならないような立ち位置で耐え4位まで順位を上げた。

そのChinaNV-XQFを倒して南側を制圧したのは、無理せず外から安置に入ったRussiaNatus Vincereだった。Tixzy選手がこの試合一番ダメージを出した選手で、周りのチームを退けるプレッシャーを出していた。
北側は元々安置中央の家屋を取っていたIndonesiaBigetron Red Aliensと、1-3,2-2のスプリットでクロージングしながら安置へ入ったChinaFour Angry Menだった。

この3チームの中でChinaFour Angry MenとIndonesiaBigetron Red Aliensが戦闘になり、お互い稜線越しのグレネード合戦をしていた。そこにRussiaNatus Vincereが詰めてきて両チームを削っていった。

赤丸Four Angry Men、緑丸Bigetron Red Aliens、黄丸Natus Vincere

両チームを削りRussiaNatus Vincereは更に詰める判断をして、ChinaFour Angry Menを人数差を活かして上下から挟み落としきった。
そのままIndonesiaBigetron Red Aliensも4対1で倒し、Tixzy選手の火力で南側を広く動けたIndonesiaNatus Vincereがドン勝を獲得した。

MATCH23までの総合結果

MATCH24(Vikendi)

大きく安置が寄る第4フェーズ、MongoliaZEUS ESPORTSはThailandPower888 KPSの集落へ移動していった。家屋と家屋でにらみ合う戦闘で、予選から幾度となく目立っていたThailandPower888 KPSのEarnny選手のグレネードでダウンを奪い一気にThailandPower888 KPSが囲い込んで壊滅していった。

ChinaNV-XQFとしても安置が反対に寄って人数を削られてしまった。Paraboy選手が1人残って耐えていたがIndonesiaBigetron Red Aliensに落とされる結果になった。
一方で安置が寄ったChinaFour Angry Menはしっかり展開し周りのチームを寄せ付けなかった。

黒丸安置、赤丸Four Angry Men、緑丸密集するチーム、黄丸NV-XQF

Four Angry Menが安置を広く陣取る中で北に周り耐えたのはTurkeyFutbolistだった。
最後は終始安置の有利をそのまま維持して展開したChinaFour Angry Menと耐えたTurkeyFutbolistの戦いになった。

TurkeyFutbolistはRaum選手がChinaFour Angry MenのSuk選手をダウンして、蘇生されている間にTurkeyFutbolistは詰める判断をした。
スモークを焚きながら道路を渡る途中で、ChinaFour Angry MenのXinhe選手がSolkay選手をダウンする。配信の画面ではちゃんと確認できなかったがスモークとスモークのわずかな隙間を撃ってダウンを奪ったように見えた。そのダウンでTurkeyFutbolistは足が止まり更にXinhe選手がダウンを奪っていった。

赤丸Four Angry Men、緑丸Futbolist

それによってChinaFour Angry Menが先に蘇生をして、人数有利になってから詰めていき囲むように壊滅していった。安置の寄りから個人技の高さを見せてChinaFour Angry Menがドン勝を獲得した。

MATCH24までの総合結果

MATCH25(Erangel)

降下直後からChinaNV-XQFがIndonesiaAbrupt Slayersを2キルしていいスタートをきった。
一方で安置が大きく北西に寄りGeorgopol北の東側が中心になるような寄り方をしてChinaNV-XQFとしては移動が難しそうになった。

安置がまたChinaFour Angry Menに寄っていくような展開になったが、河も挟む偏った安置に対してRussiaNatus Vincereは北から周りChinaFour Angry Menと戦闘になった。更にIndonesiaBigetron Red Aliensも大きく北を周って移動し、ChinaFour Angry Menを挟むような形になりChinaFour Angry Menは壊滅した。

黒丸安置、赤丸NV-XQF、緑丸Four Angry MenとNatus Vincere、黄丸Bigetron Red Aliens

ここから更に安置が北へ寄ったタイミングでChinaNV-XQFは北へ一旦移動してから安置の中心へ移動していった。車で移動しながら助手席からダメージを出すことで移動できているのかもしれない。

そして気づけばChinaNV-XQFは安置を東西に分ける稜線を陣取り、外から移動するチームを壊滅していき、安置の西半分を制圧するような形になった。
そして内側を先に取っていたことで、MongoliaZEUS ESPORTSに対しても有利なポジションで撃ちあえた。

黄線山の稜線、赤丸稜線近くで展開するNV-XQF、緑丸やや稜線から離れているZEUS ESPORTS

ポジションの有利に加えてChinaNV-XQFはOrder選手のグレネードで先にダウンを取り、内側の有利を維持したまま撃ちあってブルーゾーンに追われるMongoliaZEUS ESPORTSを壊滅した。

最後はChinaNV-XQFの4人に対して、BrazilAlpha7 E-sportsもThailandSecret Jinも1人しか残っておらず、地形の有利もあったChinaNV-XQFがドン勝を獲得した。

MATCH25までの総合結果

MATCH26(Sanhok)

安置がBootcamp付近に寄っていく中で、ChinaFour Angry MenはBootcamp北西の安置際より少し内側を陣取っていた。そこに外側から来たTurkeyKlas Digital Athleticsと戦闘になり、Bootcampなど他からの射線が通りChinaFour Angry Menは0ポイントで壊滅してしまった。

途中まですべての島が同じくらい安置に入っていたことで、東の島に寄った際西側にチームが密集する展開になった。ChinaNV-XQFとしては河を跨いでスプリットしていたこともあり、南西で混戦に巻き込まれる展開になった。

一方で南東から最後まで様子を伺っていたcisKoninaPowerは混戦に巻き込まれず安置の内側の家屋を取ることができていた。また東のMalaysiaTeam Secretも周りにチームがおらず広く展開できていた。

赤丸ZEUS ESPORTS、緑丸KoninaPower、黄丸Team Secret、青丸NV-XQF

上図からBootcampが安置から外れたとき、更に安置が寄ったのは中心の家屋を取っていたのはMongoliaZEUS ESPORTSだった。

赤丸ZEUS ESPORTS、緑丸KoninaPower、黄丸Team Secret、青丸Bootcampを制したAlpha7 E-sports

最後はMongoliaZEUS ESPORTSとcisKoninaPowerとMalaysiaTeam Secretのそれぞれ4人だった。
MalaysiaTeam Secretは両チームから射線が通り一番苦しい状況だった。
cisKoninaPowerはGonzo選手がMongoliaZEUS ESPORTSのICY選手をダウンしたことで家屋へ張り付くことができた。しかしcisKoninaPowerはMalaysiaTeam SecretのuHigh選手にダウンを奪われ、その間に蘇生をしたMongoliaZEUS ESPORTSの4人対cisKoninaPowerの2人の戦闘になった。惜しいところまでいったがcisKoninaPowerは壊滅してしまった。
そのままポジションと人数の有利を活かしてMongoliaZEUS ESPORTSがドン勝を獲得した。

MATCH26までの総合結果

MATCH27(Erangel)

残り3試合になり上位3チームはどのチームも譲らずドン勝を取って優勝争いが激しくなってきた。
その中でChinaFour Angry Menはフェーズ2の段階で安置の内側へ移動していった。この積極的なポジション取りで戦闘のリスクは高くなったが、突貫してきたThailandPower888 KPSを33Svan選手の射撃で分断して3キルを取っていった。
しかし安置はRozhok東の河が第6フェーズまで入るような寄りを見せた。北側にいたChinaFour Angry Menは河で耐えることを選択したが、他のチームも1人、2人生存で粘ったことで順位は伸びなかった。

ChinaNV-XQFも人数を削られながら安置へ移動していったが、安置が逆側逆側へと寄っていき厳しかった。
一方でMongoliaZEUS ESPORTSはGeorgopol付近から大きく北を周って混戦を避けるように移動し、ChinaFour Angry Menがより内側を取りに行ったことでポジションが空いていた。

赤丸河耐久を選択するFour Angry Men、緑丸NV-XQF、黄丸ZEUS ESPORTS

最終的に第6フェーズまで河が入る安置で、北を制圧したのは一番最後に移動してきたMongoliaZEUS ESPORTS、南を制圧したのは河を挟んだ安置でいち早く河沿いを陣取っていたMalaysiaTeam Secretだった。
1位のChinaNV-XQFと25ポイント差でドン勝が欲しいMongoliaZEUS ESPORTSにとっては非情な展開で、安置はMalaysiaTeam Secretに寄っていった。MongoliaZEUS ESPORTSは陸に1人残して河を渡ろうとしたが上陸後に遮蔽物がない撃ちあいを強いられ、そのままMalaysiaTeam Secretがドン勝を獲得した。

MATCH27までの総合結果

MATCH28(Miramar)

安置はGraveyardが中心になり、ChinaNV-XQFは安置の中心、北東に降下したMongoliaZEUS ESPORTSと北に降下したChinaFour Angry Menも移動しやすい展開になった。
ChinaNV-XQFは最初から中心だったことを活かして1-3スプリットをして広く展開していった。

赤丸NV-XQF、緑丸ZEUS ESPORTS、黄丸Four Angry Men

ChinaNV-XQFとしては有利な展開だったが、1人スプリットしていたOrder選手がBangladeshA1 eSportsに落とされてしまった。更に安置はOrder選手が陣取っていた場所に寄っていきChinaNV-XQFにとっては手痛い展開になった。
一方でChinaFour Angry Menは安置の内側を積極的に取るような移動をし、MongoliaZEUS ESPORTSは東を大きく南下する選択を取った。

赤丸NV-XQF、緑丸ZEUS ESPORTS、黄丸Four Angry Men

第5フェーズで安置は西へ寄り安置の中心付近を陣取っていたChinaNV-XQFとChinaFour Angry Menも安置から外れてしまう。MongoliaZEUS ESPORTSも安置に合わせて南へ北へ大きく移動していたが、安置が西に寄ったことで入る隙間がなく壊滅してしまう。
ChinaNV-XQFはIndonesiaAerowolf LIMAXに突貫されてしまい削られてしまい、ChinaFour Angry Menからも射線が通りMongoliaZEUS ESPORTSとほぼ同タイミングで壊滅した。
終盤安置的には移動が難しいChinaFour Angry Menだったが、8キル4位まで順位を伸ばした。

最終盤で安置は北に寄り、TurkeyKlas Digital Athleticsは唯一安置に入っていた。しかしそこへ東西からそれぞれChinaFour Angry MenとRussiaNatus Vincereが詰めてきて戦闘になったことで、南を制圧したBangladeshA1 eSportsに後ろを取られる形になってしまった。
RussiaNatus VincereのOldboy選手が1人でもTurkeyKlas Digital Athleticsの4人に対して、1ダウン奪い更にはギリギリまで耐えたことがBangladeshA1 eSportsに有利に働いた。
Oldboy選手が落ちた時にはBangladeshA1 eSportsが詰めてきて、BangladeshA1 eSportsがドン勝を獲得した。

MATCH28までの総合結果

MATCH29(Erangel)

最終試合のErangel、優勝争いは305ポイントChinaNV-XQF、293ポイントChinaFour Angry Men、291ポイントMongoliaZEUS ESPORTSの3チームに絞られた。安置はやや西側に寄ったが比較的安定したものになった。
まずMongoliaZEUS ESPORTSがこれまで以上に早い段階で安置の中心を取りにいった。優勝のためポイントが必要な2チームは序盤から積極的にキルを狙っていくが、各チーム警戒心が高くキルまでは繋がらない緊張感のある展開になった。

第3フェーズでChinaNV-XQFのJimmy選手が先行して1人ポジションを取りに来たところに、ほぼ同時にMongoliaZEUS ESPORTSが4人で移動してきた。ここはJimmy選手が引くことになったが、ChinaNV-XQFとしては取りたいポジションが取れない形になった。

安置は南東に寄っていきPochinki南の海沿いになった。大きく移動して安置の内側を取りに行ったChinaFour Angry Menだったが、入る場所がなく多くの射線が通る場所に留まることになった。そこにTurkeyFutbolistのグレネードがささり1人、2人と落とされてしまう。しかしSuk選手は何とか1人生き残り、優勝を諦めるようなことはなかった。

一方序盤から積極的な動きをしていたMongoliaZEUS ESPORTSは北西で、北の山上BangladeshA1 eSportsの射線があったからか、他のチームの動きを見ていたのかすぐには移動しなかった。

黒丸安置、赤丸NV-XQF、緑丸Four Angry Men、黄丸ZEUS ESPORTS

MongoliaZEUS ESPORTSはここから安置に入るためそして強いポジションを取るため、山上のThailandRRQ Athenaに対して戦闘を挑んでいった。スモークを焚いて詰めていったが、高所で横に展開していたThailandRRQ Athenaに対して直線的な詰め方は咎められ、ここでMongoliaZEUS ESPORTSは壊滅してしまった。
ChinaFour Angry MenのSuk選手も最後まで耐え安置の中心を取りに車で移動したが落とされて壊滅してしまった。

最後残ったChinaNV-XQFは自分たちの東にいたTurkeyFutbolistやcisKoninaPowerに対してOrder選手がプレッシャーを与え、南側を制圧していった。そして残りの3人は次の安置にいる北側のThailandPower888 KPSにプレッシャーを与えていった。

赤丸NV-XQF、緑丸Power888 KPS、黄丸Alpha7 E-sports、青丸KoninaPower

その後ChinaNV-XQFはOrder選手とJimmy選手が車でThailandPower888 KPSに突貫し、後方からParaboy選手とKing選手がカバーをして強引に安置へ移動していった。
車が撃たれる間に後方のParaboy選手がThailandPower888 KPSの2Stopz選手を落とし、更に自身が走って移動しながらICEs選手を落としていった。しかし遮蔽のない平原を移動するのは難しく、待っていたThailandPower888 KPSが有利でChinaNV-XQFを壊滅していった。

最後はThailandPower888 KPSとBrazilAlpha7 E-sportsの3対2になったが、安置を制圧していたThailandPower888 KPSが有利で広く展開し稜線も使えた。
そしてPMGC2020 Finalsの最終戦はThailandPower888 KPSが19キルドン勝を獲得した。

総合結果

個人賞

PMGC2020 Finals個人MVPはFour Angry MenのSuk選手が獲得した。

グレネードマスターはBigetron Red AliensのRyzen選手が獲得した。

最長キルはRRQ AthenaのBeer11選手が獲得した。

最多蘇生はFutbolistのLovazin選手が獲得した。

最長生存はA1 eSportsのDANTE選手が獲得した。

各試合のドン勝チーム

MATCH22ドン勝:IndonesiaAerowolf LIMAX
MATCH23ドン勝:RussiaNatus Vincere
MATCH24ドン勝:ChinaFour Angry Men
MATCH25ドン勝:ChinaNV-XQF
MATCH26ドン勝:MongoliaZEUS ESPORTS
MATCH27ドン勝:MalaysiaTeam Secret
MATCH28ドン勝:BangladeshA1 eSports
MATCH29ドン勝:ThailandPower888 KPS

情報元

【日本語配信】PUBG MOBILE GLOBAL CHAMPIONSHIP FINALS DAY 4
https://www.youtube.com/watch?v=hYhJHHfDWvE
PUBG MOBILE公式YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCmeeY9kzNswUpbYyJntb3Aw
[EN] PMGC Finals Day 4 | Qualcomm | PUBG MOBILE Global Championship 2020
https://www.youtube.com/watch?v=BXRyFsm_z0s
Liquipedia
https://liquipedia.net/pubg/PUBG_Mobile_Global_Championship/2020/League