『PUBG Mobile GLOBAL CHAMPIONSHIP2020 Finals』Day3、ダークホースの台頭と中国代表の爆発、最終日の注目は3チーム

『PUBG Mobile GLOBAL CHAMPIONSHIP2020 Finals』Day3、ダークホースの台頭と中国代表の爆発、最終日の注目は3チーム

Day3を終え上位3チームが5ポイント内の接戦で、4位以下に50ポイント以上差をつける結果になった。特にZEUS ESPORTSはファイトの勝率がとても高くほとんどの試合で最終盤に残り100ポイント以上を稼いだ。そしてFour Angry Menは圧倒的な2ドン勝で僅差ながら首位になった。またDay2から調子を上げたNV-XQFも安定した動きで着実にポイントを稼いでいった。最終日のDay4、優勝争いはこの3チームに絞られたと言っても過言ではない。

PUBG Mobile GLOBAL CHAMPIONSHIP2020 Finals

2020年12月に24チームで行われた予選の上位16チームが、2021年1月21日~24日ドバイで行われるFinalsに出場する。
22日、23日がそれぞれ現地の機材トラブルで延期となったため1月25日,26日も試合が行われることになった。

Finalsへ進出した16チーム

ChinaFour Angry Men
IndonesiaBigetron Red Aliens
ThailandRRQ Athena
cisKoninaPower
TurkeyKlas Digital Athletics
ThailandSecret Jin
TurkeyFutbolist
ChinaNV-XQF
ThailandPower888 KPS
NepalAbrupt Slayers
BrazilAlpha7 E-sports
MongoliaZEUS ESPORTS
RussiaNatus Vincere
IndonesiaAerowolf LIMAX
MalaysiaTeam Secret
BangladeshA1 eSports

試合形式

Day1で回線に不調があったためDay2は1日7戦、Day3,4は1日8戦に変更された
各試合のマップは以下の通り
Match 14 Erangel
Match 15 Miramar
Match 16 Vikendi
Match 17 Erangel
Match 18 Sanhok
Match 19 Erangel
Match 20 Sanhok
Match 21 Erangel

強いポジションを取りに行けた3チームがポイントを稼いだDay3

Day3はNV-XQFがDay2に続き中盤以降ですっと安置中心をとるような動きからクロージングをして安定してポイントを稼いだ。そしてZEUS ESPORTSがこれまでになく戦闘の勝率が高く、積極的な動きも相まってどの試合でも最終盤に残るような活躍を見せた。そしてFour Angry Menは他のチームとは違った動きから安置を寄せたときの圧倒的なドン勝をDay3も見せてくれた。

MATCH14(Erangel)

Day3の1試合目は、これまで動き出しを遅くしていたChinaFour Angry MenやRussiaNatus Vincereも早めの動きを意識しているような展開だった。
その中でも最初に安置の中心付近でChinaNV-XQFとThailandRRQ Athenaが戦闘になった。ChinaNV-XQFが家屋を囲んで攻めたが、ThailandRRQ AthenaのEarnny選手が塀の裏へのグレネードで状況が逆転しThailandRRQ Athenaが勝った。
しかし更にそこへNepalAbrupt Slayersが来てThailandRRQ Athenaを壊滅させるような展開になった。

FarmとMyltaを含む安置からFarmの方へ寄った。そのタイミングでどのチームより早く動いて内側に移動したのはChinaFour Angry Menだった。他のチームが移動を開始するころには安置内に入っていた。

赤丸Four Angry Men、緑丸ポジション争いをするBigetron Red AliensとKoninaPowerとFutbolist

一方南側では安置際を陣取っていたIndonesiaBigetron Red Aliensの場所に対して、東からcisKoninaPower、南からTurkeyFutbolistが移動してきた。
まずはIndonesiaBigetron Red AliensとcisKoninaPowerが戦闘になりIndonesiaBigetron Red AliensのRyzen選手のグレネードが決まった。しかし丘から様子を伺っていたTurkeyFutbolistがRyzen選手をダウンしたのをきっかけにIndonesiaBigetron Red AliensとTurkeyFutbolistの戦闘になり、TurkeyFutbolistは人数差を活かして丁寧にキルしていった。
IndonesiaBigetron Red AliensのZuxxy選手も1人でダウンを奪ったが、TurkeyFutbolistもキルまではさせず4人生存で切り抜けた。

第6フェーズで11チーム36人が残る混戦で、北側はChinaFour Angry Menが削られながらもこじ開けて進み、南側はポジションを勝ち取っていたTurkeyFutbolistが待ち受けていた。
MalaysiaTeam Secretが大きく回ってTurkeyFutbolistのポジションを奪いに来た。MalaysiaTeam SecretはiSHOTz選手が大きく横に展開しTurkeyFutbolistを挟むような状況になったが、ダウントレードをした後TurkeyFutbolistが稜線を使って横1列に攻めたため、iSHOTz選手は1ダウンしか奪えずカバーされた。

赤丸3人で攻めるFutbolist、右緑丸2人で応戦するTeam Secret、左緑丸iSHOTz選手

ここまで何度もダウンされながらも蘇生に成功して4人残せたTurkeyFutbolistに対し、他のチームはお互いが混戦で削られ1人ずつしか残っていなかった。
その人数差を活かして1チームずつ壊滅していき、TurkeyFutbolistがドン勝を獲得した。

MATCH14までの総合結果

MATCH15(Miramar)

安置が北に大きく寄り、北に降下したChinaFour Angry MenやRussiaNatus Vincereにとっては移動がしやすい展開になった。
ChinaFour Angry Menは安置の中心というよりは強いポジションを優先したように、やや北の山上を陣取った。一方RussiaNatus Vincereはより安置の中心に近いポジションを取っていった。
結果としては安置は更に北に寄り、RussiaNatus Vincereとしては混戦に巻き込まれる形になり、ChinaFour Angry Menは山上で待ち受けるような形になった。

ChinaFour Angry Menは安置の寄りに合わせて山から山へ移動し、北に降下した有利を維持していった。その段階で安置の中心を取れていたのはBrazilAlpha7 E-sportsで、ChinaFour Angry Men同様山上で待ち受けるようなポジションを陣取った。
対して密集していた南側のチームは大きく北を周ろうとして3チームが同様の思惑で戦闘になった。その混戦を上手く切り抜けたのがMongoliaZEUS ESPORTSで、大きく周りつつも少し遅く少し直線的に中心へ移動することで他のチームとぶつからず安置の内側を陣取れた。

赤丸山から山へ移動するFour Angry Men、緑丸Alpha7 E-sports、黄丸北を周るチーム、青丸間を抜けたZEUS ESPORTS

その後安置はChinaFour Angry Menに寄っていき、山上を取っていたChinaFour Angry MenとBrazilAlpha7 E-sportsとMongoliaZEUS ESPORTSがそれぞれ周りのチームをキルしていった。

赤丸Four Angry Men、緑丸Alpha7 E-sports、青丸ZEUS ESPORTS

ポジション争いが激しくなる序盤、移動をするのが難しい中盤以降でそれぞれ強いポジションを取る判断をした3チームが残った。
その中でもより高いポジションのChinaFour Angry Menに最後まで安置が寄り、BrazilAlpha7 E-sportsとMongoliaZEUS ESPORTSも両方ChinaFour Angry Menがキルして、ChinaFour Angry Menがドン勝を獲得した。

MATCH15までの総合結果

MATCH16(Vikendi)

安置は大きく南に寄りWinaryの北が最終安置になった。
この日ポイントを伸ばして1位になったChinaFour Angry Menは北に降下したこともあって遅めの移動を選択した。一方で同じく北に降下したTurkeyFutbolistは早々に移動して安置の中心を取りに行った。

TurkeyFutbolistはMongoliaZEUS ESPORTSに撃たれたが寸前のところで移動することができたが、各チームの移動の速さを象徴するようにMongoliaZEUS ESPORTSはThailandRRQ Athenaと戦闘になる。MongoliaZEUS ESPORTSは勝てたが続けざまにThailandPower888 KPSとも戦闘になった。

IndonesiaBigetron Red Aliensは東側をブルーゾーンに合わせて移動しIndonesiaAerowolf LIMAXと戦闘になった。ここでIndonesiaBigetron Red Aliensは攻めきるのではなく、ダメージを与えた隙に移動して安置の内側を自分たちが取る選択をした。
その後安置へ入ったIndonesiaBigetron Red Aliensは、前にいたNepalAbrupt Slayersが安置の中心へ移動したのをおそらく確認した。
それで安全な移動経路が把握でき、安置が寄った直後に内側まで一気に移動した。

緑丸中心へ移動したAbrupt Slayers、赤丸内側へ一気に移動したBigetron Red Aliens

この内側を取ったことで次のフェーズで安置が東に寄った時IndonesiaBigetron Red Aliensは安置東側を広く陣取れていた。
そしてIndonesiaBigetron Red Aliensの北側にいたcisKoninaPowerは更に北からIndonesiaAerowolf LIMAXと戦闘になり、そこにIndonesiaBigetron Red Aliensが介入して制圧していった。序盤にIndonesiaAerowolf LIMAXの内側を取り退けた動きが終盤になって追い風になっていた。

赤丸Bigetron Red Aliens、緑丸KoninaPower、黄丸北から周ってきたAerowolf LIMAX

最後IndonesiaBigetron Red Aliensの4人と現在2位のTurkeyKlas Digital Athleticsの2人の戦いになった。
TurkeyKlas Digital AthleticsのRayZ選手とSylas選手がそれぞれ1ダウン取って2対2にした。TurkeyKlas Digital Athleticsが詰めたところを伏せていたZuxxy選手が先にダウンを取って人数有利を作り、その人数差でIndonesiaBigetron Red Aliensが勝ちきった。
その後IndonesiaBigetron Red Aliensの火力で安置外で耐久を選択するしかなかったMongoliaZEUS ESPORTSがブルーゾーンで倒れ、IndonesiaBigetron Red Aliensがドン勝を獲得した。

MATCH16までの総合結果

MATCH17(Erangel)

安置は北西に寄りGeorgopol東の河を挟んだものになった。最終的にフェーズ6まで河が入る安置で各チームのポジションを取るための動きが面白かった。

まずDay2から積極的に中心へ移動しポイントを伸ばしているChinaNV-XQFは、Georgopol南から東の山を取りに行き情報を取り、安置が河へ寄ったフェーズで一気に橋を取りに移動した。
結果としては東へ安置が寄り戦闘が多くなったことで人数が削られてしまったが上位に入ることはできた。

緑丸NV-XQF、赤丸河の南北を取るSecret Jin

多くのチームがGeorgopol付近を陣取る中、ThailandSecret Jinは河の南北を陣取ることで安置がどちらに寄っても移動しやすい陣形を取った。
またThailandSecret Jinは南に移動した後、北に残っていたChinaFour Angry Menからの射撃を耐え、ブルーゾーンに追われて移動するところを咎めることができた。
北西の河を生き残ったMongoliaZEUS ESPORTSに対しても、1人削られたが人数差を活かして落としきることができた。

最後は南の家屋を取っていたcisKoninaPowerの2人と北を制圧したThailandSecret Jinの3人だった。安置はcisKoninaPowerに寄り、木の裏で3人耐えていたThailandSecret Jinは1人削られ2対2、更に1ダウンされ1対2になった。
そこでcisKoninaPowerは別の角度から2人が詰めていき、その隙を逃さずThailandSecret JinのGZ選手が1人落とした。蘇生も成功させ2対1にして、最後はGZ選手がグレネードを決めてThailandSecret Jinがドン勝を獲得した。

MATCH17までの総合結果

MATCH18(Sanhok)

狭いSanhokでも第4フェーズまで1キルしか発生しない程、各チームの警戒が強い展開になった。
各チーム戦闘が始まり、IndonesiaBigetron Red AliensはBrazilAlpha7 E-sportsと戦闘になった。安置際で内側がBrazilAlpha7 E-sports外側がIndonesiaBigetron Red Aliensの形で、IndonesiaBigetron Red Aliensはスモークを使って詰めていった。
BrazilAlpha7 E-sportsは前の2人が岩の裏、1人が後方からのカバーという陣形に対して、IndonesiaBigetron Red Aliensは前の2人が岩裏の2人を左右から同時に挟んで、2人が後方からカバーで攻めた。
IndonesiaBigetron Red Aliensは後衛のZuxxy選手がきっちりBrazilAlpha7 E-sportsの後衛をダウンし、前衛のLuxxy選手とLiQuiD選手が後衛を信じて岩裏だけに集中して左右から挟み撃ち勝った。

赤丸Bigetron Red Aliens(右LiQuiD選手、左前Luxxy選手、左Ryzen選手、中央Zuxxy選手)、緑丸岩裏のAlpha7 E-sports

終盤安置が狭まり中心を取っていたのは、家屋を取ったChinaNV-XQFとその横の丘を取っていたMongoliaZEUS ESPORTSだった。特にMongoliaZEUS ESPORTSは広い視野で周りのチームをキルしていき残り5チーム11人の段階で11キルを獲得していた。

安置の寄りもポジションもChinaNV-XQFが有利だったが、MongoliaZEUS ESPORTSのAbely選手がParaboy選手をダウンしたのをきっかけに一気に攻めて3対1にした。リプレイで見るとスモークで見えない中で一瞬のダウンでAbely選手の好プレイだった。
残ったJimmy選手もキルしてMongoliaZEUS ESPORTSが大量キルのドン勝を獲得した。

赤丸NV-XQF、緑丸ZEUS ESPORTS(右丸Abely選手)

MATCH18までの総合結果

MATCH19(Erangel)

安置はPochinkiに寄り、その後Pochinkiの西に寄って行った。予選のときも似た安置があり、そのときは教会を取り途中で南下して再度教会を取ったTurkeyFutbolistがドン勝を獲得した。

この試合で教会を陣取ったのはRussiaNatus Vincereだった。序盤こそ安置の寄りに北へ南へ移動しながらだったが、途中の戦闘も囲い込むように展開して勝っていった。
そして安置が教会に寄った際に突貫してきたのはBrazilAlpha7 E-sportsだった。RussiaNatus Vincereは教会にOldBoy選手1人残して、1段下の丘で3人が待ち受ける形になった。BrazilAlpha7 E-sportsが詰めてくるところを上下左右に角度を作りキルしていった。
戦闘が終わろうとしたところにChinaFour Angry Menも突貫してきた。

赤丸Natus Vincere、緑丸Alpha7 E-sports、黄丸Four Angry Men、青丸いいポジションのNV-XQF

RussiaNatus Vincereは1人ダウンしていたが即座に蘇生し、詰め切られる前に3人は教会へ引いていった。その判断の早さでChinaFour Angry Menはスモークを焚きながら詰め戦闘が長引いてしまった。
その間にブルーゾーンに追われ、更には後ろからcisKoninaPowerが詰めてきて挟まれる形になった。cisKoninaPowerはSuk選手が警戒し対処したが、その隙に他の選手がRussiaNatus Vincereによって壊滅してしまった。
Suk選手も1対4から1キルを取ったが壊滅した。
RussiaNatus VincereがChinaFour Angry Menと戦闘している間に南のChinaNV-XQFが教会南の八角の家屋まで詰めてきた。

最後は教会を陣取るRussiaNatus Vincere、隙を見て教会南の八角を陣取るChinaNV-XQF、Pochinkiの西側の家屋を陣取りPochinkiを制したThailandRRQ Athenaだった。
高所はRussiaNatus Vincereだったが、ChinaNV-XQFがOrder選手とJimmy選手のグレネードで2ダウンを奪い立場が逆転した。

赤丸NV-XQF、緑丸Natus Vincere、黄丸RRQ Athena

それを見てThailandRRQ Athenaも詰めてきてRussiaNatus Vincereは壊滅した。
最後はOrder選手とJimmy選手が教会周りの稜線を使い2対3を制し、ChinaNV-XQFがドン勝を獲得した。

MATCH19までの総合結果

MATCH20(Sanhok)

安置が大きく北西の島に寄り降下地が北西のチームは有利に進めたい展開になった。
安置の中心を広く陣取ったのはCamp AlphaのIndonesiaAerowolf LIMAX、安置内の崖上を陣取ったのはTurkeyFutbolist、北西の島と南西の島をつなぐ橋付近を広く陣取ったのはRussiaNatus Vincereになった。

赤丸Aerowolf LIMAX、緑丸Futbolist、黄丸Natus Vincere

一方でChinaFour Angry Menは移動を遅くし北東から北西へボートを使って移動し、ChinaNV-XQFは南西の端から徐々に進み最終的にCamp Alphaの南まで移動し、MongoliaZEUS ESPORTSはBootcampで最後まで様子を伺い他のチームが中心へ集まる隙に南西の橋を渡って安置へ移動した。

赤丸Four Angry Men、緑丸NV-XQF、黄丸ZEUS ESPORTS

安置がCamp Alphaに寄っていき、崖上のTurkeyFutbolistはキルを獲得するも厳しい展開になり、RussiaNatus VincereとMongoliaZEUS ESPORTSはChinaNV-XQFに内側を取られていてクロージングされてしまった。
ChinaFour Angry Menも移動中の戦闘でブルーゾーンに追われ人数を削られていった。不利な撃ちあいを制すプレイも見せたが壊滅してしまった。

最後は安置がCamp Alpha内になった。1歩早い移動から内側を取って制圧したChinaNV-XQFが周りのチームの移動を許さず2位まで順位を上げたが、安置がCamp Alphaに寄りすぎてIndonesiaAerowolf LIMAXがドン勝を獲得した。

MATCH20までの総合結果

MATCH21(Erangel)

空路は西に寄ったが安置は東に寄っていった。Yasnayaに物資を漁りに行くChinaFour Angry Menに有利な安置になった。
その後もYasnayaに安置は寄っていき多くのチームがYasnayaの家屋を取りにいった。

ChinaFour Angry Menは南コの字のマンション群とYasnaya南東の刑務所にスプリットし、安置の寄りを見て南東に固まっていった。ChinaNV-XQFは終盤安置の中心付近の家屋へ突貫し、MongoliaZEUS ESPORTSは後から移動し空いている家屋へ入っていった。
そして特徴的だったのは、BangladeshA1 eSportsが北東のマンション群を広く取っていたことだ。

赤丸Four Angry Men、緑丸NV-XQF、黄丸ZEUS ESPORTS、青丸A1 eSports

安置は西へ寄りYasnayaが外れた。これを読んでいたのかChinaFour Angry Menが安置をすべて制圧していた。他に残ったのは近距離の撃ちあいを制したMongoliaZEUS ESPORTSと北西を広く取っていたBangladeshA1 eSports、そしていつの間にか混戦を抜けていたChinaNV-XQFのOrder選手だった。

黒丸安置、赤丸Four Angry Men、緑丸NV-XQF、黄丸ZEUS ESPORTS、青丸A1 eSports

最後はChinaFour Angry Menが撃ちあいの強さを見せ安置を守り切り、ChinaFour Angry Menがドン勝を獲得した。

MATCH21までの総合結果

各試合のドン勝チーム

MATCH14ドン勝:TurkeyFutbolist
MATCH15ドン勝:ChinaFour Angry Men
MATCH16ドン勝:IndonesiaBigetron Red Aliens
MATCH17ドン勝:ThailandSecret Jin
MATCH18ドン勝:MongoliaZEUS ESPORTS
MATCH19ドン勝:ChinaNV-XQF
MATCH20ドン勝:IndonesiaAerowolf LIMAX
MATCH21ドン勝:ChinaFour Angry Men

情報元

【日本語配信】PUBG MOBILE GLOBAL CHAMPIONSHIP FINALS DAY 3
https://www.youtube.com/watch?v=-A-6zrE8juU
PUBG MOBILE公式YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCmeeY9kzNswUpbYyJntb3Aw
[EN] PMGC Finals Day 3 | Qualcomm | PUBG MOBILE Global Championship 2020
https://www.youtube.com/watch?v=wL_edVnmsmw
Liquipedia
https://liquipedia.net/pubg/PUBG_Mobile_Global_Championship/2020/League